ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


芋煮会


ヨミ: イモニカイ
掲示板をミル!
88カキコ!

芋煮会とは、友人や家族、地域といった親しい間柄の人々で行われる、ほろ甘い会合のことである。


概要


 南東北から関東までの範囲で広く行われており、また、「煮」という呼称を使わなくとも、見たや味が似通った料理が根付いている地域は他にもあるが、当項では割愛する。

 サトイモを使った料理で煮込んだもの)を大勢の人々が囲み、その和を深めようというのが的である。そのため、具材のばかり食うというような非極まりない行為は、あまり推奨されたものではない。

 この芋煮会をメインとしたイベントは、東北地方関東の一部にいて大々的に行われている。その中でも特筆すべきは山形県で行われている「日本一の芋煮会フェスティバル」である。材料にほぼ県産のものを用い、大窯に大重機(論衛生面に配慮するため、実際の現場では未使用のものを用いる。また、稼動に際する油も食用油を使っている)でそれらをぶち込んでいく様は、まさにフェスティバルというにふさわしい。また、山形県といえども越後山脈を挟んだ地域では味が違うため、どちらも食べてみたいという欲りっこさん向けに、見ヶ崎を挟んで醤油ベース山形味噌ベース庄内の二種類が作られている。

 江戸時代コメの不作に備えていたということに起を発するこの芋煮会であるが、メルクール48690年にいてもこの文化は継承されており、かのウラノステンペスト領19代当にあらせられます、ドロッセルジュノー・フィアツェーンテス・ハイレギスタ・フュルステイン・フォン・フリューゲル様が、甘じょっぱい酸っぱい文通の末に、ご友人のユミルミル様をお誘いになってこの会を開こうとなされているお姿が、スパイ諜報員の活躍によって々の知る所となった。

山形県人の人生

  1. 幼少時代:になると家族川原辺で煮をする。
  2. 小学生の時:「芋煮会」の学校行事があり、各村ごとに等などの煮炊きの具と具材を「リヤカー」に積んで持っていく。 グランドに各自かまどを作って煮(を掘るのでトラックで行ってはいけない)。
  3. 中学生の時:の課外授業で辺に行って釣り食はやっぱり「煮」を作る。
    この時、一部で「カレー」を作った連中はその日一日視された(事実)。
  4. 高校生の時:部活やメンバーや友人などと川原煮。
  5. 大学生or若手社会人の時:合コンとして河原煮。県外から来た女の子を口説く→フラれる。
  6. それ以後:自分達の子供や孫を主人公として1.に戻る。

出典:chakuwiki「山形の食文化」[外部]

 


関連動画


平成における芋煮会の様子


■sm3881510[ニコ動]

■sm4603002[ニコ動]

ウラノス国テンペストの塔内の映像

■sm6168009[ニコ動]


関連商品


■azB000J7IHQS
■az4091824315
■azB000J6QBP8
■azB000PITYCM


関連コミュニティ


■co5763
■co2432
■co12372


関連項目



最終更新日: 11/05/04 14:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ