ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


花笠まつり


ヨミ: ハナガサマツリ

花笠まつりとは、東北四大祭りの一つ、山形県を代表するお祭りである。

例年8月5日~7日の3日間にわたって、山形で開催される山形花笠まつりが有名。


概要


威勢のいい掛け太鼓の勇壮な音色。 やかにられた山を先頭に、艶やかな衣装紅花をあしらったを手にした踊り手が、 山形メインストリート舞台に群舞を繰り広げます。

山形花笠まつり公式ホームページ[外部]より引用

花笠まつりは、編みの飾りを付けた「」を手にし、「音頭」に合わせてをねり歩く山形県お祭りである。

飾りは、山形県でもあるベニバナに見立てたもの。また、花笠まつりの振り付けはベニバナ摘みの様子を基にしており、その楚々とした踊りは女性らしさを感じさせる。そのため踊り手は基本的に女性が務めるが、「正調踊り -蔵王山-」が1999年に振り付けに加わって以降は男性踊り手も増えてきている。


東北N大祭り


山形花笠まつりは東北四大祭りの一つであるが、一般に東北三大祭りには含まれない(東北三大祭りは「仙台七夕まつり」「青森ねぶた祭」「秋田竿燈まつり」である)。これは、東北三大祭りがいずれも戦前から祭りとして確立していたことや、観客数が山形花笠まつりよりも多いことなどによる。

また、東北五大祭りとすることもあり、これは東北四大祭りに「盛さんさ踊り」か「山うねめまつり」のどちらかを加えたものとなる。

ちなみに、東北二大祭り東北六大祭りなどとされることもあるが、その内訳は様々である。また、東北三大祭りに入っていない山形花笠まつりが、何故か仙台七夕まつりと一緒に東北二大祭りとされることもあるが、これは仙台市山形が近く(が隣接しており、電車バスで1~2時間程度)、観光ツアーを組みやすいため。山形花笠まつり公式ホームページではあくまで東北四大祭りとしている。


東北六魂祭


山形花笠まつりは、山形県を代表する祭りであり、県庁所在地で催されるお祭りであるため、東北六県の各県庁所在地祭りを一堂に会する東北六魂祭(とうほくろっこんさい)の一つとして数えられる。

2011年東日本大震災の鎮魂と復的として始まった東北六魂祭の、第4回の開催地として山形県山形が選出された。2014年5月24日25日に予定通り開催され、2日間で26万人の人出があった。【東北六魂祭2014 山形】来場者数等のお知らせ[外部]

東北六魂祭実行委員会は、「山形には、福島をはじめ、宮城県岩手県などの被災地から避難してきた人々が今なお数多く生活している。長引く風評被害の影もあり、はまだ震災前の活気を全に取り戻すには至っていない。東北全体の復なしに、の復はなしえない」東北六魂祭公式ホームページ[外部]としている。


関連動画



■sm4262087[ニコ動]

■nm14533800[ニコ動]


関連静画


■im1535334(静画)
■im6006252(静画)


関連商品


■azB002ANTBMS
■azB00363XI16


関連項目



最終更新日: 17/11/01 20:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ