ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


美味しんぼ


ヨミ: オイシンボ
掲示板をミル!
1537カキコ!
お知らせ

この記事を書いたのは誰だ

[画像を見る]
[画像を見る]

美味しんぼ』(おいしんぼ)とは、1983年から現在まで続く食をテーマにした漫画アニメドラマである。漫画作者は雁屋哲(原作)、アキラ作画)のコンビである。

本記事は、漫画およびそのアニメ版を中心に説明する。


概要


東西新聞社に勤める山岡士郎栗田ゆう子の2人が「究極のメニュー」を追いめて奮闘し、時には「至高のメニュー」を掲げる士郎海原雄山対決する。

東西新聞社創立100周年事業として社大原が「究極のメニュー」の企画を提唱、文化部の社員全員に担当者を決めるための味覚試験を実施する。この試験に合格したのが士郎ゆう子の2人だった。後に販売部数首位を争う都新聞社が海原雄山を迎えて「至高のメニュー企画を開始。週刊タイムを立会人とした対決が度々行われることとなった。なお、東西新聞は朝日新聞が、都新聞は読売新聞モデルとなっており、連載30周年となる2013年にはリアル美味しんぼ企画として両対決企画が行われた。なお東西新聞本社はセキュリティが非常に甘く、社外の人間が然と文化部のオフィスまでやってくる。

主人公士郎である海原雄山は、士郎と長期に渡り確執の関係をとっていた。初期では厳格かつ時折見せるマジキチ部分もあったが徐々に関係が和らぎ、それが文字通り正しいツンデレの姿となったと言われている。雄山ニコニコ動画に限らず、本作一の人気キャラクターである。

グルメ漫画ブームの中心の一つとなった作品であり、単行本100巻をす長期連載となっている。

普通料理漫画と言えば主人公料理をする漫画だったがこの漫画主人公料理するのみならず、美味しい料理を食べる・追求するだけという新たな手法を導入し、それまでのグルメ漫画常識を破った。アニメ実写ドラマなど何度も作られ一時代を築いた。反面、マジメかと思いきやギャグのような展開も出て来る為、漫画アニメなどでパロディネタにされやすい(特に究極と至高の流れあたりが顕著)。

その一方で栄養学・衛生学・その他の学問の科学的見解から見れば誤った描写が散見される点は注意が必要である。後の項で述べるが、作中での扱いに対して関連団体などから編集部に苦情が入ったことも複数回あり、かつては作中においてあのマイクロソフトWindows95コケにして、マイクロソフト激怒広告を引き上げる事態になった事もある(作者マッキントッシュ)。

また、作品内やブログで披露されている作者政治歴史認識については、中国韓国に肩入れする内容が多く、異論・異説が唱えられている説を作中で史実として言及することがある。ただし、反日活動、あるいはそれに類する活動なら何でも賛成かというとそういうわけでもなく、捕鯨に反対する団体を批判的に描いたこともある。

そして、東日本大震災福島第一原発事故を元に話を描いた所、その内容があまりに酷かった事を受けて、出版社であるスピリッツに多方面から批判が殺到し、一時休載されている。

タイトルの美味しんぼは作者雁屋哲と当時の編集が作った造である。企画当初タイトルに案が浮かばなかった雁屋はタイトルを編集に付けさせようとしたが、上がってきた案にも納得がいかず結局自分で考えることになる。そこで、美味と食いしん坊を組み合わせて「美味しいものだけを食べたがる食いしん坊」という意味の「美味しん坊」を提案したところ、最後の坊が言葉的に重いので「美味しんぼ」にしてはどうかという編集の再提案を受けて決定している。

また文庫版1巻のあとがきで雁屋がったところによると、毎回作画咲に送っている原稿は1回分の適量と言われる分の3倍以上になっているという。漫画で吹き出しや台詞が多くを占める事態になってしまうことがあるのはこれが原因。本人も自分の言いたいことだけ書いて作画丸投げするのは職業作家としてあるまじきことだと反省しており、完成した漫画を見て毎度学習はするものの適量に原稿を抑えることはできないらしい。


作中解釈の問題点


作者の取材、知識不足により、明らかな間違いが描写されることがあり、たびたび専門から批判摘を受けている。

以下に一例を挙げる。

食に蜂蜜を与える
児がハチミツを摂取すると児ボツリヌス症を引き起こす危険があり、厚生省は「与えてはいけない」と通達している。命にも関わるためか、このエピソードは単行本には収録されなかった。
ホタルイカを生食する
作中にホタルイカを生食するという描写があるが、食中毒を起こす危険性があり、生食は控えるべきである。
性物質の量を問題とせず、ただ単に発性のある・なしで物事をっている表記が多い。実際には全ての食べ物は多量に摂取すると発性があると考えて問題ない。
野菜が農を使用した野菜よりも安全で味もいい」と作中で言われている。美味しんぼの偏見の中では知名度があるためか、漫画『コンシェルジュ』にて美味しんぼを皮ったエピソードが登場し、植物害虫から身を守るために自身で農を生成する。野菜天然は農使用のものよりもべ物にならないほど多い。という描写がなされた。しかし数値的にはどちらも取るに足らないレベルであり、農野菜だけを攻撃するのはお門違いである。野菜にはが起こると、猛カビが発生する。この事実も作品では全く視されており、農の危険だけを謳っている。
作中では「も食べない野菜が旨いわけがない!」とられているが、人間は全く違う生き物である。また野菜の栄養が減ったのは農のせいだと全く根拠のないナンセンス理論を展開している。さらに作者は農除草剤を別けて呼んでいる。もちろん除草剤は農の一種である。
添加物の
とある回で添加物の亜硝を危険だと表現されているが、野菜などから摂取された硝は消化の過程で亜硝に変化する。これは科学的な事実であり、添加物の量とは較にならないほど大量に摂取することになる。動物実験ではアミンと反応し、発性物質であるニトロソアミンを生成することが分かっているが、人体実験では確が得られておらず、危険性はないとJECFAが見解を出している。
これに限らず、美味しんぼ作中では何かと食品添加物批判がなされることがある。
キュウリ
「本物のキュウリは曲がって育つものだが、見たのために理やりまっすぐに伸ばしている。これではおいしいはずがない。曲がったキュウリこそホンモノだ」というナンセンス理論を展開しているが、そもそも品種良をしていないきゅうりの原種は不味くて食えたものではない
放射能の影鼻血
山岡達が福島原子力発電所を見学して鼻血を出す、カラダがダルくなるなるなどの症状を訴えるが、政府の見解によると原発事故により放出された放射線物質に起因する直接的な健康被害が確認された例はない
そもそも、鼻血が出るほどの危険性があるなら山岡たちは既に死んでいるはずである。
鼻血問題について解説している動画

■sm23546599[ニコ動]

■sm23504464[ニコ動]

主な登場人物



次へ»
最終更新日: 21/01/14 17:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ