ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


羽黒(艦これ)


ヨミ: ハグロ
掲示板をミル!
269カキコ!
■im3301135(静画)

「し…官さん?ごめんなさい!」

羽黒(はぐろ)とは、日本帝国海軍が保有していた妙高重巡洋艦の4番艦「羽黒」をモデルにした艦隊これくしょん~艦これ~キャラクターである。 
CV.種田梨沙) 


私なんて…概要を紹介していただかなくても…


スレンダーな身体にセミロングボブ髪型、いつもが八の字の気弱な女性

飾りは、カタパルトモチーフにしたものと絵師からの発言がある。

特徴的なのは「ごめんなさい」が口癖なほどに引っ込み思案である点。
戦士としての誇りに燃え、自立心のある艦娘達の中で非常にしい。
縮こまった立ち絵といい、いわゆる「いじめられっ子オーラ」が強い。
その分、心優しく謙虚で、提督護欲あるいは嗜虐心をかりたてる。

戦闘時の台詞も独特。
「~してください」という言い回しから、艦の乗組員の存在を意識させ、チーム戦を盛り上げる。
時に強気の台詞も有り、艦隊の殿を買って出ようとするあたりに、秘めた強さが垣間見える(史実ネタ)。

多くの提督に直撃弾を食らわせたのが中破以上のダメージグラフィック
詳細は是非にしてもらいたいので伏せるが、艦娘の中で「一番恥ずかしがっている」絶妙の表情。
『寝室や湯屋仕立ての提督室にした上で、中破以上の羽黒秘書にすると雰囲気が出る』という下衆い遊びも流行った。

…と、そんなこんなで既に100種類を数える艦娘において数多くの少数属性を満艦載している。
そのため、意外にも多くの提督からその魅が認められている。

スペックとしては他の妙高姉妹とほぼ同じくバランスであるが、重巡カテゴリでは他のよりよい艦も沢山あり、特に高雄は最終的には上位互換となりえるのだが、採用する提督の多さがその人気左といえる。


ほ、他の人を改二にしてあげて


■im4270576(静画)

官さん?大丈夫!行けます!」

2014年5月中旬。イベントの余韻もようやく冷めてきたころ、運営ツイッターにて、このようなツイートをした。

五月は約70年前のあの戦い、最後の水上戦闘艦同士の戦が行われた。落日の連合艦隊、奮戦した姉妹の末っ子が僚艦を守って沈んでいきました。』

元々、艦これ改二実装するときは、その艦に由来する日付を用いることが多かった。そしてこのキーワードから、もはや想定される艦娘は一人しかいなかった。

そして2014年5月23日アップデート実装されたのは、大方の予想通り、69年前の1945年5月16日第二次世界大戦最後の水上戦闘であるペナン戦で、奮戦しつつ、僚艦「」を守っての底へと沈んでいった、妙高重巡洋艦姉妹の末っ子「羽黒」の改二であった。改造レベル65である。

羽黒改二

装は従来のと形はあまり変わらないが、襟や裾にラインがはいった。色も暗いから明るいになったが、発色の違いレベルかもしれない。
装は直接身につけていた以前と違い、大のアームで右三門左二門のを保持するようになり、両手がいた。(教師っぽいという評価がよく聞かれる。)

しかし話題になったのはその表情。おどおどしていた以前と違って、笑みを浮かべてこちらを見る羽黒に、「可愛いけど、何かが物足りない」と思った提督達は、表情をアップにしてまた驚かされることになった。

さて、これまでの重巡改二といえば衣笠改二だったが、こちらは元々のステータスが一回り低かったところを標準クラスまで向上させた感があった。そのため、この羽黒改二が、今後の重巡改二モデルケースになるのでは、と期待されていた。
蓋を開けてみると、火力撃・回避で重巡では、飛び抜けて、とまではいかないもののトップ、そして幸運艦とはいえ最後の最後で沈んでしまった、という点を評価してか、運は19と「微妙に高い」数値となっている。もう少し運があっても良かったとは思うが・・・。
なお、少し前に実装された利根姉妹改二(こちらは航空巡洋艦だが)と較しても、当然航空やそれに付随する索敵では劣るが、本来の重巡の見せ場といえる火力撃はこちらが上回っている。
これまで重巡と言えば高雄姉妹利根姉妹に隠れてしまいがちだった妙高姉妹だったが、羽黒改二はそれまでの序列を覆すに足る性だといえよう。

改造した時に、20.3cm(2号)連装を2つと22水上電探を持ってきてくれる。20.3cm(2号)連装は、同日のアップデートで追加された装備で、妙高姉妹を筆頭とした重巡古鷹摩耶鳥海など)を改二にする事で入手が可になっている。
(計画では20.3cm(3号)連装を積むというものもあったらしい。それについては、高雄も同様だったらしいので高雄改二に期待すべきだろう。)


あの…史実が…


三菱船長崎造船所(現・三菱重工長崎造船所)にて建造され、1929年(昭和4年)4月25日工した。
艦名は山形県鶴岡にある羽黒山に由来する。 

特徴として、それまで英国式だった内装を日本式に設え直している。(通信設備の関係上でお偉いさんなどが乗ることもなく、居住性も良かったため、兵にも人気だった。なお足柄の出来事から、英国からすれば、まだ居住性は良くなかったらしい。)

また、幾度もの装を経て、高や機魚雷発射管といった兵装の換装や増設、艦構造の正、航空設備の拡充や船体へのバルジ装着など、当時の現代的な軍艦としてのモデルとなる装備に拡充された艦でもある。 

太平洋戦争において、第2艦隊の第5戦隊に所属し、日本海軍最初の組織的戦であるスラバヤ戦から日本海軍最後の戦のペナン戦まで戦い抜いている。他にも珊瑚戦、ミッドウェー海戦、第2次ソロモン戦などに参戦している。

緒戦であるスラバヤ戦では、イギリス巡洋艦エクセター」に直撃弾を与えている。(この一発着した戦況を打開した。ちなみに羽黒が沈めたエクセターの乗員を助けたのはあのと電である。)

ブーゲンビル艦戦では、妙高とともに出撃。艦隊に対して16000mの距離からの照明弾を使用。このとき形が乱れ、妙高初風と衝突するなど混乱が起きた。それらを見て羽黒妙高になるために前進している。 戦の後ラバウルに帰還した際に襲に見舞われたが、ほとんど被害かった。そのあとはラバウルから佐世保に帰投している。

マリア戦では、大鳳の直衛艦を務めるが、大鳳が敵潜水艦魚雷により沈。一時的に揮艦となり、大鳳に乗船していた官や参謀長を瑞鶴に移している。また飛鷹の最期も見届けている。(瑞鶴に移乗させた理由は通信機の関係である。)

レイテ沖海戦では、栗田艦隊として参戦。シブヤンで熾な対戦闘を強いられ、サマール戦では全軍の先頭で敵軍に突撃、他の重巡たちが被弾し、落していく中、利根金剛とともに敵の護衛空母駆逐艦を撃沈させている。この時に第2爆弾を落とされ、中破している。それでも戦闘力を保持し、羽黒の第五戦隊部は利根とともに統制撃を行うため更に突撃しようとしたが、大和の艦隊部から攻撃中止の命を受けて念の反転を余儀なくされた。この戦中、羽黒金剛による鳥海への誤射撃したとされる。

レイテ沖海戦の後はまともに修理装、補給もできず、足柄などと輸送任務に従事することが多くなった。(同艦の妙高もいたが、台としての役割しかなかった。)

1945年昭和20年5月15日、陸軍の要請により、アンダマン諸への輸送任務に駆逐艦」とともに出撃。
 同16日にペナンにて、イギリスの艦隊に発見され、っ先にイギリス駆逐艦に先制弾を浴びせるものの、撃により損傷。機動を失った。また甲に積んでいた燃料入りのドラム缶炎上し、全に標的となり、敵艦からの容赦のない撃が続いた。この状況を見て、「羽黒」は「」の離脱を優先すべく囮となり、3本の魚雷を被弾した末に船首部分からペナンで沈没した。(ボイスはこれに由来している)

現在は、ペナン深66mのところに羽黒の残骸があり、2003年まで発見されることがかったが、2005年に日英合同で、羽黒の乗員への慰霊祭が行われた。

2019年(令和元年)7月17日、26中期防計画平成28年度計画イージス護衛艦28DDG)としてジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で建造・進したまや型護衛艦2番艦が「はぐろ」と命名された。就役は令和3年3月の予定である。


幸運艦…って、あの、報告が…


羽黒は、あまり知られてないが日本重巡中でも足柄青葉らとトップを争うほどの歴戦の武勲艦であり、雪風瑞鶴などには及ばないが幸運艦の一隻でもある。その中でもいくつかのエピソードを紹介しておく。

・佐世保での修理の際に実弾を10発受けていることが判明、そのうち3発は爆発すれば致命的なものだったがすべて不発だった。また佐世保で修理を受けるためにラバウルを出港した翌日、羽黒のいた港が大襲に遭い、残っていた艦が大損を受けている。それ以降も襲を察知し、移動をして、襲を逃れている。

潜水艦からの魚雷で避けられないと思われた1発が、運よく面に浮上し避けられた。(ただしその魚雷は、後続の摩耶に命中、摩耶沈している。) また飛行機からも航空魚雷を打ち込まれたが、今度は深く入ったため、艦の下を通過している。

レイテ沖海戦にて、妙高とともに西村艦隊に編入される予定だったが、当日になって予定が変更され、栗田艦隊に編入されている。(代わりに西村艦隊に入れられた最上は突入時に沈している。)

・敵艦載機に見つかり、襲を受けたときにたまたまスコールがあったため、その中に入り、難を逃れている。さらにそのスコール羽黒の進む方向に進んでいたためしばらくの間隠れることができた。(これを機に、乗員の間で「幸運の艦羽黒」が合言葉となり、そう呼ばれるようになる。)

・第2爆弾を受けたときに、注が遅れ、陸奥の二の舞になるところだったが、一人の若い兵が第2に注を行い、事なきを得た。

・ペナン戦にて、退艦命が出ていたがそれを拒否した者がいた。また火災や停電により、動きのとれない状態において人力で高を動かし、沈む間まで高からの射撃が続いていたという。それをみた「」の乗員は『阿修羅の如き』と評し、その奮闘ぶりはイギリス側からも評価された。しかし、羽黒は約20kmの距離から敵艦を捕捉していたにも関らず、官・艦長ともに仮眠中で報告はされず時間だけが過ぎ、官と艦長が艦に上がってきた時には約8kmまで接近を許し、戦闘を開始した時には5kmまで薄されるなど、羽黒部の伝達・判断ミスが敗因の戦でもあった

など多くのエピソードを持っている彼女である。羽黒に関する手記がいくつか残っているので、一度読んでみることをお勧めする。(筆者もソース探しに読んでいる。)
なお、晩年は初期~中期の幸運がの様に酷い戦場・戦況に飲み込まれて逝くが、上記史実や外部Wikiなどに詳しい内容があるので、そちらを参照してもらってもよいだろう。


こっ、この関連動画、よ、よかったら、受け取ってくださいっ!



■sm32940571[ニコ動]


関連静画って…ああっ!?だめ…見ないで…見ないでぇぇぇぇ!!


■im3263918(静画)
■im3444978(静画)
■im3318416(静画)
■im3357332(静画)
■im3804220(静画)
■im3615127(静画)

■im3087150(静画)
艦これ静画の中で一番最初の艦これ静画です。


改二の静画だって・・・支えて見せます!


■im4031249(静画)
■im4028817(静画)
■im4024566(静画)
■im7742455(静画)


あ…関連商品が届いたって…


■azB001TP5BWM
■azB00KR63T3W


あの、すみません…それは何か新しい関連コミュニティなのでしょうか…


■co2078192


関連項目の仲間達の背中は私が守ります!



次へ»
最終更新日: 19/07/17 17:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ