ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


紅蜘蛛篇


ヨミ: ベニグモヘン

紅蜘蛛篇地雷亜篇)とは、漫画銀魂』における長編エピソードの名称である。
なお、テレビアニメでは「月詠篇」として扱われている。


概要


銀魂』は基本的にギャグメインで1~3話完結の短編が中心の漫画だが、時折シリアスな長編が描かれる。 その長編の1つが、原作第二五十四訓から第二六十二訓までって描かれた、この「紅蜘蛛篇」である。
なお、2014年10月発売の公式ガイブック銀魂くんのあゆみ』においては、「地雷亜篇」と表記された。
吉原炎上篇」の後日談でもある。

日輪からの呼び出しで久々吉原にやってきた万事屋
吉原炎上篇」以降、万事屋によって解放された一方で、仙という巨大な抑止を失った吉原では、さまざまな犯罪が横行していた。
そうした中、1番問題視されてる非合法物の売買の取引を仕切っている男を捕まえてほしいと依頼される。

そこで男の手掛かりを得ようと、坂田銀時月詠諸悪の根源と噂される蜘蛛党に潜入。
しかし、そこに現れたのは死んだはずの月詠のかつての師匠地雷亜だった。
彼の月詠に対する非な所行に昂する銀時だったが……

なお、月詠地雷亜の過去や師関係だけではなく、銀時過去吉田陽との師関係が少し明らかになる。


テレビアニメにおける「紅蜘蛛篇(月詠篇)」


テレビアニメでは「月詠篇」として2009年10月中に放映。
177話~第181が「月詠篇」にあたり、全5話となった。

基本的に原作に忠実にアニメ化
一部に原作では描かれなかったシーンカットが盛り込まれている。

なお、山場の第180話には特に印的な作画の特徴がある。

1点は、第180話の銀時過去回想および戦闘クライマックスに、陰影の濃いモノクロ作画で視覚的なインパクトのあるシーンを放送された点がある。
モノクロ作画コントラストが強い分デッサンの狂いなどが立つため、作画スタッフ量を試された印的な良作画となり、銀時吉田陽の出会いも明かされたとあってファンの間でも評価が高い。

2点は、同じく第180話の銀時地雷亜戦で、この回の作画監督は『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』と同じせいか、戦闘の動きをこと細やかに描き、しかも残像の残るエフェクトをかけるなど、大変な作画の手間と枚数が使われていると予想される。
ただでさえ予算不足と揶揄されるアニメ銀魂』だけあって、ファンの間では予算と作画スタッフの労苦を心配するが数多く、「予算を心配されるアニメ」回の代表例でもある。

銀時の新たな過去の衝撃および作画の壮絶さのおかげか、『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ開特集の一番くじ連動キャンペーンとしてアニメ銀魂』セレクション企画が行われた際、この第180話は投票結果ベスト5の内の第1位を取得してバンダイチャンネルにて公式配信された。

アニメでは『人気投票篇』への連続の長編ではあるが、ともに特殊エンディングが存在している。

直前の第176話が「カウントダウン開始」となっており、サブタイトルのどこかにアニメ第1期終了のカウントダウンが開始されている。


関連動画



■sm8588441[ニコ動]

■sm8594123[ニコ動]
■sm9592908[ニコ動]
■sm9592908[ニコ動]


関連商品


銀魂関連商品一覧を参照。


関連コミュニティ


■co1405


関連項目


長編一覧
原作掲載順
星海坊主篇 - 紅桜篇 - 柳生篇 - 芙蓉篇 - 真選組動乱篇 - 夏休み特別篇 - モンハン - 幽霊旅館篇
 - 吉原炎上篇 - 寺門通OFC篇 - たまクエスト篇 - 紅蜘蛛篇地雷亜篇) - 人気投票篇 - かぶき町野良猫篇
 - 陰陽師篇 - かぶき町四天王篇 - 蓮蓬篇 - バラガキ篇 - 金魂篇 - 一国傾城篇 - ビームサーベ流篇
 - エクスカリバー - 男女逆転篇 - HDZ48 - 死神篇 - 入れ替わり篇 - 染香 - 将軍暗殺篇
 - さらば真選組篇 - 決戦 - ノ魂篇
アニメ放送順  ※( )内は原作での長編名
星海坊主篇 - 紅桜篇 - 芙蓉篇 - 柳生篇 - 真選組動乱篇 - 竜宮篇夏休み特別篇
 - モンキーハンターモンハン) - スタンド温泉篇幽霊旅館篇) - 吉原炎上篇 - トッシー篇寺門通OFC篇
 - たまクエスト篇 - 月詠篇(紅蜘蛛篇) - 人気投票篇 - かぶき町野良猫篇 - 陰陽師篇 - かぶき町四天王篇
 - 蓮蓬篇 - バラガキ篇 - 金魂篇 - 一国傾城篇 - 恒道館篇ビームサーベ流篇) - 性転換篇男女逆転篇
 - 死神篇 - 入れ替わり篇 - 将軍暗殺篇 - さらば真選組篇

最終更新日: 16/09/26 23:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ