ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


綾瀬はるか


ヨミ: アヤセハルカ
掲示板をミル!
50カキコ!

綾瀬はるかあやせ はるか)は日本女優歌手グラビアアイドルである。


概要


2000年に第25ホリプロタレントスカトキャラバンで審員特別賞を受賞し芸界入り。しばらくはグラビアアイドルとしての活動がメインであったが、2004年ドラマ版「世界の中心で、をさけぶ」のヒロインに抜されたのを気に女優として評価を高めていく。その後は多くの映画ドラマなどで活躍しているほか、2006年には小林武史プロデュースの楽曲「ピリオド」で歌手デビューも果たした。

2013年には「八重の桜」でNHK大河ドラマ初出演及び演。同年にはNHK紅白歌合戦会を務めた(後述)。2016年2018年にはNHK大河ファンタジー精霊の守り人」でも演を務めている。


アホの子女優


女優として数々の賞を受賞したり、癒し系と言われたり、CMに出演したりと飛ぶを落とす勢いで日々活躍を続ける彼女であるが、性格は一言でいえば爛漫アホの子である。ネットに掲載されているエピソードをここで紹介したい。

なお、本人は天然ではない」と言っている。しかし、彼女にかかれば全て癒し…もしくは萌えになってしまう不思議。


脚注


※1 ベンガルは本名を「柳原」と言い、純日本人である。「ベンガルの虎」と言う舞台からの由来である。
※2 ジーコはあだ名であり、本名は「アルトゥール・アントゥネスコインブラ
※3 「ハッピーフライト」はANA舞台なので言ってみれば「敵にを送られる」ようなもの。


2013年 第64回NHK紅白歌合戦 紅組司会


2013年12月31日に放送されたNHK紅白歌合戦会を務めた。

会への抜は、綾瀬がその年に放送された大河ドラマ八重の桜」で主人公新島八重を演じたことから。それ以前の紅白を見ても、2010年は「ゲゲゲの女房」でヒロインを演じた松下奈緒2011年は「おひさま」の井上央、2012年は「梅ちゃん先生」の堀北真希会を務めている。いずれもの連ドラヒロインを演じた女優であり、大河の主人公を勤めた綾瀬が抜されること自体は当然であろう。

だが、如何せん綾瀬はるかである。長丁場の生放送で「綾瀬事に務められるかどうか・・・」という不安の会発表時から巷で聞かれた。ちなみに同年上期のの連ドラあまちゃん」のヒロインである能年玲奈もかなりの天然であり、こちらはこちらで会を任せるには不安はある。つまり各々のドラマヒロインが決まった時点でNHKは詰んでた。


司会・綾瀬はるかの前評判


綾瀬はるかが会を務めるのはこれが初めてではない。2011年の第53ブルーリボン賞(映画の方)で会を務めたのだ。綾瀬は前年の第52ブルーリボン女優賞を獲得していた事から、慣例として第53回の会を務める事になった。

ブルーリボン賞授賞式の前日、会・綾瀬はるかに大きな不安を抱いていた人物がいた。第53女優賞を獲得した寺島しのぶである。彼女映画ハッピーフライト」で綾瀬と共演しており、その天然ボケぶりを肌身で良く知る人物の一人である。寺島は授賞の記者会見で前日の事を思い出し、次のようにっている。

昨日は眠れなくて、どうしてだろうと思ったら、綾瀬さんのことが心配だったんですよ。[脚注][外部]

その心配は現実のものとなった。

しかしブルーリボン賞は日本映画界では権威ある賞とは言え、授賞式は和やかな雰囲気もあり、またテレビ中継されるものでもない。その点では天然ボケは(多分)大した問題ではなく、むしろ綾瀬天然ボケも和やかな雰囲気を作るのに役立ったと言えなくもい。

だが紅白歌合戦は、繰り返すが生放送される長丁場のテレビ番組である。日本国全員が、寺島しのぶのような気持ちで綾瀬会を見守る事になったのだ。


NHKの対応


NHKは番組を滞らせることなく、また綾瀬事に会を務めてもらうために、次のような対応を取った。

この鉄壁の布により、綾瀬を支える事にしたのだ。


炸裂する天然ボケ


しかしやはり天然ボケは炸裂した。

ゲストで来ていた「今でしょ!」の林修先生は、綾瀬会を褒めながらも「ドキドキしています」とコメントしていた。


「花は咲く」を歌う


花は咲く」は、東日本大震災の復応援するNHKチャリティーソングである。綾瀬は中盤、紅白舞台で他の出演者のバックコーラスでこの歌を披露した。

歌に先だって一本のVTRが流れた。原発事故の避難区域である大熊町から会津若松へ疎開している中学生のもとを綾瀬が訪れ、インタビューを行ったもの。「八重の桜」も福島(会津)が舞台であることから、綾瀬は以前にも福島を取材などで訪れている。今回めて福島を訪れた綾瀬は、故郷を離れた避難生活を続けながらも、将来の希望を持つ少年少女らと触れ合った。

VTR終了後、歌の前に綾瀬からのメッセージが伝えられた。その時に思いがこみ上げたのか、涙を流して言葉を詰まらせる様子も見られた(というかVTR明けの時点で既に泣いてた)。だが観客からの援もあってメッセージを伝え切り、澄んだ歌を観客と視聴者に届けた。


落ち着いてきた終盤


そんな綾瀬もだんだん慣れてきたのか、終盤の会ぶりは概ね落ち着いていた。VTRや中継映像に見とれ、カメラが切り替わった事に気づかないような場面もあったが、(それほどには)トチることなく最後まで会をやり遂げた。


まとめ


事前の心配が現実化したところはあったものの、綾瀬はるかの会は良かったのではないだろうか。何度も紅白を見てきた視聴者でも、こんなに会者を応援した事は皆ないはずだし、その点で言えば重な経験だったと言える。 いや。もしかするとあれは綾瀬はるかではなく魔法変身したひみつのアッコちゃんだったのかもしれない。

なんだかんだ言って、綾瀬はるかは可愛い


主な出演作品



映画



テレビドラマ



次へ»
最終更新日: 19/05/08 06:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ