ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


第三艦橋


ヨミ: ダイサンカンキョウ
掲示板をミル!
115カキコ!

この記事で説明する第三艦橋とは、宇宙戦艦ヤマトの艦体底面にある予備艦のことをす。


概要


第三艦橋、そこには男の夢とロマンが詰まっている。

艦体の底面にあることから、不時着、被弾のたびに幾度となく破壊され、いつの間にか再生していることから、ヤマトトカゲ尻尾不死身の第三艦橋とも言われる。また、発進の際にもアルプス山脈に擦りつけられる等々、常に命の危険にさらされる部署であることから、「第三艦橋勤務にはなりたくない」などのコメント宇宙戦艦ヤマト関連の動画スレにはつけられることが多い。

2009年開のアニメ映画宇宙戦艦ヤマト 復活篇」においても、アクエリアスからの出航において、以前と変わらぬ雄姿を披露している。が、何を思ったかCIC戦闘艦の情報中枢。人間ならにあたる部位のため、まともな設計なら安全な区画に置く。アルカディア号の電算室を思え)を第三艦橋に配置するとは!

ちなみにちゃんと期待に答える大活躍をしてくれる。2つの意味で。
余談だが1994年に発売された復活篇のメイキングビデオヤマトが心の不滅の艦(ふね)-宇宙戦艦ヤマト胎動篇-」では電算室は艦首(自動航法装置室、「ヤマトIII」でハイドロコスモジェンが設置された場所。関連動画参照)に配置されていたのだが…。

2010年開の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」では、浅利陽介演じる航班員の安藤が所属しているが、敵の自爆からヤマトを守るため見事に犠牲となった。安藤自己紹介シーンで、死亡フラグをビンビンに感じたのはもはや言うまでもないだろう。

第三艦橋が予備艦として活躍したのは、ただの一度。宇宙戦艦ヤマト第一作ガミラス冥王星地決戦、反射衛星への対抗策の一環として、船体を反転して潜した際に使われた。

戦略的にはもう不要な部位だが、ヤマトにはなくてはならないもの。それが、第三艦橋である。

以上のような存在であるため、よくパロディーネタとしても使われる。較的有名なものにGAINAXOVAトップをねらえ!」におけるエクセリヲンクルーによる「第三艦橋大破!」の台詞がある。が、そもそもエクセリヲンに第三艦橋在ったの??


『宇宙戦艦ヤマト2199』にて


宇宙戦艦ヤマト2199」第二章では、ついにヤマトの艦底部に武装がついてしまったことが判明。漫画版ではすでにあったらしいが。冥王星の回(第6話)で更なる(まともな意味での)活躍が期待される。なお2199ではCICは堅固な第二艦内部と、常識的な場所に配置されている。
第三艦橋一の見せ場(予定)が気になる人はBD/DVD2巻を買いましょう。

以下第二章のネタバレ見たい方はドラッグ反転させて下さい。 第二章上映終了に伴い反転を解除しました。ネタバレ注意

第3話木星浮遊大陸戦艦ドリフトをやらかし(ただし今回は作戦上の行動ではなく波動エンジン破損による不時着)、変わらずの不運さを見せている。

そして第5話・第6話の冥王星攻略(め二号作戦)では、存在感では第三艦橋の下を行っていた第二艦に出番を奪われるというまさかの非常事態に。この作戦中第一艦クルーコスモゼロで出撃している古代を除き全て第二艦に集まっており、ずっとそこで作戦行動を展開していた。
例によって反射衛星を3発浴びに沈む(このシーン完結編過ぎて笑えない)のだが、ここでひっくり返ったりはせず、浮上する段になってひっくり返る(これが「潜水艦行動」らしい)。 反射衛星上にあることをわかっていてこの行動である。艦底部から発射されたミサイルで反射衛星を破壊し事なきを得たものの、反射衛星の方がかったら第三艦橋がデストローイされていたのは言うまでもない。どうやらヤマトクルーは第三艦橋を破壊したいようだ。相変わらずである。

そして第三章以下のネタバレ見たい方はやはりドラッグ反転させてください。反転解除しました。

劇場販売パンレットの図解によると、2199の第三艦橋は「波動防制御室」と記載されている。つまり第2章第6話で先任伍長たちが、波動防制御盤を管理していたのは…。そして2199ヤマトの最大の防御手段である波動防の命運は、よりにもよって第三艦橋に握られている。
但しオーディオコメンタリーでは「不死身の第三艦橋なので、戦艦ドリフト大丈夫」と言われており、ヤマトの装甲が一番分厚いのは、第三艦橋を含む船底部とも設定されている。なので地球に戻るまで大丈夫…かもしれない。

なお、以上の解釈からすると、冥王星会戦では「第三艦橋や艦底部に反射衛星が直撃しても大丈夫だろう」と判断された可性が高い。扱いの悪さはこれまで以上…かもしれない。

しばらく出番がなかったが、第六章にてついに見せ場がやってきた。例によってネタバレのため文字反転解除しました。

旧作でも非常に有名なシーンであったドメル艦隊との七色団会戦。開幕々第三艦橋横のアンテナに被弾し、案の定波動防を展開できなくなるという最悪の事態に。
その後、ガミラスの猛攻に対しヤマトは始終劣勢を強いられるが、ドリルミサイル(本作での正式名称は特殊削岩弾)の反転沖田艦長の機転によりついに形勢逆転。例によって例のごとく第三艦橋にしがみつかれた挙句ドメル自爆され、第三艦橋の運命はついに尽きたかと思われた…。
…が、大爆発の煙から出てきたヤマトの艦底部には、損傷してはいるものの事にくっついている第三艦橋の姿が!! ギリギリ真田さん榎本帆長らによる波動防修理が間に合い、爆発によるダメージを見事軽減したのである。全の第三艦橋ファンの顔には安堵と少しばかりの物足りなさが浮かんだのは言うまでもない…。


これまでの活躍まとめ



関連動画


第三艦橋ファン聖地

■sm4310159[ニコ動]

復活篇での活躍。
■sm11029913[ニコ動]
■sm17355864[ニコ動]

ゲーム版。原作と異なりβを打ち消しきれず第三艦橋
■sm5578738[ニコ動]

同じくゲーム版より、重な第三艦橋内部。頭だけの哀れなアナライザーを笑いながらどうぞ。
■sm5242955[ニコ動]

ヤマトが心の不滅の艦(ふね)-宇宙戦艦ヤマト胎動篇-」(1994年)収録の復活篇初期設定。
電算室はこの後15年の間になぜか第三艦橋に移動することになる。
■sm7146055[ニコ動]

ついに艦底部にも武装が付いたヤマト
アニメシリーズではもちろん初。さらなる第三艦橋の活躍に期待しよう。
■sm17914963[ニコ動]


関連商品


 ■azB000KCI9LK


関連項目



最終更新日: 16/06/24 18:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ