ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


穢れ(東方Project)


ヨミ: ケガレ
掲示板をミル!
33カキコ!

穢れ(東方project)とは、元は神道の概念である。忌まれる物、悪い状態、理想的でい状態をす。
日本神話における黄泉穢れ等、古くから「死」と関連付けられていた。信仰(神道)においては「死」「病気」はもとより「出産」「月経」も穢れとする。また、「触穢」により穢れは伝染するとされ、穢れた者に直接触れる他に一緒に食事をしたり同席しただけでも穢れるとする。

東方projectでは月の都穢れを強く嫌っているが、月の都が地上を穢れた場所と蔑む設定自体は、原典である竹取物語からすでにある。竹取物語の終盤、かぐや姫を迎えに来た人は地上を「穢き所」、地上の食べ物を「きたなき所のもの」と発言する。

東方穢れ神道穢れと基本は同じだが、ZUN氏による部分的なアレンジ(解釈)が垣間見える。

神道以外では、仏教における「浄土」の概念(浄土の対義は「穢土」)、キリスト教における「原罪」の概念と関連性がある。


穢れが生じる理由


月の都が嫌った穢れとは、生きる事と死ぬ事。
特に生きる事が死を招く世界穢れ世界なのだと。
生きるために競争しなければならない地上を穢れた土地、穢土と呼び、月の都穢れの浄化された土地、浄土と呼ぶ者もいる。
生も死もない世界が限りなく美しい

だが何もない世界が理想というのも違う。
生きるために他人から搾取したりせず、自分たちが生み出した物だけで全ての者の生活が賄える世界が理想なのだと言う。
地上は生きることが最善であるが故に、死の匂いが強くなるのだと言う。その死の匂いが生き物寿命をもたらす。
だから地上の生き物には全て寿命があるのだと言う。

元来、生物寿命という制約などはなかったらしい(生物寿命で死ぬことはありえなかった)。
しかし現在地上を蝕んでいる「穢れ」という概念は、物質・生命から永遠をはく奪する性質を持っていた。

代から争いは絶えず続き、の生命は自身を育んだを穢した。勝ち残った者は地上に進出したが、今度は他者を食料とする為の壮絶な戦いとなった。ある者は闘争の世界を飛び、またある者はへ戻った。こうした生物の血塗られた歴史が地上に「穢れ」を生んだという。
つまり生物の生死(闘争の歴史)こそが穢れだったようだ。

この「穢れ」に最初に気付いた者は、現在月の都の開祖「月夜見」であった。月夜見は自らが信頼のおける親族と共に、寿命を捨てるべくへの移住計画を発案、後に実行したと言われている。

また、妖精穢れ徴であり、生命の徴でもある。(東方紺珠伝より)実際、東方紺珠伝では純狐妖精を大量に発生させ、さらに純化の妖精エネルギーを増幅させたところ、穢れを苦手とする月の都は手を出せず窮地に陥った。(通常では、妖精程度の穢れ月の民も怖くないらしい)東方世界において、妖精とは自然と一体の存在である。
つまり生命の存在自体が穢れであり、自然こそが穢れそのものということになる。

→ 妖精(東方Project)


罪と罰


穢れ」は東方Projectにおいては「」と表現されることもある。東方儚月抄においては綿月豊姫によれば、地上に住む生き物に罪がないはずがなく、地上に住む、生きる、死ぬ。それだけで罪であるとのことであり、地上に住む生き物には一生地上に這いつくばり、生きて死ぬという「」が与えられるとしている。

神道における罪の概念としては、「天津罪」「罪」がある。高天原で始まった罪を「天津罪」、中国で始まった罪を「罪」とする。
天津罪」とは記紀神話においてスサノオミコトが高天原で起こした行為に関連した内容の罪をさす。具体的には、「畦を壊すなどして、田にるのを妨する行為」「祭事場を尿で汚す行為」など。
罪」には「他人を傷つける」「死体を損壊する」「近親相姦」「瘤など跡が残る病気患する」「による被害をうける」「災で被災する」など。(一説には罪は「穢れ」により発生する、との解釈もある)
罪」には本人には責任がない(どうしようもない)事柄まで「罪」としてしまう内容が含まれており、東方Projectの「罪」の概念と通じる部分がある。ただし、神道には「罪」に対する「罰」という概念はない。

罪と罰」は善悪を明確に定義した非常に二元論的な用であり、「罪」に対して「罰」が与えられるという構図は仏教神道というよりどちらかというと絶対的な格を置く一教(ユダヤ教キリスト教イスラム教など)に見られる発想である。ここでいう「罪」とは生命に普遍的に存在するものとされており、四季映姫・ヤマザナドゥ勧善懲悪しているような世俗道徳えた一教的原罪意識(旧約聖書における楽園追放による)を垣間見ることができる。これにより東方の「穢れ」概念がインド以東の思想にとどまらず、さらに西方宗教からの影も受けている可性が考えられる。


月人の持つ穢れ


穢土に住む民が寿命に縛られた身であるのは上述した通りだが、月人とて不老不死ではない。
大前提として月人もわずかな穢れを持つ。月人穢れき浄土()に住むから長い時を生きられるのであって、穢れた地上で暮らすと寿命も地上人に近づいてしまう。

これをできるのは「蓬莱」なのだが、月人が飲むと穢れが発生するとの事。このためでは用は重罪である。その理由について「不老不死の誘惑に負けたから」という説明がなされたことがあったが、単行本ではこの記述が削除されており、この理由は破棄されている可性がある。東方紺珠伝では月人は生死を拒絶する存在とされている。


関連商品


■yso-trap_04032944
■az4758060894
■az4758011605
■ysd-stage_2900031400269


関連項目



最終更新日: 16/05/23 02:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ