ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: キン

とは、以下のことを表す。


漢字として


Unicode
U+7B4B
JIS X 0213
1-22-58
部首
画数
12画
Unicode
U+8355
JIS X 0213
1-90-84
JIS X 0212
55-90
部首
艹部
画数
9画
Unicode
U+89D4
JIS X 0213
1-91-90
JIS X 0212
61-20
部首
画数
9画
意味
筋肉の繊維、腱がもともとの意味である。〔説文解字・巻四〕に「なり」、〔釈名〕に「筋、なり。中の、氣の元也」とある。そこから細長く続くものの意味で使われるようになった。
字形
諸説ある。
説文解字〕は「ひ、ひ、ふ。は、物の筋多き者なり」と、で、は筋が多い植物なのでスジを表しているとする。〔六書略〕は、としは筋系であるとしている。白川静は、となっているのは腱の形で、全体が筋肉に連なるところの形であるとしている。
音訓
読みキン音)、コン(音)、訓読みは、すじ。
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
部首
説文解字〕では部首である。筋のほかに䇟、𥭖を収める。䇟は腱の篆文。
・筋々・筋節・筋斗・筋肉・筋

異体字


最終更新日: 12/05/05 09:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社