ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


竜巻


ヨミ: タツマキ
掲示板をミル!
8カキコ!

竜巻とは、発達した積乱雲の底から柱状または漏斗状に地上に向かって伸びる、上昇気流を伴うしい空気の渦巻きである。英語では「トルネードtornado)」。


概要


竜巻は発達した積乱雲や積スーパーセルで上昇気流を伴う高速の渦巻きが発生し、それが地上まで伸びたものとされる。渦の大きさは均的には直径数十m程度、規模の大きなものでは数~1kmに達することもある。その渦の中では速数十mの猛が吹き荒れ、時にはや住さえも吹き飛ばす。竜巻の寿命は短いものの、竜巻の規模によっては進路上で大きな被害をもたらす。

竜巻の発生メカニズムは現在のところ詳しくは解明されておらず、発生を正確に予測することは難しい。竜巻が厄介なのは「小さい」「寿命が短い」という点である。台風なら移動中に観測所を通ったりするため気圧などのデータが得られるが、局所的に短時間で発生する竜巻ではデータを取るのが困難なのである。

スティーブン・スピルバーグ映画ツイスター」で描かれたように、アメリカでは観測機器をに取り付けて近づくなどして竜巻を観測する「ストームチェイサー」と呼ばれる研究者たちが居るが、死亡事故も多く発生している。


竜巻の強さ


竜巻の強さを表すために際的に広く用いられているのが、1971年藤田哲也博士が考案した「藤田ケール(Fスケール」である。Fスケールでは、発生した被害の状況によって竜巻の強度を分類している。なおアメリカなど一部地域ではFスケール良した「藤田ケール(EFスケール)」が現在では用いられている。


藤田スケール


参考:気象庁[外部]

階級 推定 想定被害
F0 1732m/s
(約15間の均)
テレビアンテナなどの弱い構造物が倒れる。小枝が折れ、根の浅い木が傾くことがある。非住が壊れるかもしれない。
F1 33~49m/s
(約10間の均)
屋根瓦が飛び、ガラス割れる。ビニールハウス被害甚大。根の弱い木は倒れ、強い木は幹が折れたりする。走っている自動車が横を受けると、から吹き落とされる。
F2 50~69m/s
(約7間の均)
屋根がはぎとられ、弱い非住は倒壊する。大木が倒れたり、ねじ切られる。自動車から吹き飛ばされ、汽車が脱線することがある。
F3 7092m/s
(約5間の均)
が倒壊する。非住バラバラになって飛散し、づくりでもつぶれる。汽車は転覆し、自動車はもち上げられて飛ばされる。森林大木でも、大半折れるか倒れるかし、引き抜かれることもある。
F4 93116m/s
(約4間の均)
バラバラになって辺りに飛散し、弱い非住は跡形なく吹き飛ばされてしまう。づくりでもペシャンコ。列車が吹き飛ばされ、自動車は何十メートル中飛行する。1トン以上ある物体が降ってきて、危険この上もない。
F5 117142m/s
(約3間の均)
は跡形もなく吹き飛ばされるし、立木の皮がはぎとられてしまったりする。自動車列車などがもち上げられて飛行し、とんでもないところまで飛ばされる。数トンもある物体がどこからともなく降ってくる。

上記の他、非公式ではあるが F6クラスが設定されている(というか地球外の想定を含めれば F12 ぐらいまで存在する)。本来地球上では起こり得ないという認識が流だったが、1999年オクラホマのものをはじめ歴史上数例が143m/s を過しているので F6 に当たるのではないかと言われている。   

日本ではF3クラスの竜巻は観測史上4例しかなく、F4クラス以上の竜巻は観測されていない。


最近の主な竜巻被害



日本



関連動画


タグで検索 ▽[動]


■sm275405[ニコ動]

■sm17768188[ニコ動]

■sm21737177[ニコ動]


関連商品


■azB00007MCI2
■az4843330361


関連コミュニティ


竜巻に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 13/09/12 17:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ