ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


綾瀬市


ヨミ: アヤセシ

綾瀬市とは、神奈川県のほぼ中央部に位置するである。足立区綾瀬ではない。


概要


人口約8万人、面積22km2の北東部に米海軍厚木基地が広がる。1978年制施行し、既に40年近くが経過しているのだが、未だに神奈川県で最も新しい「」の座を保持し続けている(※2017年現在)。西は海老名市、東は大和市、南は藤沢市と隣接する。北は海老名市大和市が半々で、座間市とはギリギリ接していない。

最大の特徴はがないこと。というか東海道新幹線が通過している以外は線路すら通っていない。自バスへの依存が大きく、住民は隣町のから通勤通学している。

東名高速道路も通っているが、渋滞で有名な綾瀬バス停があるのみ。ここには近年、スマートICを建設する計画が進められている。

の木はヤマモミジ。バラはカワセミ

余談ながら神奈川県の中では一、明治以来一度も合併・分立などを行っていない。


土地


全域が相模野台地にあり南北の高低差はゆるやか。ここに北から南へ・蓼の3本のなすように流れているのが地名の由来。

台地は非常にはけが良く、稲作ができる沿いの土地は非常に限られている。このため高座の養ブロッコリーの栽培が盛ん。工業団地も複数広がる。

第二次大戦の際には東京横須賀にほど近く広い台地というのが着され、帝国海軍により厚木飛行場が開設された(一部は大和市厚木市には全く被っていないのに何故厚木の名が付けられたのかは永遠のである)。戦後米軍に接収され、米海軍厚木基地となった。現在海上自衛隊も使用している。横須賀空母艦載部隊の拠点である。

基地の騒音問題はたびたび話題となり、デモや裁判が行われたりしている一方で、騒音対策によって内の小中学校はすべて二重&冷暖房備だったりする。大和市との界付近は滑走路のの前を県道45号線が通っており、離発着訓練を至近距離で眺めることが可

後述する鉄道の関係上、北部・西部・南東部がくから地として発展しており、の中央に行くほど何もないという時代が長かった。役所の周りもかつては一面養豚場という有様だったが、近年は商業施設や住宅街も増えてきた。

役所近くにある公園は、源平合戦期に佐々木一族を助けた渋谷の館跡。重の子孫は薩摩に移り、その末裔に東郷平八郎元帥がいる。


交通


内にはないが、近隣には多くのが存在し、それらと中央部を結ぶバス網が数多く設けられている。

から離れた南西部・工場・が多く、人口密度は低め。

海老名駅~綾瀬市役所、相鉄綾瀬庫~相模大塚駅、さがみ野~長後といったバスルート。ほかコミュニティバスや循環バスもある。南北を貫くさがみ野~長後ルートはかなり慢性的に渋滞気味。

東の大和市とは界線こそ長く接しているのだが、厚木基地とその離着陸用の間が広がっている関係で、北端の相模大塚駅近辺以外の移動ルートがかなり制限されてしまっている。


出身者・舞台など



関連コミュニティ


■co1196


関連項目



最終更新日: 17/11/04 18:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ