ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


笑う犬


ヨミ: ワラウイヌ
掲示板をミル!
33カキコ!

笑う犬とは、1998年から2003年にかけてフジテレビジョン系で放送されたバラエティ番組のシリーズである。


概要


ウッチャンナンチャン内村光良を中心にした、純コント番組。

当初は深夜番組としてスタートしたが、新なコントを次々と送り出してく間に人気を獲得し、ゴールデン番組に進出。以後は小中学生層の支持もがっちり獲得し、「小須田部長」「ミル姉さん」「テリーとドリー」「はっぱ隊」などの人気キャラクターを輩出。「ダウンタウンのごっつええ感じ」以来となる大ヒットコント番組となった。

笑う犬が放送された90年代末から00年代にかけては、テレビ業界にも不況の波が押し寄せ、大規模な予算をかけた番組を作ることが不可能になり、現在に至るフリートーク壇中心の低予算バラエティ番組にシフトしていく過渡期であった。

笑う犬はセットや構成に大きなをかけられた時代に生まれた「最後のコント番組」とも呼べる存在であり、テレビコントがほぼ絶滅してしまった現在でもしばしば懐かしがられている。

なお、後に内村NHKにおいて本作のコンセプトを一部継承した『LIFE! -人生げるコント-』というコント番組を立ち上げており、コント番組の血脈は全に途絶えたというわけではない。


タイトルの変遷


笑う犬は、放送時間帯の変更やリニューアルに合わせ、何度かタイトルを変えている。


第1期「笑う犬の生活」(1998-1999)


水曜23時台前半に放送された、記念すべき第1シリーズ

出演者は内村光良ネプチューン名倉潤堀内健原田泰造)、中島知子、そして若手女優だった遠山織子

てるとたいぞう」「トシサチ」「ミル姉さん」「小須田部長」「大嵐太郎」など、有名キャラクターのほとんどはこの時代に生まれた。深夜放送としては異例の高視聴率を記録する大ヒット番組となり、「生活」時代を笑う犬の最盛期とするファンは多い。

また、エンディングテーマ宇多田ヒカルデビュー曲「Automatic」であり、彼女スターダムへのし上げるのに一役買った。ゴールデン出張スペシャルが放送されたときには、当時全くテレビに出ない方針だった多田ゲスト出演し、視聴者を仰させている。

この水曜23時台時代には、「笑う犬」の後に放送されていたニュース番組「ニュースJAPAN」をパロった「安藤さん」というショートコントシリーズが番組最後のコーナーとして放送されていた。このコントの直後に本物の「ニュースJAPAN」の番組予告コーナー(いわゆるジャンクション)が生放送で入っており、内村光良にパロられた安藤優子キャスターが笑いを堪えていた。


第2期「笑う犬の冒険」(1999-2001)


日曜8時というゴールデンタイムに進出した第2シリーズ

出演者は「生活」時代のメンバーに加え、内村相方南原清隆が満を持して参戦。また、若手芸としてビビ大木大内登)が加わった。オープニングコーナーには谷啓EE JUMPも出演し、かなりな番組であった。

なお、かつて「ごっつええ感じ」が放送されたに同じコント番組で進出するにあたり、内村ダウンタウン松本人志へわざわざ許可める連絡を入れた、というエピソードは有名。松本内村の生さに呆れつつも感心していた。

ゴールデン仕様で万人受けするコントが増え、「生活」時代のファンからは賛否両論。特に南原の参加についてはかなりかれることもある。

とは言え、のちに世界的なヒット作となる「はっぱ隊」をはじめ、南原メイン傑作コントも数多い。「生活」の人気キャラはほぼ全て続投した上に、「パタヤビーチ」「ザ・センターマン」「アナウンサー学校」などの新作も軒並み大ヒットし、不動の人気番組に成長した。世間一般的には、この「冒険」時代が笑う犬の最盛期だろう。

しかし終盤に入り、遠山織子が結婚出産のため番組史上初のレギュラー。これをきっかけにメンバーを大幅増員し、ベッキー土田晃之、その他大量の若手芸人がレギュラーに加わった。

だが「演技の出来る」本職の女優だった遠山が抜けた影は大きく、コントの質が徐々に落ちていく。

なお、ザ・センターマン大人の事情によって再放送オンデマンド配信では丸々カットされている。


第3期「笑う犬の発見」(2001-2002)


時間帯そのままでリニューアルした第3シリーズ

徐々に低迷してきた人気を復活させるべく、「冒険」終盤の追加メンバービビる、中島リストラウンナンネプチューンベッキー、新メンバー優香という少数精鋭の番組になった。

初回二時間スペシャルで「生活・冒険」時代のコントを全て終了させ、「量より質」をモットーにする。

だが、この頃になると内村ネプチューンが多忙を極めるようになったこと、番組に多くのをかけられなくなってきたことで、手の込んだコントを作ることが出来なくなっていく。

打開策として「ハムえもん」や「ホリケンサイズ」などのゲーム企画を採用。それなりの人気を得ていたが、「純コント番組」という看羊頭狗肉になっていった。

そして、明らかに小中学生向けのコーナーが増加・「生活・冒険」時代のコント終わらすなどし、これまでのファンが離れていった。


第4期「笑う犬の情熱」(2002-2003)


時間帯そのままでリニューアルした第4シリーズ

優香が降し、新メンバー遠藤美子ビビる大木中川家が加入(後者ゲームコーナーのみ出演)。

コントを増やし、かつゲームコーナーを行う「冒険」と「発見」を混ぜたような番組となるが、時すでに遅し。視聴率の低下も深刻なものになっていった。番組後期では均8~9%台とかなり苦戦していた。

肝心のコントシリーズ物が減少し、この頃の有名作と言えば「ミスターアンニュイ」「研修のメリークリスマス」くらいとなる。


第5期「笑う犬の太陽」(2003)


ほとんど知られていない第5シリーズにして最終作。日曜を諦め、火曜7時にを移動。

矢口真里宮藤官九郎青木さやか阿部サダヲといった明らかに浮いている新レギュラー、歌コーナーや芸私服チェックコーナーを行うなど、もはやコント番組の面影はほとんど残っていなかった。

裏番組にはさんま御殿学校へ行こうなどがあり、視聴率は更に下降。加えて、ワールドカップバレーボールの中継や、スペシャル番組(特番)の放送のための休止が追い打ちをかけ、結局わずか7回で打ち切り

6年続いた番組は終焉を迎えた。


特番


2008年に、5年ぶりの復活特番が放送。以後2010年に2度新作スペシャルが作られたが、以後10年以上番組は再開されていない。


関連動画


ニコニコ動画と笑う犬と言えば、何といっても一番ははっぱ隊であろう。様々な関連動画が存在する。

また既に削除されているが、大嵐太郎シリーズの「ひとり踊る大捜査線」も高い人気を誇っていた。

他にもコントアップされていたこともあったが、テレビ番組なのでもちろん削除である。……のだが、実は結構な数の本編動画が今でも残っていたりする。見たい人は自己責任でどうぞ。
■sm18061[ニコ動]

■sm2891080[ニコ動]
■sm13382862[ニコ動]
■sm21611229[ニコ動]


関連商品


■azB0045UALUU
■azB001GXY4PC


関連項目



最終更新日: 21/07/21 05:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ