ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


笠原祥太郎


ヨミ: カサハラショウタロウ

笠原祥太郎(かさはら しょうたろう、1995年3月17日-)とは、新潟県出身のプロ野球選手投手)である。現在中日ドラゴンズに所属。

名前の「」の字が旧字のため、メディアなどでは「太郎」と表記される。この記事名も同様。

概要

中日ドラゴンズ #47
笠原祥太郎
基本情報
日本日本
出身地 新潟県新潟市秋葉
生年 1995年3月17日
身長
体重
177cm
85kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 2016年ドラフト4位
経歴
際大会
代表チーム [画像を見る]日本
日米野球 2018年
プロ野球選手テンプレート

小学2年から野球を始める。新津高校では2年からエースとなったが、3年も2回戦で優勝した新潟明訓高校に惜敗し、高校時代を通じて県大会2回戦が最高成績だった。

理学療法士をして新潟医療福祉大学を志望していたが、新潟明訓の佐藤監督新潟医療福祉大学に新設される野球部の監督になると聞いて野球部に入れる健康スポーツ学科に志望を切り替え、一般入試で進学した。

高校時代は全に名の選手だったが、大学では創部1期生のため登板機会に恵まれたこともあってかぐんぐんを伸ばし、大学4年時には大学日本代表補に選ばれるまでになった。

2016年ドラフト中日ドラゴンズから4位で名され入団。背番号47新潟県大学から直接プロ入りしたのは笠原が初である。

中日時代

2017年二軍防御率1点台と結果を出して6月に一軍昇格。30日の広島東洋カープ戦でリリーフとしてプロ登板し、以降8月半ばまでリリーフ登板した。9月から先発に転向し、18日の読売ジャイアンツ戦で8回失点の好投でプロ勝利を挙げた。


2018年は開幕ローテ入りも結果が出ずリリーフと入ったり来たりしつつ5月に一度二軍落ち。6月に一軍復帰後は投球内容が安定し、7月24日横浜DeNAベイスターズ戦でようやくを挙げると、後半戦だけで6勝を挙げる活躍を見せた。シーズン終了後には日米野球侍ジャパンに選出。


2019年は前年後半戦の活躍を見込まれてなんと開幕投手に抜される。しかし不整脈を発症してしまい4月下旬で戦線離脱。7月下旬に一軍復帰し、28日の横浜DeNA戦ではチームの8連敗を止めるを挙げた。しかしその後は2試合続けて炎上してしまい二軍落ち、そのままシーズンを終えた。

プレースタイル

最速147km/hのストレートに、カットボールチェンジアップカーブを投げるサウスポー。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2017年 中日 18 5 1 0 1 3 0 0 .250 48.2 21 43 17 17 3.14
2018年 20 17 1 1 6 4 0 0 .600 108.2 49 88 52 50 4.14
2019年 8 8 0 0 3 2 0 0 .600 34.2 17 22 23 22 5.71
NPB:3年 46 30 2 1 10 9 0 0 .526 192.0 87 153 92 89 4.17

年度別守備成績

年度 球団 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2017年 中日 投手 18 0 12 0 0 1.000
2018年 20 4 25 1 1 .967
2019年 8 3 2 0 1 1.000
通算 投手 46 7 39 1 2 .979

関連動画


■sm29880100[ニコ動]

■sm34469704[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 19/10/02 01:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ