ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


緒形拳


ヨミ: オガタケン
掲示板をミル!
4カキコ!

緒形拳おがたけん)とは、日本俳優1937年7月20日2008年10月5日)である。本名は緒形明伸。


概要


元々芸名は「おがたこぶし」と読む。師匠である北条秀の夫人(劇作家)が、怪ばかりする緒形の身を案じて「芸名をつけよう」と提案。「手の大きさがコンプレックスだ」とった所、いろいろアイデアを授かった中で生まれたものが「こぶし」だった。しかし、皆が「ケンさん」と読むのでそちらが定着してしまう。ちなみに本人はそのことを「不本意」としており、「『おがたけん』は通り名、本当は今でも『おがたこぶし』です」とのこと。

1958年に新劇に入団、その約二年後に舞台『遠い一つの』で主人公役に抜。同年に作品は映画化され、同役を緒形が演じ映画デビューを果たした。劇団員時代は大河ドラマに二作品連続で出演(太記、源義経)するという快挙も成し遂げている。

劇退団後はテレビドラマ映画俳優メインとしていくようになり、必殺仕掛人などを始めとしてさらに知名度をあげていく。90年代以降はその渋みのある容貌で老練した役もこなすようになり、後輩俳優にも慕われる存在となった。
ちなみに息子の緒形幹太、緒形直人もこの付近(88年~89年)から俳優として活動を始めている。 

ますます盛んな活躍が期待されたが、晩年は肝硬変からくる肝に悩まされ、2008年10月5日に同病によって死去。津川雅彦は、危篤に陥った緒形を見舞ったが、その時の緒形は危篤の人間とは思えないパワフルさを見せており、「の身体が治ったら焼きのうなぎを食いに行こう!」と明るくったという。

昔からバラエティ番組出演を敬遠しており、ほぼ全ての仕事を断っていた。しかし、トリビアの泉だけは緒形自身が大好きだったため、オファーされた時はしく快諾したとのこと。前述の芸名の件や後述のドラえもん好きはこの時にったもので、硬俳優とは思えない姿を見せ、番組の趣旨にも忠実に従っていた。

ドラえもん好きであることでも知られる。映画を見に行こうとした所、上映までまだ時間があり、暇を潰そうとして生まれて初めて入ったゲームセンタードラえもんぬいぐるみと出会い、一惚れしたことがキッカケ。
初めてのゲームセンターUFOキャッチャーでいきなり大量のぬいぐるみを手に入れたものの、預けられるところがなかったため、ぬいぐるみを抱えたまま映画を見たらしい。
ちなみに緒形が好きなのはキャラクター造形としてのドラえもんであり、ドラえもん過去の設定、の存在などは一切知らず、あまり興味もなかったそうだ。 


関連動画



■sm10325348[ニコ動]

■sm5917674[ニコ動]


関連商品


■azB00008CH22
■azB001GUY98C


関連項目



最終更新日: 14/06/18 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ