ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


緑色の野球帽


ヨミ: ミドリイロノヤキュウボウ

緑色の野球帽とは、ゲームぼくのなつやすみ4』に出てくるれんさい小説である。


概要


ぼくのなつやすみ4小学校のグラウンドにある野球バックネットを調べると読める全六章からなる小説

本編には一切関係のない、唐突に出てくるホラー要素であり多くのプレイヤーゲーム実況者とその視聴者恐怖と困惑がない混じった感情にさせた。

内容は野球好き少年みちお君とボールが転がった先にある400年にもなる欅の木との会話をとしているのだが・・・読み終えた間今何のゲームプレイしているか分からなくなるほど背筋が寒くなること請け合い。


全文



みちお君は野球が大好きでいつもお気に入りの緑色の野球帽をかぶって野原野球をしています
ある日、彼が転がったボールを追ってしげみの中へ入っていくと
大きな木のあたりからグーグーと、いびきが聞こえました…

あれ、なんだろう?
不思議に思ったみちお君がそっと木のみきにを近づけると
いきなりさっきのいびきなんかよりはるかに大きな大きなが高い木の上の方から野原いっぱいに、
ひびきました

こら、おれのおなかの中の音を聞こうとしている失礼なヤツはいったいぜんたいなんだ!
おどろいたみちお君は飛び上がって、木のえだに頭をぶつけます
はみちお、お おじさんはだあれ?

はこのにもう四○○年も住んでいるケヤキの木だぞ
もんくがあるか?
ごらんのようなおいぼれだけど最近どうもひざのあたりがかゆくてかゆくてしょうがない
こらぼうず、そのの前にある木のうろに
おまえの両手をつっ込んで中の様子をみてくれないか?

みちる君がおそるおそる木のうろに手を入れてみると
そこにはみちお君がさがしていた野球ボールがありました
あ、おじさんこれボクボールだよー
なんだと、お前がこのふきげんイライラの原因なのかー
おこったケヤキの木はその大きな木のうろを広げて
あっという間にみちお君をぱっくりすっかり飲み込んでしまいました…

しばらく後のことですが
あのケヤキの木は切られて材木になりました
小学校のグラウンドに作られたバックフェンスの材料になったのです
みちお君の友達は口をそろえてこう言います
このフェンスの緑色はあの日をにいなくなったみちおの帽子の色なんだ


関連動画



■sm30469430[ニコ動]

■sm7931293[ニコ動]
■sm37341277[ニコ動]


関連静画


■im2434942(静画)
■im1497594(静画)


関連商品


■azB00509CJVY
■azB08F58VM82


関連項目



最終更新日: 20/08/19 23:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ