ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


自作パソコン


ヨミ: ジサクパソコン
掲示板をミル!
301カキコ!

[画像を見る]

自作パソコンとは、必要なパーツを購入して自分で組み立てたパソコンのことである。

基本的にIBM PC/AT互換機のことをす。タグに「自作PC」。

概要

メーカーパソコンと区別するために呼ばれる。自作といっても当然パーツまで自分で作るわけではない。知人などに作ってもらった場合は他作パソコン希望するパーツ企業側に要して作ってもらうものはBTO(Built To Order)と呼ばれる。また、半完成品であるベアボーンキットを組み立てたものも広義の自作PCと言えるだろう。

日本での普及の始まりはWindows3.0/3.1/95の時代といわれる。Windowsの普及とともに当時割高だったNEC PC-98シリーズ等の内製PCにこだわる必要がなくなったため、一部のユーザPC/AT互換機(DOS/Vマシン)を自作しはじめ(当時はメーカー機で40万円、同等スペック自作機で30万円といった具合で、自作機が圧倒的に安上がりだった)、価格とカスタマイズ自由度の高さから徐々に浸透していった。

現在ではメーカーPCの価格低下に伴い、価格的なアドバンテージはほぼくなったが、自分の好みやニーズに最適のPCを作れる手段として相変わらず好者は多い。また、ショップブランドPCなどのBTO機にパーツの追加・入れ替えをしているうちに事実上自作PCと変わらなくなることもしばしばある。

組み立て自体は規格化されたスロットやコネクタを差し込んだり、各パーツをビス等で固定するだけ(ケースによってはパーツ固定のためのビスすら不要)でよく、ハンダ付けなどの技術は必要ない。よく「ガンプラの素組みよりも簡単」とも言われる。
最近では自作のハウツーを解説する本や雑誌が販売されているので、初心者でも組み立てることは可だろう。ニコニコ動画でも組み立て方を解説する動画があるので参考にするとよい。
近年は少なくなったが、パーツの組み合わせによっては動作が不安定になるケースもある(相性問題)ため、評価をネット事前に収集しておくべきであろう。

組み立てるだけですんなり動いてしまえば万々歳だが、そういうケースは稀である。あらかじめ必要な設定やドライバインストールが施されたメーカーPCとは違い、各パーツドライバを一つ一つ組み込む必要があるためである。またBIOSファムウェアの設定も、デフォルトでは互換性を重視した設定になっている事がほとんどで、各パーツの性を引き出すためにはそれなりの知識が必要である(HDDの場合、IDE互換モードからAHCIネイティブモードに変更することで、ランダムアクセス40増加したという例もある)。もっとも、こういった試行錯誤や情報収集も自作醍醐味とする意見もある。

不具合の際は組み立てミスなのか設定ミスなのか、はたまた相性問題なのか 初期不良なのか、これらを的確に判断するトラブルシューティングが要される。まったくの自作未経験であれば、経験者の判断を仰ぐのは非常に有効だろう。

メリット

既製品(メーカーPC)と較すると、以下のようなメリットが存在する。

一方で以下のようなデメリットも存在する。

構成パーツ

個別記事も参照のこと


必要最低限の物



次へ»
最終更新日: 19/02/23 12:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ