ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


耳をすませば


ヨミ: ミミヲスマセバ
掲示板をミル!
243カキコ!

title

耳をすませば』とは、あおい漫画作品、およびそれを原作としたスタジオジブリ製作劇場アニメ作品である。

アニメ映画版は1995年監督は故・近藤喜文、脚本・絵コンテ宮崎駿により制作され、特に女性を中心に人気を博した。


読もう!あらすじを理解するのだ!


読書が大好きな中学3年生の女の子月島
ある日、自分が図書館で借りている本の貸し出しカードにいつも同じ人物の名前があることに気づく。その名はが何者なのか気になるだが、同級生であるということ以外はわからずじまいであった。

そんなある日、図書館の帰りに一匹のを見つける。興味本位でを追いかけてみると、古めかしいアンティークショップにたどり着いた。店の老人と仲良くなり通うようになったは、あるとき店の前で一人の少年と出会う。彼こそがであった。


コンクリート・ロードカントリー・ロード


劇中で使用された曲「カントリー・ロード」はこれ以前から有名な曲であったが、この映画によってより知られるようになった。

元は「Take Me Home, Country Roads」という曲で、1971年に発売され、ビルボードで全2位の大ヒットとなったものであり、映画に出てくるのはこれの和訳曲である。詳しくは該当記事を参照にしてほしい。


ネット界隈では


大学上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら中学時代の後悔に襲われた 
開始から僅か1分のカントリーロード喪男から涙を流して倒れていた
人生がぐにゃりとしたので卒業アルバムをめくってみると片思いだった人が写っていた 
教室で片思いの人に告白して振られた、というか振られた後から女子全員に嫌がらせされる 
中学時代が全に否定され、喪住人も「一般人も」死にたくなった
奇跡だ」から「大好きだ」までの10分の間にに襲われた。
視聴者の1/3が青春未経験者。しかも年を取れば安全という都市伝説から「20代ほど危ない」
「そんな危険なわけがない」といって見てしまった視聴者が放送後死にそうになって戻ってきた
「何も思い出がなければになるわけがない」と初めて見てしまった視聴者が夢と希望を盗まれ廃人で戻ってきた
放送終了から2時間はに襲われる確率150%。一度襲われてまた襲われる確率50%の意味
日本テレビにおける「耳をすませば」放送による自殺者は1120人、うち約20人が喪住人。

そのあまりに爽やかすぎる青春ストーリーは、学生時代に思い出したい過去を持っていない人間にとっては器以外の何者でもなく、金曜ロードショーなどで再放送されるたびにに襲われる人が後を絶たない。2ch実況はさながら阿鼻叫喚地獄と化す。あいつら、中学生なんだぜ・・・?


近藤喜文監督について


本作の監督近藤喜文は本作が初監督作品にして、遺作となっている。

元々、宮崎駿の後継者をされていた彼であったが、本作開のわずか2年後に解離性大動脈瘤にて倒れ、翌年1月に47歳の若さで亡くなってしまった。

頻繁にテレビ放送はされる本作であるが、監督である近藤に触れていることはほとんどいため、もし時間があれば彼のジブリにおける足跡仕事を調べてみると面いだろう。

宮崎監督ファンタジックな物語を得意とするのに対し、近藤監督は本作のような日常の現代劇を得意としていたようで、特に戦争時代を描いた名作火垂るの墓』の日常描写は近藤の絵によるものが大きい。次回作があったとすれば『の瞳』のような日常の不条理を題材とした作品を構想していたらしい。

近藤監督の急逝により、ジブリは後継者が不在となり、2000年細田守を『ハウルの動く城』の監督として迎え入れるも頓挫、細田ジブリに居つくことなく独立したため2013年現在宮崎駿高畑勲監督が現役として監督業を続ける直接的な原因となった。


キャスト


時子役だった本名陽子高橋一生が、後にそれぞれ声優俳優として大成したのはご存じの通り。高橋はこのアフレコを取り終わった直後に変声期を迎えたため、収録時期が少しでもずれていたらは全く違うものになっていたと言われている。


スタッフ


オープニングテーマ

Take Me Home, Country Roads
作詞ジョン・デンバー、ビル・ダニフ、タッフィー・ナイバー
歌:オリビアニュートンジョン

エンディングテーマ

カントリーロード
日本語訳詞:鈴木麻実子
作詞宮崎駿
編曲野見祐二
歌:本名陽子

あなたはさっきの関連動画くん?



■sm1616495[ニコ動]

■sm2401950[ニコ動]
■sm5910969[ニコ動]
■sm427569[ニコ動]
■1373522205[ニコ動]


関連生放送


lv142132574 lv286929772

2013年テレビ放送に合わせて、役の本名陽子ゲストに招いて、オーディオコメンタリー的に行った生放送。 その際に本名が『もし続編があればは別れているだろう』と発言し、物議を醸した。 

なお、本名は3年前の2010年にも自らUstreamコメンタリー的生放送を行っており(アーカイブ[外部])、その時の視聴世界一叩き出している。 


2017年1月27日にて先の生放送の時と同じく、ゲストに本名を交えて生で「耳をすませば」をみる生放送が行われ、ここで生放送中に本名が第二子の報告を、視聴者や自身のブログ生放送中にも拘らず更新して報告した。


関連商品、大好きだー!!


■azB00005R5J9
■az4086183382
■az4198614636
■az4198603472


俺、関連コミュニティ入ったらあの歌で頑張るからな!


■co2160


好きな関連項目ができました



最終更新日: 17/03/21 18:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ