ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: タケ
掲示板をミル!
20カキコ!
[画像を見る][画像を見る]

(タケ)とは、イネ科タケ亜科のうち多年生のものの総称である。小さいものはササ)という。


概要


っ直ぐ伸びる茎を持ち、茎は中で節がある。地下茎は横に這うように伸びるは滅多に咲かない。アジアオセアニアに生育する。

芽を竹の子(筍、タケノコ)と呼んで、食用にする。

竹は、また以下のことを表す。


生態


竹は常性の多年生植物

古来から日本各地に生育しており、古書や古い文献にたびたび登場する有名な植物勝地や観光地にも立しており、その姿は古な和を想起させる。竹が一般的になったのは16世紀頃と言われる。和の雰囲気を持つ竹だが、どの種類は中国からやってきた帰化植物で外来植物に属する。なので大昔の日本には竹がかった。現在内には約600種類が存在する。世界を向けると約1200種がいる。

イネ科に属するという事で、生物学的にはと一緒である。竹に生える竹は全て地下茎で繋がっており、言うなれば全員同じクローン(あるいは兄弟)。同じ茎から栄養を得ているので寿命も一緒。およそ60年から120年の周期で寿命がやってきて、今際にを咲かせて一斉に枯れる。
は常のように見えるが、実は1年に1回葉を更新する。紅葉し、古いを振り落とす。期間が非常に短いため知らない人が多い。

地下茎は頑丈で、まず人力では取り除く事は不可能。これが良くも悪くも人間の生活に影を与えている。竹は繁殖と生長が非常に高く、1本の竹があっという間に竹へと変貌する。竹の子は1日に1m以上(ピーク時)も伸び、軒下はおろかコンクリートですら裂いてへと伸びていく。このため管理がされていない竹暴走状態同然となり、植生を破壊して勢を拡大し続ける。地下茎は1年に5m伸びると言われ、これがいわゆる竹である。対策として伐採するか、剤を注入するものがある。
から初にかけては休止期間となり、生長が一時的にストップする。竹材を切り出す場合は、この時期に伐採が行われる。

一方、竹には地震の揺れを抑える効果があり、地震日本を陰から支えている。ただし地すべりと洪水に弱いとされ、防災効果は期待できない。根っこが深くまで伸びないので、地すべりで根こそぎ持っていかれる事も。また竹の子は食材として利用可。4~5月が旬の食べ物で、需要がある。

竹の中身は洞になっており、切り出しが容易である。植物油を塗布すれば強度が保たれるので、昔から竹を加工した竹細工が作られてきた。有名なものは「ししおどし」だろう。また中身が洞である事から、仏教では悟り木と言われている。


漢字として


Unicode
U+7AF9
JIS X 0213
1-35-61
部首
竹部
画数
6画
Unicode
U+2F75
意味
タケ、竹製の楽器、竹製の札(竹簡)を表す。〔説文解字・巻五〕には「生のなり」とある。
また𦺇と通じて竹を意味する。
字形
字は竹の葉の形で、〔説文〕に「形。下に垂るる者は、箁箬(ホウジャク)なり」とある。
音訓
読みはチク(音、音)、シツ(唐音)、訓読みは、たけ。
規格・区分
常用漢字であり、小学校1年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
竹は、部首竹部を作る。竹に関する字が属する。冠に置かれ、たけかんむりと呼ばれる。
竹を符とする漢字に、、䈞、𥷚がある。
竹院・竹園・竹管・竹簡・竹頭木屑・竹・竹帛・竹箆・竹

互換文字


利用法


縄文時代の遺跡から竹細工が出土しており、人との付き合いは長い。

日本など東アジアにおいて人里近くに生えており成長のい竹はさまざまな用途に利用されてきた。たけのこは食用に、成長した竹はその丈夫さを利用して材木として建築に利用されたりあるいは竹やりなどの武器として利用された。その他にも加工・細工が容易なため工芸品の材料として使われる。
燻煙熱処理を施した竹はにさらされても60年持つと言われ、寿命の面で工業製品を駕する。竹釘にして閣の屋根に使用したり、筋の代わりに竹を使ったコンクリートが登場したりしている。

(筋の代わりに竹材を使用したコンクリートは竹筋コンクリートと呼ばれ、古くは日中戦争勃発時に物資が不足した日本において研究が始まり、その後は1990年代ごろまで中国東南アジアの一部でも筋の代用もしくは補強材として用いられることもしくなかった。)

竹材に使用されるのは3年以上生きた竹に限定される。若竹だと強度が足りない模様。

大東亜戦争末期本土決戦に備えて軍民が一体となって竹槍を増産。和製パンツァーファウストも造られるなど、武器としてかなり有用だった模様。孟宗竹を積載し、乗艦が撃沈された場合はそれを浮き輪にするという使い方もされていた。救命具が足りない時は、竹で救命具を急造した事も。

茎の中が中であることを利用した使い方も多く、節ごとに切って水筒として利用したり、尺八などの楽器に加工されることもある。


伝承


日本ではと並んで縁起のよい植物とされ、この三種をセットとしてさまざまな場面で使われている。

また、日本最古の物語文学である竹取物語題とされているように古くから日本人のそばにあったことがわかる。


竹を使った慣用句



関連動画



■sm1920527[ニコ動]

■sm1129862[ニコ動]


関連静画(イラストレーター)


■sg6863(静画)


関連商品


■azB000VJ2DNC
■az4872755197
■az406214672X


関連項目



最終更新日: 19/06/25 20:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ