ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


科挙


ヨミ: カキョ
掲示板をミル!
25カキコ!

科挙とは、官吏採用試験である。
隋から清までの中国で実施されていた。また、それに倣い、朝鮮ベトナムなどの中国周辺の東アジアでも実施されていた。

当たり前だが、漢文の試験である。

詳しく知りたければ、ウィキペディア該当ページ[外部]宮崎市定[外部]氏の書籍を読んだほうが手っ取りい。


概要


優秀な人物を広く全から集めるための制度。

隋以前には、人材は貴族など既存の権者階級からしか輩出されず、科挙以前にあった人材を募る制度も、その内実は有者からの推薦というものであり、どうしても既存の有者の息がかかった者に限られていた。

科挙の導入により、推薦重視から試験結果重視への移行が図られ、既存の貴族とは別の新しい勢ることになる。


科挙制度


科挙にはいくつもの段階があった。何度も試験を重ねることで受験者を絞っていき、最終的には皇帝自らが試験を行い合格者を決める時代もあった。

試験は数日に渡って行われ、受験者が食べ物を持ち込んで泊り込むのも普通であった。食べ物その他も持ち込めるため、必然的にカンニングのための具も持ち込みやすく、その検も厳しいものであった。しかし、検を潜り抜けるための工夫もなされており、裏地にテキストがびっしり書き込まれた衣服なども発見されている。身分や氏名を偽っての替え玉受験も多かったといわれている。


科挙制度の限界


広く人材をめるために始まった科挙制度だが、実際にはさまざまな問題点があった。

初期の科挙では既存の貴族が未だ跋扈しており、科挙制度で登用された官僚が十分にを発揮できなかった。

代になると科挙合格者のが強くなっていったが、同時に同郷の者同士などで集団を作るようになり、新しい権集団となっていった。科挙を受験するためには先に科挙に合格している者の保が必要になっていたことも、この集団がをつける理由になっていた。

また、科挙を受けるための勉強には、当時は重な本などの資料をえる必要があり、勉強に専念する受験者を支える財、さらには身分を保してくれる先輩に対して支払わなければいけない謝礼など、とにかくコストがかかるものであったため、実際に科挙を受けることができたのは有者の師だけだったといえる。そして後代になれば有者というのは、つまり科挙に合格してを得た者であり、結局は科挙合格者が権者としてを増していくことに繋がるのである。

もっとも、先祖代々科挙に合格してきた系であろうとも次代が科挙に通れなければそこで終わるという可性もあり、その点では前時代の貴族とは違った権者であるといえる。


科挙制度の終焉


科挙の合格基準として、四書五経を暗記していることは必須であった。いわば理想的な儒教を理解していることがめられたわけだが、時代が下って清の末期になると西洋列強の進出により西洋の新たな文物が入ってきたこと、西洋との競争が盛んになったこともあって、官僚にめられるものはそれまでの伝統的儒教から、西洋の知識へと移行していった。こうして、隋代以降、千数年に渡って長く続いてきた科挙制度は近代になって終焉を迎えたのである。


関連動画



■sm11174734[ニコ動]


関連商品


■az4582804705
■az4122041708
■ystanseido_a00056-l


関連コミュニティ


■co3034


関連項目



関連リンク



最終更新日: 13/08/03 08:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ