ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


花咲くいろは


ヨミ: ハナサクイロハ
掲示板をミル!
1332カキコ!

いろは

[画像を見る]

花咲くいろは』とは、P.A.WORKS制作オリジナルTVアニメーションである。公式略称は「花いろ」。
2011年4月9月に放送された。全26話。ニコニコ動画では最新話が1週間無料で配信された。


概要


P.A.WORKS10周年記念作品であり、『true tears』に続く青春シリーズの第2作。『true tears』でスマッシュヒットし、『CANAAN』、『レイトン教授と永遠の歌姫』、『Angel Beats!』等、着実に評価を上げてきている制作会社の新作と言うこともあり、開始以前から大きな期待が寄せられた。

地方温泉館・喜荘(きっすいそう)を舞台に、主人公松前緒花たちの成長を描く青春仕事ドラマ

石川県の湯涌温泉モデルとなっており、作品がヒットしたことで震災の影に寄る観光客数の低迷が、ファンの訪問もあってなんとか回避、作品中の架祭りである「ぼんぼり祭り」等の企画も実際に行われ、盛況を博した。
第6回「ぼんぼり祭り」は、2016年10月9日に開催され過去最高の約15000人が来場し金沢市長による2018年の第8回までの「ぼんぼり祭り」開催決定の発表もされている。


劇場版


2011年の「ぼんぼり祭り」で、新作の制作が発表されたが、どのような形での新作かは発表されていなかったので、当初は様々な予想が流れた(アニメ2期、OVA、さらには実写化などの予想もあった)。その後2012年5月に『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』であることが発表され、ファンからは歓喜のがあがった。

2013年3月9日より石川県で先行開され、3月30日より全開された。


登場人物


松前緒花(まつまえ おはな) - CV伊藤かな恵
[画像を見る]本作の主人公である16歳ホビロン高校生。半ば母親に騙される形で、祖スイが女将を勤めている温泉館・喜荘で仲居として働くことになる。が大きくて元気な性格で、良くも悪くも空気が読めない子。幼稚園のころから母親の代わりに毎日の食事を作ってきたので、料理はうまい。ドラマチック人生に憧れている。第11話では「ぼんぼる」という言葉を編み出した。
鶴来民子つるぎ みんこ) - CV小見川千明
[画像を見る]あだ名は「みんち」。緒と同級の高校生。喜荘の住み込み板前見習いで、緒とは同じ部屋で寝起きすることになる。言動はきつめで、緒に「『死ね』の人」と言われることも。緒に「『死ね』はやめよう」と懇願され、第3話では「ホビロン」なる罵を編み出した。コミック版では「サンナクチ」。苦手な食べ物はほうれん草
押水菜子(おしみず なこ) - CV豊崎愛生
[画像を見る]あだ名は「なこち」。緒・民子と同級の高校生で、喜荘のアルバイト仲居。引っ込み思案な性格でコミュニケーションに欠けている。3歳のころからスイミングスクールに通っており、水泳が得意で昔は「かっぱっぱ」というあだ名を付けられていた。苦手な食べ物は里芋
和倉結名(わくら ゆいな) - CV戸松遥
[画像を見る]荘のライバル館・福屋の一人。しかし、館の仕事には興味がない。ドリルヘアーなお嬢様ながら、フレンドリーでとても親しみやすい。気分によってエセ関西弁やエセ博多弁などを使うことがある。よくモテるため男からしばしば告白されるが、ことごとくふっている。別の館の番頭・日渡洋(ひわたり・ようすけ)という許嫁がいる。
輪島(わじま ともえ) - CV能登麻美子
[画像を見る]荘の仲居頭。緒や菜子から慕われている姉御肌。姉さんと呼ばれると照れる。泣き黒子チャームポイント。男日照りで噂大好き。もうすぐ三十路で、親からは結婚して孫の顔を見せてくれと言われている。
種村孝一(たねむら こういち) - CV梶裕貴
が転校する前の学校での同級生。緒からは「孝(こう)ちゃん」と呼ばれている。緒のことが好きで第1話で告白をするも、返事はもらえていない。公式サイトキャラ設定によると「緒東京でのボーイフレンド」となっているが……。作中での不遇っぷりからコメントでは「不幸ちゃん」と言われることも。
(みやぎし とおる) - CV間島淳司
民子の先輩である喜荘の板前。粗暴な口調で一言多いタイプだが、料理への情熱は本物。最近は緒のことが気になる様子。カワサキゼファー400だと思われる。
松前皐月(まつまえ さつき) - CV本田貴子
母親職業フリーライター。いい年して男遊びにふけるダメ人間。しかし、夫と死別してからの15年間、一人で緒を育ててきたのもまた事実である。ちくわの煮物が好物だが、ブロッコリーが苦手。緒小学生時代のときに、出席すると約束した授業参観を欠席。そのいせに生のブロッコリー周りに隙間なく敷き詰められて「大嫌い」とケチャップ文字で書かれたオムライスを出されたという逸話がある。劇場版では役を務め、高校生時代の皐月が描かれる。
四十万スイ(しじま すい) - CV久保田民絵
[画像を見る]の祖で喜荘の女将。とても厳しい性格ではあるが、単に厳しいだけの人間ではなく従業員からは尊敬されている。
四十万縁(しじま えにし) - CV浜田賢二
スイ息子で緒叔父に当たる。喜荘の番頭。従業員からは若旦那と呼ばれている。自由奔放な皐月コンプレックスを抱いている。館経営の才覚はほぼい(とスイからは見なされている)が、彼なりに館経営を考えており、大学後輩であるコンサルタントと手を組んで館を盛り上げようとしている。
富樫二(とがし れんじ) - CV山口太郎
荘の長。刈りで、とても渋く貫のある人物であるが、実はプレッシャーに弱いという一面も。
川尻崇子(かわじり たかこ) - CV恒松あゆみ
縁の雇った経営コンサルタント。縁の後輩でもある。大学大学院で経営学を専攻してきたが、そのアドバイスはどこか的外れ。なぜか会話で必要以上に英単を多用。
次郎丸太郎(じろうまる たろう) - CV諏訪部順一
荘に逗留している売れない小説家。うまく小説が書けなかったため、緒たちを題材に「温泉仲居、泡まみれの新人研修」という官小説を書こうとした。未払いの宿泊賞と引き替えに、喜荘で働くことになる。ヤマカン
24話で意外な過去明らかになり、宮鶴来民子が頭を抱える。
電六(すけがわ でんろく) - CVチョー
[画像を見る]あだ名は「豆じい」。喜荘の営繕担当で業務日誌を書いている。開業時から在籍する最古参の従業員。スイとの関係は長く、彼女とその夫が喜荘を開業する前に働いていた館からの付き合い。最終話引退後の別れの際には、女将であるスイスイちゃんとも呼んでいる。

スタッフ


主題歌


曲名 作詞 作曲 編曲 使用話数 ピコカキコ
オープニングテーマ
ハナノイロ きみコ nano.RIPE #1ED・#2~#13
面影ワープ きみコ 佐々木 #14~#25
エンディングテーマ
Hazy 坂井 黒須克彦 スフィア #2~#5・#7・#9・#10・#12・#13
はなさくいろは 原田郁子 ミト クラムボン #14~#21#23#24
月影ブランコ きみコ nano.RIPE #6・#9挿入歌
夢路 #8・#26
細胞キヲク #11
ハイリープ #22
挿入歌
リップシンク きみコ 佐々木 nano.RIPE #1
の向こう 原田謙太 田崎慎也 Rey #2・#3・#12
長い路の途中 坂本 #12
イメージソング
パトリシア きみコ 佐々木 nano.RIPE PV

劇場版


曲名 作詞 作曲 編曲
影踏み きみコ きみコ、佐々木 nano.RIPE

各話リスト



次へ»
最終更新日: 16/10/10 21:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ