ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


缶コーヒー


ヨミ: カンコーヒー
掲示板をミル!
40カキコ!

缶コーヒーとは、缶に入ったコーヒー飲料のこと。


概要


缶コーヒーの一例:マックスコーヒー日本の清飲料全体の中でも3割のシェアを誇る定番商品。
自販機130円)、コンビニ126円)での販売が流で、スーパーなどでは100円未満で売られていることが多い。また数十本詰め込んだ売りもされている。

飲料のほとんどがペットボトルとなった現在でも、コーヒー飲料だけは缶が圧倒的に流。これは高温・高圧での殺菌を行うことが食品衛生法で定められているため、それに耐えるスチール缶の利用が多い、というのが理由であるらしい。まあ缶コーヒーって色的に中身の見えるペットボトルだとあんまり美味しそうに見えないしね。

いつでもどこでも飲める手軽さから、仕事中、作業中や休憩時間に飲するヘビユーザー男性に多い。
お気に入りのブランドがある、新製品が出ているととりあえず買ってしまうという人は多いだろう。
レギュラーコーヒーべれば味や味に劣るのは否めないが、缶コーヒー飲者はレギュラーコーヒーとは別物と割り切ってお気に入りの一本を探すのを楽しんでいる。

しかし一方で、その多くが、コーラスポーツ飲料並みの大量の砂糖を含んでいるという点には留意しておかなくてはいけない(標準的な缶コーヒー1本あたり12g前後、マックスコーヒー250ml缶1缶だけで推定24g弱もの糖分が含まれている)。なお標準的な缶コーヒー(ショート缶)の量はかつては190g缶が流であったが、2013年頃から5g減らした185g缶が流となっている(減量の理由は原料のコーヒー豆の価格高騰や消費税増税の影と言われているが、定かではない)。

毎日飲んでいれば、糖尿病をはじめとする様々な疾病のリスクが跳ね上がって行く飲料である。
全く飲まないようにとまではいかずとも、お茶などもそれなりに飲む習慣をつけたり、いわゆる「糖」を飲むようにした方が安心ではある。まして糖尿病患者は絶対に手を出してはいけない。 

近年では大手メーカーを中心に微糖(概ね100mlあたり糖類2.5g以下)・低糖タイプ(同2.5g~5g以下、ただしメーカーにより異なる場合あり)の商品を増やしている傾向にある。また、栄養成分表示を見ることでどの缶コーヒーがどれだけ糖分を含んでいるかを確認することができるので、商品を手にとった際にはできるだけを通しておくようにしよう。
余談であるが、よく微糖タイプの缶コーヒーに「糖類50%オフ」といった表記がされている商品があるが、栄養成分表示を見るときっちり7.5g/100mlの半分ではない商品が多い(実際は概ね60%前後カットされている商品が多い)。これについて某メーカーに問い合わせたところ、「糖類50%以上75%未満カットであれば一50%オフと表記することが出来る」との回答であった。細かい表示をする割に、立つ部分では意外と大雑把なものである。

どうしても甘みが欲しい場合は前述の「微糖タイプを選択する手もあるが、前述のとおり微糖といえども通常の缶コーヒーの3分の1程度の糖分185g缶1本につき3~4g)が入っていることに注意する必要がある。それだけでなく、合成甘味料を使用しているためどうしてもケミカルな味が立ってしまうといった欠点もある。当然、合成甘味料のみ使用のタイプコーヒーだと糖分の心配はいが、よりケミカルな甘さが立ってしまう点に留意する必要がある。


主な缶コーヒーブランド



大手メーカー



大手異業種系等


な販売者が異業種系の企業、または大手企業であるが缶コーヒーのシェアが小さい企業


中堅メーカー


地域密着企業が多い。

など。


関連動画



■sm2361071[ニコ動]

■sm1243871[ニコ動]


関連商品


■azB0012Z1OU2
■azB0013B09XI
■azB003PRWFGW
■azB00170JWGK
■azB001SESCBG


関連項目



最終更新日: 16/10/30 23:16
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ