ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


紙幣


ヨミ: シヘイ
掲示板をミル!
35カキコ!

[画像][外部]

 
紙幣
とは、でできた通貨のことである。「(さつ)」「お札(おさつ)」ともいう。

日本に出回っている紙幣の正式名称は日本銀行券で、「日本銀行の発行する銀行券」という意味である。
 


名称


一般的に、紙幣という言葉は、でできた通貨すべてを示す(辞書1[外部]辞書2[外部])。

日本法律では、紙幣というのは政府が発行する政府紙幣のみを示し、銀行が発行する銀行券と区別している。刑法第2編第16章(通貨偽造の罪)[外部]では、「紙幣または銀行券」としっかり区別している。通貨法第2条第3項[外部]日銀法第46条[外部]で、日本に流通するでできた通貨日本銀行の発行する銀行券(日本銀行券)と表現されている。
 


概要



性質


紙幣は、硬貨とべて軽くて運搬しやすく、財布スーツケースなど重ねた状態での収納に適する。また、面積も硬貨より大きいため、立ちやすく紛失しにくい。ただし、に弱く、破損もしやすい上、の強いところでは紛失のリスクが高い。
  


デザイン


紙幣には、基本的に、そのに関係する偉人が描かれることが多い。例えばアメリカの1ドル札には初代大統領ジョージ・ワシントンが描かれている(画像[外部])。世界中の紙幣の中の7割が、人物の表情を紙幣に描き入れている。その理由の1つは、人間の顔に対する識別の高さにあるとされている。人間は、人の顔つきの微妙な違いや、わずかな表情の変化もしっかりと認識することができるので、紙幣に人物の表情を入れると偽札防止の役に立つ、というman@bow お金の歴史雑学コラム[外部]

なお、ブラジルレアル画像[外部])のアマゾン流域野生動物や、ジンバブエ・ドル画像[外部])のバランシングロック画像[外部])など、によってはそのシンボルである動物・物・風景メインで描かれていることもある。国立印刷局がこの資料[外部]でまとめている。

統合通貨ユーロには、を描いたデザインが多い(資料[外部])。ユーロ加盟が多いという現実と、ある英雄は他のにとっての宿敵であることが多いという現実に従い、人物画を採用することを避けることにした。との架けになるべき、という願いを込めて、デザインしたman@bow 「ユーロ」のひみつを探る![外部]
 


その他


世界で最初の紙幣は代の中国で流通した「交子(こうし)」(画像[外部])である。もともとは重かった銭の代わりとして一部地域の民間で流通し始めたものだったが、後に官製で作られるようになった。

紙幣のコピーは、偽造防止のため、各法律で禁止されていることが多い。偽造対策として、多くのの紙幣ではの厚さを変えて「透かし」を入れていることが多い。ほかにもホログラム紫外線インク、ユーリオンスキャナやコピー機などが判別できる独自の模様のこと。偽造防止に役立つなどがある。隠し文字も使われることがあり、日本の紙幣の場合はよく見ると「NIPPON GINKO」や「ニ」「ホ」「ン」などが細かい字で書かれている(動画[動])。

紙幣を印刷物に掲載するとき、紙幣を示す印刷部分に「見本」と書き入れたり、い斜線を二本入れたりすることが多い(画像[外部])。偽造を忌避する世の中の潮を維持するため、財務省がそのように導している紙幣や硬貨の写真やイラストを印刷物に使ってもいいですか に対する財務省の答え[外部]

紙幣を破いてしまった場合、日本銀行では3分の2以上が残っている場合は全額、5分の2~3分の2が残っている場合は半額が交換できる。

ちなみに自動販売機や券売機などの機械に紙幣を入れる際、きれいにして入れないと戻ってきてしまう。また、機械によっては大量の紙幣を出す際に1枚ずつしか出さず、時間がかかってしまうこともある。

たびたびハイパーインフレ徴として山積みの紙幣が写真に撮られることがある。有名な例はドイツヴァイマル共和マルク画像[外部])、ジンバブエ・ドル画像[外部])、ベネズエラのボリバル・ソベラノ(画像[外部])など。子どもが紙幣をおもちゃのように扱っているも見られる。

マンガでは、紙幣を乱暴に扱う表現を描写することで、読者のもったいない精を揺さぶり、読者を作品世界に引き込むという技法を取ることがある。北斗の拳では、ヒャッハーの歓を上げるモヒカンたちが「ケツをふく紙にもなりゃしねぇ[外部]」と言い放って札束を捨てているし、どうだ明るくなったろう。の風刺画では、紙幣に火を付けて暗くて靴が見えない時の明かり代わりにしている(画像[外部])。
 


日本の紙幣


鎌倉時代にはでできた宋銭が全的に流通するようになった。しだいに、商人たちは大量の宋銭を運搬するのを嫌がるようになり、割符(さいふ)というものを発行するようになった。「これを○以降に持参していただければ、銭十貫文を約束通りに支払います」などと書いてあり、まるっきりの手形だった。これは、一種の紙幣だったとされる。こうした割符は、江戸時代まで商人たちの間で使われ続けた。

江戸時代において、地方や旗本領では、札や旗本札の形で紙幣を発行していた。しかし、中央政府は、江戸時代の終わりまで一貫して紙幣を発行せず、金・銀といった金属でできた貨幣のみを発行していた。
 


政府紙幣


日本の中央政府が発行した最初の紙幣は明治政府太政官札(だじょうかんさつ)[外部]である。シンプル文字で構成されていた。

その後民部省札[外部]などの紙幣が官民問わず多種類発行され混乱を極めたが、1872年に明治通宝[外部]ドイツの印刷所で刷られ、発行される。明治通宝には鳳凰デザインされていた。ただし明治通宝は損傷しやすく、偽造も容易であったため、イタリア人のお雇い外国人、エドアルド・キヨッソーネにデザインしてもらった日本初の肖像画入りの紙幣である改造紙幣[外部]1881年に作られた。このときは1円5円10円皇后デザインされていたが、3世紀ごろの伝説上の人物に当然肖像が残っているはずもなく、キヨッソーネが想像で描いてしまったためか、顔立ちが割と外国人である
 


国立銀行紙幣


1873年に政府示で国立銀行によって発行された紙幣。大日本帝国政府が発行した上記の政府紙幣たちとは異なる系譜にある。初期の兌換紙幣塊と交換可)と後期の不換紙幣塊と交換不可能)がある。

兌換紙幣には以下のものが描かれていた。いずれも肖像画ではなく、風景画である。

 
不換紙幣には以下のものが描かれていた。

  


日本銀行券


戦前

1882年の日本銀行の設立に伴い、上記の政府紙幣国立銀行紙幣に代わるものとして、日本銀行券が発行される。1886年の最初の紙幣は大黒札[外部]と呼ばれる。打ち出の小槌をふるって財物をもたらすデザインされていたためである。しかし丈夫にするためこんにゃく粉を混ぜてしまった結果、ネズミに食べられてしまう被害が多かったため、1890~91年には「改造」が発行された。


1890~91年の改造券に描かれている人物は、以下の通りとなっている。基本的には、この4人が描かれた紙幣が、1945年第二次世界大戦終戦まで使われ続けた。

 
1899~1900年発行の紙幣には以下のものが描かれている。また、これより後の紙幣には「甲」「」「」…記号が振られている。

1910年には、乙5円[外部]菅原道真北野神社)が発行された。


1915~1917年発行の紙幣には以下のものが描かれている。


次へ»
最終更新日: 20/05/29 23:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ