ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


箱根駅伝


ヨミ: ハコネエキデン
掲示板をミル!
225カキコ!

箱根駅伝はこねえきでん)とは、関東地方で行われる大学対抗の駅伝大会である。関東学生陸上競技連盟が催し、読売新聞社が共催。

正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」である。


概要


出雲駅伝、全日大学駅伝と共に、男子大学駅伝の大きな大会であり、その中でも高い認知度と注度を持つ。出雲全日本は日本学生陸上競技連合が催する大会であるのに対し、箱根下部組織の関東学連が催するローカル大会である点に違いがある。

1月の2日、3日に行われる大会ということもあり正月の名物となっており、サッポロビールをはじめ多数の企業スポンサーに就き、毎年TV中継を行う日本テレビにとっては新番組のドル箱コンテンツ

現在ルールでは、往路は東京都大手町の読売新聞本社前を午前8時スタートし、鶴見戸塚平塚小田原の各中継所で襷をつなぎ箱根ゴールする。復路はから、大手町のゴールすのである。
なお、往路の鶴見戸塚中継所と復路のスタートは10分、その他の中継所では先頭から20分経過すると繰り上げスタートとなり、特に復路の戸塚鶴見中継所では繰り上げスタートに関わるドラマが展開される事が多い(繰り上げスタートの場合は運営側が用意した繰り上げ襷となるが、往路の小田原中継所と復路の鶴見中継所のみ各大学デザインの予備襷が使用される)。

第1回は、1920年2月14日に開催された。優勝校は東京高等師範学校(後の東京教育大学筑波大学)である


出場条件


出場条件は以下のようになっている。


コース



往路(1月2日)



復路(1月3日)



金栗四三杯


80回大会より設けられた賞。各大会で最も優秀な記録を残した選手が受賞の対となる。
なお第83回のみ二人同時受賞となっている。

受賞者 所属チーム 区間 備考
80 鐘ケ江幸治 日本学連選抜 5区 区間賞。見たの順位で9人抜き。なお出身は筑波大学
第81回 今井正人 順天堂大学 5区 区間新。驚異の11人抜き。
82 今井正人 順天堂大学 5区 区間賞。5区逆転で往路優勝に貢献。
83 佐藤 東海大学 1区 区間新。13年ぶりに区間記録を更新。後続を4分ちぎる。
今井正人 順天堂大学 5区 区間新。昨年同様に5区逆転往路優勝。
84 中央学院大学 9区 区間新。復路2位・総合3位に貢献。
85 柏原竜二 東洋大学 5区 区間新。5分弱の差をひっくり返して往路逆転優勝。
第86回 柏原竜二 東洋大学 5区 区間新。4分半の差をひっくり返して往路逆転優勝。
87 村澤明伸 東海大学 2区 区間賞。2区では日本人初の2年生66分台。
88 柏原竜二 東洋大学 5区 区間新。4年連続区間賞で有終の美を飾る。
89 服部 日本体育大学 5区 区間賞。30年ぶりの優勝に貢献。
90 大津 東洋大学 10区 区間賞。独走ながら区間新に迫り優勝にを添える。
91 神野大地 青山学院大学 5区 区間賞。柏原タイムを上回る走りで初優勝に貢献。
92 久保田 青山学院大学 1区 区間賞。1度もトップを譲らない全優勝の立役者
93 秋山清仁 日本体育大学 6区 区間新。2年連続区間新をマーク。復路3位・総合7位に貢献。
94 奎介 青山学院大学 7区 区間新。6年ぶりに区間記録を更新。総合優勝を決定付けた。
95 小松 東海大学 8区 区間新。22年ぶりの更新東海大初の総合優勝に貢献。

テレビ中継


テレビ中継が開始されたのは意外と遅く、1979年(第55回)からである。
当初はテレビ東京テレビ中継を放送。しかし、往路・復路共にダイジェスト版での録画放送(ゴール手前5kmのみ生中継)で、両日共に放送時間が1時間という非常に規模の小さい不全な放送であった。
スタジオダイジェスト映像を見ながらアナウンサーと解説者が進行していくというスタイルであり、時にはCMが明けたのにもかかわらずアナウンサーと解説者が机の上においてあった飲み物入りのコップをおもむろに片付けてから番組を再開するなど、現在の緊感のある中継からは想像もつかない雑な扱いをされていた。

しかし、こんな中継でも1月2日・3日のという、特にぼしい番組が放送されていない時間帯で放送されていたこともあって、最高13.4という好視聴率を獲得。そこで、箱根駅伝開始当初から協していた報知新聞社やその親会社の読売新聞社と同じ系列である日本テレビが本格的に中継番組を製作することとなった。

1987年(第63回)から放送が日本テレビに移り、この際に日本テレビ系列ネットでの生中継が始まる。しかし日本テレビでも当初は全中継ではなく、1988年(第64回)まで途中で別番組が挿入されるという不全な放送であった。1989年(第65回)からようやく全区間全生中継となり、現在に至っている。関東ではコンスタントに視聴率25以上を稼ぎ出すが、前述したように関東大学しか出られないということもあってか、関西地区での視聴率は15ほどとなっている。

地方によっては放送日程や放送体制にがあるというところもあったが、2006年以降は宮崎県(復路のみほぼ全中継)・大分県(ただし福岡県熊本県TVが映るため視聴可)・沖縄県を除いて全において前番組も含めてフルネット放送になった。また2017年より宮崎県フルネット放送になったほか、スカパー日テレジータスでも「箱根駅伝G+完全版」として後日にノーカットで放送されるようになっている。

ちなみにラジオではNHK第一、文化放送ラジオ日本がそれぞれ独自に中継を行っている。


駅伝大会中継の増加


日本テレビが本格的に箱根駅伝の中継を始めて成功を収め、お正月キラーコンテンツにまで成長させたことは競合他局にも刺を与えた。

テレビ朝日メ~テレとの共同制作全日大学駅伝対校選手権大会(通称:全日大学駅伝)を1988年より全生中継の大番組に格上げ。TBS群馬テレビの特別協を得て全日本実業団対抗駅伝競走大会(通称:ニューイヤー駅伝)を1988年より元日の開催に変更させて全生中継を開始。フジテレビ島根県出雲市が誘致した出雲全日大学選抜駅伝競走(通称:出雲駅伝)を1989年の第1回より全生中継を行っている。
全日大学駅伝出雲駅伝、ニューイヤー駅伝のいずれの大会も現在スタイルになったのが1988年1989年であり、1987年日本テレビでの生中継を始めた箱根駅伝の成功に乗っかる形で自社の駅伝中継コンテンツを作ったのがうかがえる。


第83回大会までのテレビ中継のエンディング曲「I must Go!」


2007年の第83回大会までのテレビ中継で使用されていたエンディング曲「I must Go!」は、お正月気分を吹き飛ばす鬱曲として有名である。


■sm873998[ニコ動]

この曲を歌っているのはトミーヤングTommie Young)という人であり、この曲はもともと1978年映画「A Woman Called Moses」の挿入歌として作られたものである。

鬱曲などと言われながらも、この曲が不採用となった2008年以降、「この曲を聴かないと正月が終わった気がしない」「日テレ空気読めよ」「箱根駅伝と言えばこの曲サッポロビールの変なCMだろ」などと、不採用となったことを惜しむも多く、今も箱根駅伝のイメージと強く結びついた楽曲であるといえる。

85回大会のエンディングをこの曲に変更!
■sm5739399[ニコ動]

ちなみに、日本テレビでの箱根駅伝中継がスタートした1987年からこの曲はエンディング曲に採用されているが、この年にはもうすでにレコード盤となっており、箱根駅伝以外での日本でのこの曲の知名度は、ほとんどゼロである。

そんな、この楽曲を採用した経緯に関しては、関係者が降臨しているこのブログ「箱根駅伝とトミー・ヤング」[外部]がちょっと参考になる。


運営管理車


運営管理とは、各大学監督が乗するで、そこから示を送る事も出来る。

2003年までは三菱自動車提供していたが、リコール隠しなどの影で撤退。
2004年から本田技研工業提供した。その際、燃料電池走行試験実施の為、大会本部車両としてFCXとその後継のFCXクラリティを投入し、勾配走破性や低温始動性などの性を確認した。その後2011年からはトヨタ自動車提供2011年プリウスプラグインハイブリッド2012年プリウスα)。トヨタホンダハイブリッドカーPR合戦にまで発展している。


関連動画


■sm1945497[ニコ動]
■sm6414284[ニコ動]
■sm5739831[ニコ動]
■sm16583824[ニコ動]


関連商品


■azB0006D3GPC
■az4789732258
■az4583615078
■az4796666974


次へ»
最終更新日: 19/01/04 15:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ