ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


立川志の輔


ヨミ: タテカワシノスケ
掲示板をミル!
16カキコ!

立川志の輔とは、現代有数の人気落語家である。一般には「ためしてガッテンの会者」で知られている。


概要


立川志の輔(本名 竹内照雄)は、1954年生まれ。幼い頃に両親が離婚叔父に育てられたという苦労人。明治大学の落研では、三宅から芸名を受け継ぎ、渡辺正行に引き継いだという。演劇に強興味を持っていた典サブカル青年は、広告代理店から噺転職するという「こいつ駄だ」といいたくなるパターン落語家になったが、ただ一つ違っていたのは、サブカル青年はとんでもなく落語が発達していたということだった。

1983年入門後すぐに、師匠として選んだ立川談志落語協会を脱退し、「寄席に出られない」というハンデを背負うことになった。が、代理店上がりの志のは、企画を作る才とノウハウを持ち、営業も高かった。1985年には、TVレポーターとして仕事をもらい、すぐに売れっ子になり、1990年真打昇進時にはすでに有名な存在になっていた。(ちなみに入門から真打昇進までわずか7年。二つから真打昇進まで通常10年は要すると言われる落語界においては異例ともいうべき超スピード昇進である。現在もつづく「ためしてガッテン」会役にいたるまで、テレビタレントとして安定した活躍を続けており、落語をまったく聴かない層にも広く知られた存在である。

志のは単なるタレント落語家ではない。それどころか、平成を代表する落語家の一人である。みどりの窓口」「バールのようなもの」といった新作落語(ともに原作清水義範)で見せる鮮やかなり口、円の長い噺をパネルでプレゼンテーションしながらるというイベントプロデュース、そしてなにより安定したりのうまさ、何がなんでも面いと思わせて客を帰すぞ、という底したサービス。いくつもの長所を兼ね備えた彼の活躍が、現在落語人気を導く強な導火線になった。彼は自分の落語を「志のらくご」と名づけ、デパートコンサートホール、文化施設、あらゆる場所で独自の落語会を催し、つねに満員の客を集めている。

同門の立川・志らく、さらに柳家喬太郎など多くの個性的な後続が人気を得る今でも、「もっともチケットが取れない落語家」の地位は揺るぎない。また、「初心者をはじめて連れてゆくなら志の」という定評も、揺るぎないものである。

立川談志落語協会を離脱してから最初の子であり、実質上は談志の一番子と言える存在。立川流は談、志らく、談笑といった俊才を輩出しているが、彼らにとっても偉大な兄弟子の存在は大きい。


関連動画



■sm2394580[ニコ動]

■sm24429121[ニコ動]
■sm2540619[ニコ動]
■sm4192841[ニコ動]
■sm8963992[ニコ動]


関連商品


■azB000YRHP34


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 16/11/28 16:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ