ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


艦娘たちの戦後


ヨミ: カンムスタチノセンゴ
掲示板をミル!
174カキコ!

 浮揚状態で終戦を迎えた艦艇

 長門 葛城 鳳翔 隼鷹 龍鳳
 妙高 高雄 北上 酒匂 鹿島
 雪風  潮  春風
 伊58 伊401 14 呂500 まるゆ
 占守 後 択捉
 プリンツ・オイゲンドイツ軍)
 リットリオイタリア軍)
 アイオワ サラトガアメリカ海軍
 ウォースパイトイギリス海軍
 コマンダン・テストフランス軍)
 ガングート(ソビエト軍)

[画像を見る] 大破着底状態で終戦を迎えた艦艇

 榛名 伊勢 日向 天城
 利根 青葉 大淀
 初霜
 ( 明石 木曾  菊月 伊良湖 秋津洲 早霜 神威

[画像を見る] 未成状態で終戦を迎えた艦艇

 グラーフ・ツェッペリンドイツ軍)
 アクィライタリア軍)

[画像を見る] 関連動画
[画像を見る] 関連静画
[画像を見る] 関連商品
[画像を見る] 関連項目
[画像を見る] (参考)終戦時作戦行動可能艦

■im3579971(静画)

 「艦娘たちの戦後」とは、艦隊これくしょん~艦これ~キャラクターを使って、太平洋戦争第二次世界大戦終戦後の軍艦艇の様子を描いた作品に使用されているタグである。(→pixiv「或る夏の記憶」)[外部]

 太平洋戦争開戦時に約250隻を保有、戦時に約400隻を建造した日本海軍が、終戦時に保有していたのは約170隻。このうち、作戦行動が可駆逐艦以上の水上艦は40隻程度、潜水艦60隻程度と、事実膚なきまでに叩き潰されたと言っても過言ではない状態だった。

 『艦これ』には2016年1月現在、給糧艦「間宮」「伊良湖」と工作艦「明石」、練習艦「香取」、陸軍系、海外艦を含めて167名の艦娘が登録されているが、このうち昭和20年8月15日を浮揚状態で迎えたのは19名(「まるゆ」こと「三式潜航輸送艇」は拿捕艦も含めて35隻が残存)、大破着底状態で迎えたのは8名である。

 以下、『艦これ』登場艦艇の昭和20年の状況、そして戦後処理について記す。

 浮揚状態で終戦を迎えた艦艇

■im3374966(静画)

戦艦「長門」
 在地:横須賀
 状態:中破

原爆実験標的艦】

 レイテ沖海戦の後、昭和19年11月25日横須賀へ帰投。所属していた第一戦隊も解隊され、206月には横須賀鎮守府の警備艦となって副以下の武装のほとんどを陸揚げ、煙突や後部艦も撤去される。

 7月18日横須賀襲で艦に直撃弾を受け、艦長など艦首の多くが戦死。修理を受けられないまま終戦を迎えた。仮に本土決戦が行われた場合は、横須賀へ座礁させ、台として使用する計画だったと伝わる。

 戦後処理】 昭和20年8月30日米軍接収。昭和213月18日軽巡洋艦酒匂」と共に米軍によりビキニ環礁へ出発。7月1日より行われた2度の原爆実験クロスロード作戦)ののち、7月29日深夜に沈没。

 ※2006年俳優石坂浩二が、「長門」接収に当たった米海軍大佐の親族より「開運!なんでも鑑定団」へ出品された本艦の軍艦旗を1000万円で購入。のち、呉市の「大和ミュージアム」へ寄贈。


■im4870176(静画)

空母「葛城」
 在地:
 状態:飛行甲大破

【復員船のち解体処分】

 就役はレイテ沖海戦よりわずか10日前の昭和19年10月15日。同戦において日本海軍空母機動部隊は事実上壊滅し、11月15日の第三艦隊および第三航空戦隊解隊により、残存空母ともども第一航空戦隊へ寄せ集められる。
 軍はなおも、これら残存空母をもって再度のフィリピン突入作戦神武作戦)を企図していたとされるが、戦枯渇により空母が動くことはかった。

 昭和20年に入ると、一航戦の艦載機たる第六〇一航空隊は基地航空隊で使用され、空母の存在意義は消滅。4月20日一航戦解隊により、防台として三ツ子姉妹艦「天城」とともに係留される。
 三度軍港襲で受けた爆撃は致命傷に至らなかったものの、飛行甲がめくれ上がってしまい、空母を喪失した状態で終戦を迎えた。

 戦後処理】 復員船に使用。ラバウル印方面などで5万人の復員に従事(昭和2111月まで)。復員船としては最大級の船舶だった。退役後、昭和2211月30日までに日立造船桜島工場(大阪)において解体。


■im3747791(静画)

空母「鳳翔」
 在地:
 状態:損傷軽微

【復員船のち解体処分】

 昭和17年のミッドウェー海戦に出撃後、内地で練習艦として使われる。

 昭和20年3月7月軍港襲では、飛行甲後部に命中弾があり損傷。4月20日付けで現役編成を外れて第四予備艦に移され、6月までに対兵以外の乗員のほとんどは退艦。東能美において網・木などによる擬装を施されて係留

 理に延長した飛行甲のため外洋へは出られなかったが、開戦時から存在した日本海軍空母としては、一行動可な状態で終戦を迎えた。

 戦後処理】 飛行甲の切断工事を施し、復員船に使用。マーシャルニューギニア方面などで4万人の復員に従事(昭和218月まで)。退役後、昭和225月1日までに日立造船桜島工場(大阪)において解体。


■im3426399(静画)

空母「隼鷹」
 在地:佐世保
 状態:航行不能

【解体処分】

 昭和19年6月マリア戦後航空の欠乏により第二航空戦隊が解隊。その後は第四航空戦隊(※レイテ沖海戦には不参加)を経て第一航空戦隊へ所属が変わるが、単なる残存空母の寄せ集めにすぎず部隊としての実態はかった。

 昭和19年12月、マニラへの輸送任務の帰路、九州西方潜水艦の攻撃により大きなダメージを受け、かろうじて佐世保へ入港。船体の修理はなされたものの機関部の修復ができず、以後航行不能状態で佐世保において終戦を迎えた。
 特攻兵器回天」の母艦改造し、沖縄への特攻で使用する計画があったといわれる。

 戦後処理】 正規空母級の大艦ではあったが、修理困難として復員船へ転用されずそのまま解体となった。旧・佐世保軍工において昭和228月1日までに終了。

 ※米国・フォーダム大学に鐘が所蔵。[外部]マリア戦の際に爆撃で損傷・落下したのを、米軍が回収したものといわれる。


■im4054531(静画)

空母「龍鳳」
 在地:
 状態:飛行甲大破

【解体処分】

 「隼鷹」と同じく、二航戦解隊後は四航戦を経て一航戦へ。しかし航空の欠乏により捷一号作戦レイテ沖海戦)への出動はく、輸送任務に従事する。

 昭和20年1月は特攻兵器桜花」運搬のため、輸送隊「ヒ87船団」と台湾まで行動を共にし、基台湾)で「桜花」を降ろして「タモ35船団」と共に本土へ帰還。
 以後内地にとどまっていたが、3月19日軍港襲で爆弾3発が命中し飛行甲大破。空母としての機は喪われ、江田島秋月において防台として係留された状態で終戦を迎えた。

 戦後処理】 修理困難として復員船へ転用されず、そのまま解体となった。旧・軍工において昭和229月25日までに終了。


■im3447102(静画)

重巡洋艦「妙高」
 在地:シンガポール
 状態:航行不能

【現地にて没処分】

 昭和19年10月レイテ沖海戦において、機動部隊の攻撃により機関損傷・戦線離脱。シンガポールで応急修理を受け、12月駆逐艦「潮」とともに日本本土への帰還を図ったものの、サイゴン潜水艦の攻撃を受けて大破(艦尾切断)。「羽黒」の航で再びシンガポールへ戻る。

 結局その後はシンガポールのセレター軍港で係留され、一部の機などは取り外して陸上基地に転用される。本格的な修理が出来ないまま、現地で終戦を迎えた。

 戦後処理】 昭和20年9月12日南方軍がイギリス軍に降伏調印し、この方面の艦艇も接収。昭和217月8日イギリス軍によりマラッカ峡で没処分。


■im3836844(静画)

重巡洋艦「高雄」
 在地:シンガポール
 状態:航行不能

【現地にて没処分】

 昭和19年10月レイテ沖海戦において、潜水艦の襲撃により大破。かろうじて沈没は免れてブルネイに帰投し、のちシンガポールへ移る。
 しかし「妙高」と同様、南シナにおける潜水艦跳梁跋扈日本本土へ戻っての本格修理が出来ず、昭和20年に入ると機の陸揚げ・艦尾切断工事などを行って浮き台化され、乗員の多くも陸戦隊となって艦を離れる。

 7月イギリス軍の潜工作員時限爆弾を取り付けられ、一発爆発したが大きな損にはならなかった。「妙高」とともに現地で終戦を迎えた。

 戦後処理】 南方軍の降伏に伴いイギリス軍が接収。昭和2110月29日イギリス軍によりマラッカ峡で没処分。

 本艦の処分については記録があり[外部]作業内容や携わった日本側乗組員の様子を知ることができる。


■im3596989(静画)

軽巡洋艦「北上」
 在地:
 状態:大破航行不能

【復員船のち解体処分】

 重装艦としての出撃はついにく、専ら輸送任務に従事。昭和19年8月以降は特攻兵器回天」搭載艦へ改造され、第十一戦隊に所属して「回天」の運用訓練を行っていた。十一水戦解隊後の昭和20年7月15日に編成された、本土決戦用の最後の水上艦隊『上挺進部隊』の一艦である。

 しかし7月24日軍港襲において被弾・大破。沈没は免れたが、自航行が不可能な状態で終戦を迎えた。

 戦後処理】 修理を施されて昭和212月から7月の間、鹿児島方面で復員作業の支援艦となる。同年10月より、三菱重工業長崎造船所において解体(昭和224月1日までに了)。

 ※船体の二重底は解体後の一時期、浮き桟に使用されたと伝わる。


■im3953954(静画)

軽巡洋艦「酒匂」
 在地:舞
 状態:航行可

【復員船のち原爆実験標的艦】

 就役は昭和19年11月末。日本海軍が建造した最後の大水上艦であるが、レイテ沖海戦後の軍にもはや「酒匂」が率いるべき戦闘部隊はく、訓練隊の第十一戦隊旗艦となる。


次へ»
最終更新日: 17/05/14 17:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ