ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


秋の風物詩(野球)


ヨミ: アキノフウブツシインヤキュウ
掲示板をミル!
160カキコ!

プロ野球における秋の風物詩とは以下のことをす。

  1. 福岡ソフトバンクホークスクライマックスシリーズで敗退すること
  2. 福岡ソフトバンクホークス在籍時の松中信彦ポストシーズンクライマックスシリーズ含む)で不振に陥ったこと
  3. 阪神タイガース在籍時の藤川球児クライマックスシリーズ含む)に炎上を繰り返し、阪神に引導を渡したこと
  4. 阪神タイガースに失速すること
  5. 広島東洋カープオフシーズン黒田博樹オファーを出していたこと

1と2の概要


2003年阪神タイガースを破り日本一いたホークスだが、2004年から導入されたプレーオフクライマックスシリーズ2007年より)において「これでもか」というほど勝ち抜けないでいる状況が2010年まで続き、「秋の風物詩」「恒例行事」と揶揄されるようになった。

元はチームの中核となる松中信彦が、レギュラーシーズンの末からポストシーズンの辺りになると途端に調子を落とすことをさして用いられていた表現であるが(2008年ストレート 140km/h 真中中央 ゴロ(二併打)などもその一例である)、中の不振と連動するかのようにチームそのものもに低迷することが多かったため、いつしかホークスに対しても「風物詩」「恒例行事」という表現が使われるのが定着してしまった。

2004年からのホークスの戦績は以下の通り。

2004年
1位通過 1勝のアドバンテージが貰える5ゲーム差に届かず、西武とのプレーオフで2勝3敗で敗退し終了。
2005年
1位通過 しかし、またまた1勝のアドバンテージが貰える5ゲーム差に届かず、最終戦逆転負けでロッテに2勝3敗で敗退し終了。ロッテ31年ぶりのリーグ優勝と最終的には日本一となる。
2006年
3位通過 第1ステージ西武に2勝1敗で勝ちぬくも、1勝のアドバンテージを持っている日本ハム相手に第2ステージで2連敗、しかも“シンジラレナ~イサヨナラ負けで優勝を決められ終了。勝った日本ハム25年ぶりのリーグ優勝と44年ぶりの日本一を達成した。
2007年
3位通過 第1ステージロッテに1勝2敗で敗退し終了。
2008年
CSに進出できないばかりか、交流戦優勝も9月に大失速で12年振りの最下位に沈む。オフに王監督が退任。
2009年
3位通過 第1ステージ楽天岩隈久志田中将大コテパンにされ連敗し終了。
2010年
1位通過 1勝のアドバンテージがあったが、3勝1敗で王手をかけ優勝間違いなしという所から3連敗を喫し、最終ステージロッテに3勝4敗で敗退し終了。

しかし2011年、ついにその悪しき伝統は終わりを迎える。この年のホークスはペナントレースで全球団に勝ち越すなど圧倒的な差で優勝を決める。

問題のCSでは西武と対戦。3位争いを一毛差で勝ち抜き、勢いに乗る西武2位日本ハムも下し、その勢いは2010年ロッテを彷彿とさせた。しかしホークスはペナントレースの強さそのまま3連勝で西武を圧倒し、悲願の日本シリーズ進出を勝ち取った。第2戦において例年CSで苦しんでいた中が今までの不振を払拭するかのような満塁ホームランを放ち、試合を決めたのは風物詩終了の徴とも言えるかもしれない。

そして中日との日本シリーズソフトバンク有利が伝えられる中、最終戦までもつれ込む大熱戦となり、風物詩再来の不安もよぎるが第7戦に勝利し、見事日本一く。よかったね、おめでとう。

なおホークス和田毅杉内俊哉の両エース小久保裕紀などのベテラン組を欠いて臨んだアジアシリーズで、予選こそ全勝で通過したものの、決勝でまさかの敗退。アジアシリーズにおいて日本から出場のチームで初めて優勝を逃してしまい、秋の風物詩が遅れてきたと揶揄されることとなってしまった。

その後2年の成績は以下の通り。シーズン1位がなかったとはいえ、に失速する傾向は収まったとは言い切れない状態が続いた。

2012年
和田内・ホールトンが抜けた状態の中ペナント3位通過。辛うじて第1ステージ西武を2勝1敗で下すも、日本ハム相手に第2ステージで3連敗と璧に叩きめされ終了(あれ?6年前にも同じ様な内容の流れが…)。
また、レギュラーシーズン終戦小久保引退試合)で最下位オリックス西勇輝からノーヒットノーラン(しかも1四球のみの準完全試合)を喫する。
2013年
楽天と僅差で)交流戦優勝とパ・リーグHRぶっちぎりの1位を記録するも、ペナントレースでは最後までロッテ西武との2位・3位争いを展開。そして、10月2日10月3日西武との直接対決で2連勝すればCS確定・・・のであったが、まさかの2連敗。続いての日本ハム戦でも敗北し、公式終戦では勝利したものの、時既に遅し。9月29日から怒涛の6連勝で追い上げて来た西武に最後の最後で抜かれ、2位浮上でCSの夢が潰え、3位ロッテと1ゲーム差の僅差で4位転落となる。なお、地味秋山監督就任初のBクラスである。
また、200本安打達成の可性を匂わせていた長谷川勇也は、最後の最後で打てず198安打に終わる。

2014年。開幕以来、オリックス・バファローズと優勝争いをしたホークス場に単独首位となり、3年ぶりの優勝へひた走る・・・かに思えたが9月に入って大失速、オリックスとのゲーム差を縮めなんと、10月2日ホークス終戦に至ってオリックスとのゲーム差0という状態になってしまっていた。マジックナンバーも全く点することはなかった。
しかも最終戦の相手はそのオリックスである。形は違えど恒例となる秋の風物詩再現を思わせた。
だが、同点で迎えた9回裏に松田サヨナラタイムリーを放ち、ホークスは3年ぶりの優勝を達成した。

運命のCS。3位日本ハムとの対戦となったホークス日本ハムりによって2敗するもアドバンテージの1勝を合わせて10月18日の第5戦に3勝をあげ、日本シリーズ進出に王手をかけた。
だが翌日の10月19日、4点差でリードしていたところに日本ハムの猛攻が襲いかかり、同点に追いつかれた上、延長で逆転を喫し敗北日本ハム3勝で逆王手をかけられてしまう。2010年のこともあり、勢いが日本ハムに傾いたかに見えた。
しかしホークス女神に見放されてはいなかった。翌10月20日、再度3点差でリードすると8回に追加点で先日と同じ4点リードとする。最終回に1点を失うものの、後続を封じて4-1で勝利日本シリーズ進出を果たした
日本シリーズでは口の失速に定評があり、ホークス同様に秋の風物詩と揶揄される阪神タイガースと対決(後述)。これを4勝1敗で下し、3年ぶりの日本一を達成している。

2015年。ペナントレースを圧倒的なで制したソフトバンク。しかしその優勝後は大連敗を喫しており、またCSファイナルステージの対戦相手がソフトバンクの「秋の風物詩」を示すのに恒例のロッテとなった(これまでロッテ相手のCS進出争い&CS本戦で勝ち上がりなし)ため、ソフトバンクの伝統が復活するのではないかというが少なからず存在した。
だが、蓋を開けてみるとアドバンテージ1勝に加え、3勝0敗で4勝獲得のストレート勝ち。ロッテ相手の悪しき伝統を断ち切り、日本シリーズ進出を果たすこととなった。
そして日本シリーズヤクルト相手に4勝1敗と苦戦すること日本一き、同時に秋の風物詩の一人である松中信彦が退団したことにより本当の意味で終止符を打った可性があると思われた。

2016年。開幕直後こそもたついたが、8連勝を3回するなど、圧倒的な強さを見せつけていた。交流戦終了時点で貯27、勝率7割、2位ロッテに7.5ゲーム差をつけるという圧倒的独走状態となっていた。これにより、今年はぶっちぎりで優勝だろうと思われていたが、その後失速。さらに日ハムが15連勝を皮切りに大躍進して、一進一退の熾1位争いが始まった。9月2日マジックが点したが、結局最大11.5ゲーム差を巻き返されて日ハムが優勝し、2位に終わってしまった。CSではロッテを破り第2ステージに進出、日ハムに対して2勝をあげたものの、結局日ハム日本シリーズ進出を許してしまった。
秋の風物詩復活とも言われているが、それ以上に上記の日ハム大躍進があったため、なんとも言い難い状況となった。

2017年WBCの影もあってか出だしは投打ともに振るわなかったものの、5月に入ってから復調。6月には見事3年連続交流戦優勝を決める。 その後も勢いは止まらず、7月には首位の楽天と-0.5ゲーム差ながら2位となり、7月7日にて遂に首位の座を手にする。その後も楽天しく争うが、西武の快進撃と楽天の不調もあってか8月には2位以下を突き放し始めて独走状態。 9月16日、終わってみればパ・リーグ史上最速リーグ優勝を決めた。
CSでは3位の楽天相手に1,2戦を落とすものの、その後は柳田悠岐の復帰等もあり3連勝。3勝2敗で日本シリーズへ進出した。 日本シリーズでは3位ながらCSを勝ち抜いた横浜と対戦。1点差の接戦が続く中、6戦にて内川聖一の9回裏同点ホームランデニス・サファテの3イニング投等により劇的なサヨナラ勝ち、4勝2敗で遂に日本一を勝ち取った。
危うい状況が幾度かあったものの、結果的には2勝1敗ペースを維持した。見事に去年の辱を果たしたと言える。


3と4の概要


藤川球児は「絶対的守護」としてファンチームからの信頼が厚いが、シーズン末辺りの大一番という時に限って炎上してしまう事が多く、いつしか「風物詩」と揶揄されるようになってしまった。

連投やイニング跨ぎ、長年の勤続疲労があるとはいえ、藤川は毎年にいろんな意味で阪神に引導を渡している。
各年度については下の表の通り。

内容
2005 日本シリーズ第3戦,第4戦で登板し、前者で2失点。それよりも、JFK以外がいろいろと不振に陥り歴史的大敗を喫した。 なんでや!阪神関係ないやろ!
2006 8月30日甲子園球場中日井上一樹に同点ホームランを打たれ、同試合は引き分け。最終的に中日が優勝。阪神に引導を渡す。
2007 9月25日横浜スタジアム横浜からサヨナラ負けを喫し、阪神に引導を渡す。
2008 CS1stステージ3戦中日タイロン・ウッズに決勝HRを打たれ、阪神に引導を渡す。
2009 (自ら引導を渡せず、阪神普通に4位に終わる)
2010 逆転優勝のために1敗もできない状況かつ矢野燿大引退試合でまさかの炎上矢野にも阪神にも引導を渡す。
更にCS1stステージ、1敗で迎えた2戦巨人アレックス・ラミレスに逆転タイムリーを打たれ、阪神に再度(ry
2011 10月8日CS進出のために1敗もできないかつ5連勝前の状況で9回2死から横浜細山田武史に逆転サヨナラタイムリーを打たれ、阪神に引導を渡す。 
10月11日、4位阪神と3位巨人の直接対決で、3-3の9回裏1死2塁から巨人藤村大介からサヨナラタイムリーを浴び、阪神(ry
2012 FA権行使でオフを以って阪神を退団する事に。そして阪神普通に5位に終わった為、最後の最後で自ら引導を渡せず)
2016 4シーズンぶりに阪神へ復帰するも、阪神普通にBクラスだった為、阪神に対しては引導を渡せなかった。が、この年ブッチギリの1位25年ぶりの優勝を地元広島で決められるかの瀬戸際であった9月8日2位巨人との対戦、1-0で迎えた8回表1死1・2塁の場面で、巨人坂本勇人に逆転3ランホームランを打たれ、まさかの広島地元優勝n(ry

上記の藤川球児炎上と併せて、阪神タイガースシーズン後半になると失速することが多い。 
ベテランオッサン連中がシーズン終盤に100%バテるのに休ませない、そもそも短期決戦の戦い方をよくわかってない等と、理由は色々挙げられている。


次へ»
最終更新日: 18/01/12 06:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ