ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


筋萎縮性側索硬化症


ヨミ: キンイシュクセイソクサクコウカショウ
掲示板をミル!
20カキコ!
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

筋萎縮性側索硬化症、ALSとは、神経病気である。


概要


筋萎縮性側索硬化症。英語ではAmyotrophic(筋萎縮性)Lateral(側索)Screlosis(硬化症)と書き、これらの頭文字をとってALSとも略される。

わたしたちが体を動かそうとするとき、体を動かすための「筋肉」に向かって、から「動け」という命が伝わっている。この命を伝えているのが、「神経」という糸のようなものである。

ALSでは、この「神経」の通りである、背の中にある「側索」という部分がだんだんとダメになって(「硬化」して)しまう。

その結果、からの命が届かなくなった筋肉は動かなくなり、ゆっくりと衰えて(「萎縮」して)いく。


症状


手足のが入らなくなり、物をつかみにくく、立ち上がりにくくなる。喉の筋肉も衰えるのでしゃべりにくくなり、食べ物や飲み物を飲み込みにくくもなる。

病気がさらに進行すると手足を動かせなくなり、しゃべれなくなり、飲み込むことができなくなる。

飲み食いができないままでは生きてゆけないため、そこまで病状が進んだ場合には、に栄養剤を直接流し込む方法によって不足する栄養を補うことになる。

呼吸するための筋肉も弱っていくため、喉の気管にをあけて、呼吸を肩代わりしてくれる機械人工呼吸器」を装着せざるを得なくなることもある。

大半の患者で、意識はほぼ衰えない。筋肉がどんなに衰えていたとしても、しっかりと意識、知、意思、感覚、尊厳は保っている。

病気が進行するとしゃべれなくなり、を動かせなくなるので文字を書いたりすることも難しくなり、コミュニケーションに不都合が生じてくる。ただしを動かす筋肉は残ることが多いので、その場合はの動きでコミュニュケーションをとる。最近では技術の進歩により、の動きを使ってコンピューターを駆使している人も居るという。

「わずかな筋肉の電流、あるいは波でコンピューターを操作する」といった研究も進んでいる。これらの科学技術の進歩により、今後「全に自分の意思を伝えることができなくなる」という状態は避けられるようになっていくと思われる。


原因


現在の所ははっきりした原因が不明で、研究が進められているところである。

大半のケースでは遺伝は関係い。

男性の方がかかりやすいが、女性の患者も居る。

つまり、もがかかる可性がある病気である。


治療法


確立されていない。原因が不明なので、原因をくことができないのである。

数は少ないが、進行を抑制する可性がある剤は存在している。日本では「リルゾール」(先発商品名:リルテック)や「エダボン」(先発商品名:ラジカット)といった剤が治療に使用できる(2019年10月現在)。ただし、全に進行を停止させるものではない。


関連動画



■sm18515391[ニコ動]


関連項目



ニコニコ大百科に記事がある、患者であることを公表した人物



最終更新日: 19/10/11 20:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ