ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


笑福亭松之助


ヨミ: ショウフクテイマツノスケ
掲示板をミル!
2カキコ!

笑福亭松之助とは、落語の名跡である。これまでに2人がこの名を名乗っている。


概要


本名明石徳三19258月6日生まれ。兵庫県神戸市出身で、生と鼻の先に繁の新開地があった。

芸人すため、1948年6月に当時松竹落語を披露していた5代目笑福亭松鶴入門芸人の中でも噺を選んだのは「漫才だと相方と喧をするかもしれないが、噺ならその心配がない」と考えたため。入門からわずか12日で初舞台を踏んだが、場所は寺田町の大阪市交通局の職員住宅で本名での出演だった。師匠に住み込んだり通ったりすることなく、松竹の楽屋に通って子修業に励み、入門から半年で之介の名前を与えられる。

80歳を越えた2000年代半ばを過ぎても40分をえる長ネタを演じ、映画監督をつとめ、ブログを開設して自ら積極的にメッセージを発信するなどエネルギッシュに活動している。2012年を最後に出演しなくなったが、毎年元旦に放送される笑点の東西大喜利では西軍の一員として出演。東軍(いつもの笑点大喜利メンバー)の特に水色から小便が近いといじられたり、之介本人もそれをネタにしていた。

タレント明石家さんま師匠としても知られている。遅刻魔としてのエピソードの多いさんまだが、之助と共演する際はめに現場入りし、之助の楽屋の前で長時間直立不動の姿勢で立ち、之助といるときには、師匠子という間柄を厳しく守り、座ることなく必ず立っているという。


関連動画



■sm10684264[ニコ動]

■sm10827438[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/01/12 15:05
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ