ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


臥薪嘗胆


ヨミ: ガシンショウタン
掲示板をミル!
10カキコ!

臥薪嘗胆とは、

1.復讐の為に苦労に耐える事。また、リベンジ辱を果たす為屈辱を忘れず努することや長い時間を耐える様。後述の故事による。「6回落ちたが臥薪嘗胆の末に法書士試験に合格した」「彼は大学入試阪大に落ちたが、4年間の臥薪嘗胆の末大学院京大に入った」「25年の臥薪嘗胆の後広島カープ優勝した」

2.(恒心教)成人しても親のすねをかじり親の護の元で甘やかされていること。また、余計、用な努をする様。恒心教に関連する人物に5年半親のすねをってダラダラしていた疑惑のある人物と東大生なのに予備試験や東大院へ行かずに高い学費を払ってランクが下の大学院へ行った人物がいることから。「臥薪嘗胆民」「ネット見てシコるだけの半ひきこもり状態の臥薪嘗胆の日々」


概要


春秋戦国時代、越というというがあり宿敵同士であった。紀元前6世紀末、の王は越との戦いの傷が元で死に、死ぬ際に息子の夫差にを討つことを死亡した。そこで夫差は自分のが越に殺されたこととその復讐を忘れない為に

中、出入使人呼「夫差忘越人之殺邪。」

も夕も悔しさを忘れないよう寝にくいで寝て、出入りする者には「夫差は越人がを殺したのを忘れたのか?」とあいさつのごとく言わせた)

これがのほうである。(す)

その後と越は再び戦い今度はが勝った。越王の勾践は捕まって夫差に命乞いをする羽になった(これが会稽の恥の故事)が、の宰相に賄賂を贈ってなんとか命だけは助かった。助かった勾践はこの屈辱を忘れない為

懸胆坐、即仰胆、 「女、忘会稽之恥邪。」

(肝を架けて、寝る前や起きる時にめて苦い思いをし、会稽の恥を忘れるなと言い聞かせた)

これが胆である。(肝をめる)

その後と越は再び戦い今度は越が勝った。夫差は「子胥(自分の為に尽くしてくれた部下)に会わせる顔がねぇ」と言って自害した。

・・・という故事に由来する。

 日本では三干渉(日清戦争の結果清から割譲された領土の一部をドイツロシアフランスの三ロシアを中心として領土を返還するよう干渉してきた事件)の際、干渉を受け入れて領土を返さざるを得なかった悔しさから、中心となったロシアに対していつか倒してやるということでこの四字熟語スローガンに頑ろうという動きがあった。10年後、日本日露戦争で見事辱を果たすことになる。


関連動画



■sm28774537[ニコ動]

■sm26589541[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 16/09/19 22:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ