ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


立岡宗一郎


ヨミ: タテオカソウイチロウ
掲示板をミル!
4カキコ!

立岡宗一郎(たておか そういちろう、1990年5月18日-)とは、熊本県町(現:北町)出身のプロ野球選手外野手)である。現在読売ジャイアンツに所属。

概要

読売ジャイアンツ #39
立岡宗一郎
基本情報
日本
出身地 熊本県
(現:北町)
生年 1990年5月18日
身長
体重
181cm
83kg
選手情報
投球・打撃 右投両打
守備位置 外野手内野手
プロ入り 2008年ドラフト2位
経歴
プロ野球選手テンプレート

名前の由来は本田宗一郎から。

鎮西高校では1年からレギュラーとして出場、に外野を守っていた。甲子園出場こそなかったが、俊足強肩に高校通算28本塁打パンチと走攻守った九州ナンバーワン野手、「秋山二世」として注され、2008年ドラフト会議福岡ソフトバンクホークス2位名され入団。背番号7。

ソフトバンク時代

高校時代は外野手だったが、本人が遊撃手希望した事もあり内野で育成される。三塁手を守ったが、2年続けて二軍で守備率が8割台と全く適応できなかった。


2010年に代走で一軍初出場するが、3年2011年には専ら三軍で、二軍でも14試合の出場に留まった。


2012年背番号7を剥奪され68に変更。

巨人時代

2012年6月13日レビ・ロメロ福元淳史との交換トレードで、久米勇紀と共に読売ジャイアンツへ移籍。背番号58
移籍後の7月二軍戦で味方野手と交錯し衝突で左肘靱帯損傷の大怪を負い、その影で右打ちから左打ちに転向した(公式の登録は右打ちのままになっていたが、2013年途中から「両打ち」に変更された。とはいえ事実上は左打ちに専念していた)。


2013年5月から二軍で一番打者に定着して打率.294マークし、5月14日に一軍昇格。翌日の千葉ロッテマリーンズ戦で途中出場し9回に益田直也からサヨナラ勝ちに繋がるプロ安打を放ち、お立ち台に上がった。奇しくも同日、トレード相手の福元もプロ安打を放っている。続く17日の西武戦では2番・レフトで初スタメン出場した。その後も非な脚や不安定さはあったが、内外野を守れる事を買われて起用され続け、46試合に出場した。


2014年片岡治大井端弘和の加入もあって出場機会が減し、2試合のみの出場に終わる。オフに登録を外野手に変更する。


2015年二軍スタートだったが、村田修一寺内崇幸など内野手の故障者が続出した事もあり5月24日に一軍昇格を果たし、二軍で外野しか守っていなかったにも関わらず、2番・三塁手で即スタメンで起用された。その試合でマルチ安打を放つとその後もコンスタントヒットを打ち、中堅手二塁手でスタメン起用される事が多くなる。7月からは全に1番・中堅に定着し、8月打率.400をマークするなど、この年チーム打率最下位と貧打に苦しんだ巨人打線において一の希望とまで言われた。最終的に規定打席には届かなかったが、91試合に出場し打率.304マークした。


2016年から登録が左打ちになる。2番・中堅手で開幕スタメン入りし、3月29日横浜DeNAベイスターズ戦でプロホームランを記録した。1番もしくは2番でレギュラー起用され、序盤は快調だったが徐々に調子を落とし、5月半ばにはスタメンを剥奪。下旬に左わき離れで戦線離脱した。結局一軍復帰はシーズン終盤となってしまい、51試合の出場で打率.229、9打点に終わった。


2017年は同じセンターを守る陽岱鋼が加入したが、陽が出遅れたこともあり2番・中堅手で開幕スタメンを勝ち取る。5月まで基本的に1番か2番でスタメンで起用されたが、打率は2割前半と結果を出せず、6月頭で二軍落ち。下旬に復帰したがレギュラーを取り戻すことはできず、7月抹消されてシーズンを終えた。


2018年は開幕一軍も、代打・代走・守備など便利遣いの控えとしての起用が中心になり、一軍と二軍を往復した。42試合に出場したが、スタメンは僅か8試合だった。オフ背番号39に変更。


2019年も開幕一軍入りしたが、前年同様に二軍と往復しながら代走・守備要員での起用となり、スタメン出場は7月の1試合のみ。8月上旬に抹消されてからは一軍に戻れず、25試合の出場に留まった。

人物

苗字タピオカに似ていることからか、称は「タピ」。

趣味釣り

応援歌

球団 レス No プレイヤー
巨人 応援歌のピコカキコ一覧#1385 14120

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2010年 ソフトバンク 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .--- .---
2013年 巨人 46 77 74 5 15 1 2 0 7 1 0 0 3 0 15 0 .203 .234
2014年 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000
2015年 91 367 339 36 103 9 3 0 14 16 3 3 18 4 61 2 .304 .343
2016年 51 209 188 15 43 6 1 2 9 9 6 0 10 5 31 1 .229 .286
2017年 62 214 197 24 41 3 3 0 10 4 6 0 11 0 43 1 .208 .250
2018年 47 60 52 10 12 0 0 0 5 4 0 0 7 1 11 2 .231 .333
2019年 25 16 14 4 4 2 0 0 1 3 0 0 2 0 4 0 .286 .375
NPB:8年 320 945 866 95 218 21 9 2 46 37 15 3 51 10 166 6 .252 .300

関連動画


■sm26946561[ニコ動]

関連コミュニティ

■co437
■co134174

関連項目


最終更新日: 19/09/29 03:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ