ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: ケン

とは、賢の初文である。


漢字として


Unicode
U+81E4
JIS X 0213
2-85-55
JIS X 0212
54-65
部首
臣部
画数
8画
意味
  1. (賢と通じて)賢い
  2. (堅と通じて)堅い
説文解字・巻三〕に「堅なり」と、堅いの意味で、「みて鏗鏘(コウソウ)の鏗の若くす」とコウと読むとある。一方で〔説文〕は「古文、以て賢の字を爲す」と、賢の古文としていて、の碑にもを賢の意味で使う例がある。堅・賢どちらの意味でも使われていのだろう。
字形
諸説ある。
説文〕にはの形とある。臣+の会意説もある。臣は人の形で、又は右手形。白川静は、手で瞳を突き破る形であって、そのようにしてに仕えさせたもののことし、賢の初文とした。甲文には、又が瞳の部分に突き刺さっているものもある。
音訓
読みは1.の場合、ケン音)、2.の場合、カン音)、コウ訓読みは、かしこい、かたい。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第四準。JIS X 0212補助漢字
部首
説文解字〕では部首部を作る。のほかに緊、堅、を収める。
符に持つ漢字には堅、婜、菣、掔、腎、㹂、緊、賢、䁂、、鋻、𧼒などがある。

最終更新日: 13/06/18 20:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社