ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


競馬


ヨミ: ケイバ
掲示板をミル!
499カキコ!

競馬(けいば)とは、を走らせて着順を競うスポーツである。

日本においては、競艇競輪オートレースと並ぶ公営競技ギャンブルの一つでもある。

ギャンブルとしての盛り上がりも一つの要因でこそあるものの、それだけにとどまらず、他のスポーツと同様、よい走りを見て感したり、レース勝利した騎手・厩舎等の関係者を讃えるというのも競馬のよさといえよう。

ニコニコ動画内では、レース動画のほか、多数の予想動画も掲載されている。こちらを参照 ⇒ ニコニコ競馬予想リンク

概要

現在競走馬流はサラブレッドであるが、アラブやクォーターホースなどの品種も存在し、品種限定でレースも行われている(行われていた)。

競走形態は、特段何のしかけもないコースを走る地競走がよく知られるものの、他にも障害競走(途中のハードルなどを飛び越えて走り進める)、日本では消滅した速歩競走(足を出す順序が決まっておりスピードに限りがある)、さらには日本北海道)独自のばんえい競走(重いソリを引いて山のあるコースを走る)といった方式もある。

品種や競走形態の違いはあるが、何にせよ競走の着順で優劣をつける非常にシンプルスポーツである。

なお、着順の勝敗そのものは非常に単純だが、ギャンブルとしての馬券購入の際には、多岐に渡る着順予想があり、様々な予想を楽しむ事も出来る。


歴史


近代競馬はイギリス発祥の娯楽・スポーツであり、欧州を中心として海外の様々なに存在する。

また、形は違えど日本平安時代には競馬(くらべうま)という名称のを走らせる事は既に存在していた。もちろん、を競わせるという文化自体は世界の各地にそもそも存在しているが、現在近代競馬の基礎は、イギリスで生まれたとされる。

1540年   英国 正式なルールと専用競馬場による近代競馬が始まる。
1620年代 米国 英国植民地にて競馬を開催。
1780年   英国 第1回ダービーステークス
1791年   英国 ジェネラルスタッドブック創刊。血統が記載され、4巻にてサラブレッドの基準を定めることとなる。
1860年   日本 横浜の元町(外国人居留地)で西洋式の競馬を開催。治外法権により88年から馬券発売。
1875年   米国 第1回ケンタッキーダービー
1906年   日本 居留地以外で馬券発売開始。2年後に過度な営利義や八百長疑惑の頻発により禁止に。
1915年   日本 ばんえい競馬が開催。
1920年   仏国 第1回凱旋門賞
1923年   日本 競馬法が成立。馬券販売が再開され、未成年学生・競馬関係者の馬券購入が禁止に。
1932年   日本 第1回東京優駿(日本ダービー)
1941年   日本 セントライト日本初のクラシック三冠となる。
1954年   日本 日本中央競馬会JRA)が発足し中央競馬が開始される。
1973年   日本 第一次競馬ブームハイセイコーの活躍によるもの。
1984年   米国 第1回ブリーダーズカップクラシック
1990年ごろ日本 第二次競馬ブームオグリキャップ武豊、それを取り巻くトウカイテイオータマモクロスなどによるもの。バブル経済の影も。
1996年   UAE 第1回ドバイワールドカップ
2007年   日本 パート1に昇格。日本重賞ダートグレード競走が海外と肩を並べる。 
2009年   日本 アラブ系の競走が日本で全。 


日本競馬


日本の競馬では、日本中央競馬会JRA)が催する中央競馬と、地方自治体催する地方競馬に分類される。(詳細は各記事を参照)

中央競馬土曜日曜と一部の月曜祝日に開催され、G1競走など大レースが開かれる。有名な日本レース騎手は、ほとんどこちらの所属。

地方競馬はほぼ毎日、どこかしらの競馬場にて開催されている。これは、中央競馬の商圏と被るエリアにある競馬場南関東など)が平日開催となっているため。その他のところでは土・日に開催するものも多い。

大部分がダートでのレースであるため、中央競馬との交流も日本ダートの競走体系を確立するうえでくてはならないものになっている。

ナイター競馬冠協賛レースなど中央競馬とは異なる楽しみもある。しかし平成になってからは経営が厳しく、2001年中津競馬場止されたのを契機に、北関東競馬場荒尾競馬場など止に追い込まれる所が多く現れた。 

海外競馬との関係

日本競馬は年々強化されているが、海外遠征するにはノウハウや費用などにおいてハードルは高い。
馬場の違いも大きく、海外の大レースで活躍する名日本で出走しても走する事もあり、逆に日本の有海外に遠征しを出し切れないまま終わる事はしい事ではい。

日本際競走は当初はジャパンカップのみであり、高額だった賞当てに多くの遠征日本に来ていたが、近年は日本レベルアップにより遠征が勝てなくなった事などによって賞を増額したものの、長距離遠征のリスクに見合わなくなり、敬遠傾向にある。

しかしながらジャパンカップの衰退に反例するかのようにレースが増えて行った事で、特に立地的に近い香港日本の間で大レースに遠征するが互いに増え香港競馬とは身近な存在になりつつある。

なお日本が競馬パート1に昇格するのに前後して、JRAでは全ての地競走の重賞競走を外に開放している。2018年季以降は九州産馬限定競走であるひまわり賞以外のオープン特別競走が開放されている。地方競馬では2011年東京大賞典が、2018年全日本2歳優駿が外に開放されている。

関係者

な体重調整・高度な術の習得をはじめとして、競馬の騎手は非常に狭き門である。

特にその減量の凄まじさたるや、一般的に、具を含めたに騎乗するものの総重量が約55kg以下になるまで絞らなくてはならないという、ボクサー陸上選手のそれに肩するレベルである。

検索

絞込み検索(ピンポイント動画を見つける方法)

数多くの競馬動画投稿されているので見たい動画がなかなか見付からないという事もある。
その場合、検索に『レース名』や『レース名 年度』で検索すると見つけやすい。
(例:ナリタブライアン 1994年[動]

競馬ゲーム動画を排除する方法
マイナス検索を使うと競馬ゲーム関係の動画を含めずに絞り込むことができる。
検索に『競馬 -ゲーム -ダビスタ -実況』等で競馬ゲームを排除していくと良い。
(例:競馬 -ダビスタ -実況 -ゲーム[動]


主な競走


競馬の競走の一覧」の記事を参照。


競馬場


競馬場」の記事を参照。


馬券(勝馬投票券)


馬券」の記事を参照。


 馬の種類


サラブレッド

日本では最も多く生産されるの種類である。時代の変遷と共にスピードパワーなどをめられ品種良を繰り返されてきた。その代償なのか“ガラスの脚”と呼ばれるほど体質や脚が弱いするも多い。

自然界ではあり得ないような(血の偏りによる弊が出るか出ないかスレスレの)近親配合を繰り返すことも多く、どんな名でも産駒が最高の成績を修めるかどうかは未知数。成績の良し悪しによる淘汰がしく、中央競馬の中でも最高クラスと言われる「オープン」(地競走の場合一般競走4勝以上または重賞2着以内で獲得した賞額がこれに準ずるのこと)」になれるは全体の5~6%程度でしかない。さらに格上の重賞ウイナーは2%未満、GIタイトルを獲得できるはほんの一握りと、非常に狭き門となる。

高い競走と勝負根性をめた配合が繰り返し行われているが、これらの性質は気性難と表裏一体であるため、いわゆる「暴れ」も多く生産される傾向にある。

アラブ系

日本ではサラブレッドアラブの混血種であるアングロアラブのことをす。詳しくは記事を参照。現在ではほとんど生産されていない。9512月9日アラブ大賞典[映像[動]]を最後に中央競馬でのアラブ系の競走は止になった。

その後、地方競馬でもレース数が減ったり止に。2013年3月アラブ系の競走馬ゼロとなり、競走馬としての役を終えた。但し規定さえクリアすれば競争自体には参加できるので、いつしかレースにでその姿が見られるかもしれない。

サラブレッド系種

サラブレッド系種は広義の意味ではサラブレッドも含まれるが、だった意味では日本の競馬の明期などで、血統書の紛失で血統の明ができないサラブレッドと思われるや、サラブレッド以外のと交配されたす。
ただし上記のアラブ系の項アングロアラブの血量に満たない

現在はほぼれた系種なのだが、アラブ系の繁殖の行き場のためにサラブレッド種牡馬と交配され一時的に増加した。

ばん馬

体重1,000kg前後の農耕のことである。ソリをかせて着順を競わせる「ばんえい競馬」が北海道に存在する。

クォーターホース

世界的に最も多い種類らしいが日本では生産されていない模様。アメリカ開拓期にヨーロッパからつれてきたアンダルシアンを元にサラブレッドアラブマスタング等を掛け合わせた種類である。

クォーターマイル(1/4マイル、約400m)以下の距離ならサラブレッド以上の速度で走れるとも言われている。ただし、現在400m世界最速タイムレコードを持っているのはサラブレッドである。


脚質


の走り方とその作戦のことで、によって得意不得意がある。すべて上手くこなせる「自在」のも存在する。

出走レース展開で関係者が判断しており、該当が全レースでその脚質を使っているとは限らない。

大逃げ

スタートから全で差を広げて逃げ切りを狙う。大差をつけるため非常に立つので、カメラに映りやすい。その為、大レースで勝ちのない持ちに大逃げをさせ立たせようとする(通称:テレビ)行為がある。

4コーナーですでにバテバテのケースも多く、逆噴射装置と呼ばれる。
たまに装置が作動しないことがあり、人気薄のでも一発が起きて馬券的に非常に荒れる原因となる。

【該当サイレンススズカツインターボテイエムプリキュアプリテイキャスト など

逃げ

群の先頭を走り、逃げ切りを狙う。リードは大逃げより小さく、1~2身。前に他がいるとやる気くす、(他が蹴りあげた)砂を嫌がる、などがにある場合にも適する。

だ円形のコースの内側(いわゆる経済コース)を通ることができ、スタミナのロスを防げる。

逃げが出走、また複数出走しているか否かでペースが大きく異なる。

【該当ダイワスカーレットミホノブルボン など

先行

群の中ほどからやや前あたりの位置でレースを進め、直線で先頭を狙う。

前を走っているが数頭なので、差しや追い込みほど状況に左右されなく安定性に優れる。

【該当ウオッカタイキシャトルタップダンスシチー など

差し

群の中ほどからやや後ろの位置でレースを進め、4コーナー~直線でスパートをかける。

追い込みほど大外を回らされるリスクが少なく、スピードに長けているに適している。先行と差しをレースによって使い分けるもいる。

【該当スペシャルウィークナリタブライアンオルフェーヴル など

追い込み 

最後方でを温存し、直線に全てをかける。他が邪魔で大外を回らされたり、を余して惨敗する危険性もある。

見どころの直線で最高速の追い上げを見せるので、決まると一番かっこいい脚質。

記事「追い込み」も参照してください。

【該当ディープインパクトブロードアピール など

また、追い込み亜種として、3~4コーナーカーブからロングスパートをかけ、直線で先団に追いつき、ゴール前で追い抜く「まくり」という脚質もある。(【該当ゴールドシップ など)


次へ»
最終更新日: 21/09/03 07:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ