ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


緑川光


ヨミ: ミドリカワヒカル
掲示板をミル!
738カキコ!

緑川光とは、青二プロダクション所属の声優である。


概要


1968年5月2日生まれ。栃木県大田原町出身。
小学校時代に「機動戦士ガンダム」を見て、声優へのを志す。1988年に「キテレツ大百科」で声優としてデビュー

端正なをしており、クールビューティーな青年を演じることが多い。しかし、マトモキャラでも、彼がを当てたことでネタキャラに変貌してしまう。また、カマキャラを演じた時に役があまりにもブレないために共演者に引かれたこともあるとか。
ラジオでは妙なキャラクターになることも日常茶飯事である。

自身が演じたキャラクターには着が深い。特に、後述の『スーパーロボット大戦シリーズに登場するヒイロとその搭乗MSウイングガンダムガンダムエピオンなど)や、マサキとその乗機(サイバスター)などを溺愛している。
また「自分のガンダム」への着が強く、役が決まったとき「自分のガンプラ」が出ることを何よりも楽しみにしていた。
しかしその反面、PSゲームゼノギアス』の主人公であり、同じように人型機動兵器パイロットであるはずのフェイのことは人に言われるまで忘れ去っていたらしい。
緑川光本人によると、『ゼノギアス』は台詞収録量が非常に少なく、イベントファン突然フェイと名前だけ言われても、すぐには思い出すことができなかっただけだとのこと。

よく「グリーンリバーライト」「リョクセンコウ」などと言われる。これを受けて、動画では略して「グリリバ」などと呼ばれることも多い。これらに付いては、過去の出演作「南国少年パプワくん」の作者柴田亜美にそう名乗ったのを柴田亜美漫画勇者への』で広めたのが切っ掛け(作中での本人く「前者は中学英語先生後者おじいちゃんから付けられたアダ名」だという)。

仕事は断らない、選ばない事で有名。
どんな小さな仕事でも、大きな仕事でも必要とされているからには何でもやるとの事。

2008年8月3日現在、一番乗りたいロボットトールギス
好きな音楽は「ニトロプラス系」。ニトロプラスゲームにも出演している。


緑川光とゲーム


電撃プレイステーション』でコラム「ターゲットロックオン!!」を連載中。

また、彼は声優界有数のゲーマーとして知られる。ラグナロクオンラインのやりこみ度は「廃人クラスである。
そのやりこみっぷりは「転生」と呼ばれるシステム実装前にレベルを最大まで上げたうえに、
2011年現在経験値効率の1/10以下の頃、具体的にいえば時給1M出すのすら装備が整っている必要があった)
当時刊行されていた双葉社の『オンラインゲームすごい攻略やってます。』のラグナロクオンラインの記事に丸々1ページ彼専用のコラムまで持っていた程である。

スーパーロボット大戦シリーズでも「置鮎龍太郎SFC版の第3次と第4次を貸して布教」「子安武人と発売前日にサターン版Fを電気屋で探す」「出演していないタイトルでも、稲田徹と共にテストプレイをしてスペシャルサンクスクレジット」などなかなかの廃人っぷりである。なお、ユニットの性戦闘アニメーション、及び参戦作品に緑川光が圧をかけたという噂に関しては「一声優にそんな権限いから!」と必死グリリバの存在を否定している。みんな信じてやれよ。

尚、2スーパーロボット大戦破界篇を6日でクリアし、ヒイロの撃墜数は413であった。

ラスボスであるマスターリオン役ので出演する『機神咆吼デモンベイン』(PC版:『斬魔大聖デモンベイン』)を、1日もく『スーパーロボット大戦』に参戦させることを切に願っていた。
・・・そしてその願いは、2013年3月14日発売予定のスーパーロボット大戦UX3DS)で遂に成就する事となる。

おいでよ どうぶつの森」では、『るかわ』『ヒイロ』『マサキ』等、自分がを当てたキャラクターの名前を4人、村民としてプレーしている。

冒頭でも触れている『ラグナロクオンライン』のドラマCDでは「ヒカル」というRO廃人の緑川光そのものの役を演じた。


主な出演作品



アニメ



ゲーム



特撮



次へ»
最終更新日: 19/02/28 19:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ