ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


若林正恭


ヨミ: ワカバヤシマサヤス
掲示板をミル!
60カキコ!

若林

若林正恭とは、ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビオードリー」のツッコミを担当するお笑い芸人である。


概要


1978年9月20日生まれ、東京都中央区築地出身。
中央区明石小学校日本大学第二中学校高等学校東洋大学卒業
大学卒業後、日大二中からの友達であった春日俊彰2000年4月に「ナイスミドル」を結成。
2005年4月コンビって事務所社長寿司を驕ってもらった際、話の流れでコンビ名を「オードリー」に名。
テレビでは基本的にスーツ姿が多いが、本人はネクタイを締めるのが苦手らしい。
非常に童顔なため、実年齢より若く見られ、顔をひよこコアラなどと例えられることがある。

築地出身と言しているが、生は築地の隣の明石町(広義に築地に含まれる場合がある)にある。明石町の生は地上げに合い、小学校6年生のときに杉並区久我山へ転居した。現在実家久我山にある。
小学校6年生の1年間は越通学であり、この時期に電車通勤サラリーマンに魅を感じず、芸人を志すようになる。


人物・エピソード


漫才コンビ「オードリー」

ツッコミ担当。立ち位置は舞台に向かって左側。春日の突拍子もないボケや駄ツッコミに対し、テンポ良くツッコミ返したりあしらったりする。以下はネタにおいてのツッコミの通例である。

ネタ作りは若林がしている。自分達の漫才を「ズレ漫才」と称しており、これは若林が命名したものである。

元はボケ担当であったが、『エンタの神様』(日本テレビ系列)の若手オーディションにて彼らのネタを見た構成作家に「春日ツッコミポンコツで全く伸び代がない」と言われ、ボケツッコミを入れ替えた。

長い下積み時代を経て、2008年M-1グランプリ』(テレビ朝日系列)に出場。予選で敗退するも、敗者復活戦から決勝進出。ネタ中に春日が噛んでしまうがそれすら笑いになってしまうほどの勢いで更に最終決戦進出。結果は準優勝であり、優勝こそ逃したものの、これをキッカケに大ブレイクを果たした。
ちなみにこの年、若林は『R-1グランプリ』にも出場しており、準決勝にまで進出している。ネタの内容は、野球スイングを山手線で説明するというものだった。

ネタコンビとしての詳細については「オードリー」の大百科を参照。

ピンの活動

オードリーブレイクした直後は相方春日貌やキャラクターが濃いこと、また若林自身が人見知りであったことから、コンビ格差としてよくある「地味な方」「(オードリーじゃない方芸人」などというイメージを付けられていた。しかしながらGyaOジョッキー』『そらを見なきゃ困るよ!』『告っちゃ!』などに出演していた時から、若林ツッコミトークには共演者やスタッフから一定の評判があった。
そして2009年、『オードリーオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にてその本性が露になる。(後述)

舞台映画の出演からコラムの掲載など幅広く活躍の場を広げ、着実に評価を得ていく。その結果、ニホンモニターが毎年調を行っている『タレント番組出演本数ランキング』において、2013年には遂に春日を上回る504番組に出演、年間ランキングで4位という結果を残している(この年の春日487番組で5位)。現在ではコンビ及びピンとしてのレギュラーも大幅に増え、MCを務める番組を複数持つまでに評価されている。

ちなみに大喜利が得意であり、大喜利の番組やイベントにおいて、

などの好成績を残している。

2009年、『フレッシュプリキュア!』(ABCテレビ朝日系列)第27話『だ!祭りだ!オードリー!』にオードリー本人役として春日と出演。その時は演技経験もなかったことから棒読みであったが、しかしブレイク後からドラマに出演したり、春日に対してのドッキリ企画などにおいてもキレたり困ったりする演技が妙にリアルであり、『1億3千万人のエピソードバラエティー コレってアリですか?』(日本テレビ系列)内の再現ドラマにおいても「モンスターヒラタ」という怪役を見事に演じ切ったりと、その演技に注が集まるようになる。
2011年、『芸人交換日記イエローハーツ物語~』にて舞台演を飾り、2013年には『ひまわり子犬の7日間』で映画初出演。その功績により、第37日本アカデミー賞話題賞を受賞した。
2014年6月より、三菱電機電事業CMシリーズ「ニクイねぇ!」にて、戸田恵子らと共演している。

オードリーのオールナイトニッポン

2009年から始まり現在も続いているオードリーの冠(ラジオ)番組。毎週土曜日25:00~27:00放送中。

当初、コンビとしては日陰者扱いであった若林が、本性を曝け出すキッカケとなった番組である。
基本的に春日ボロクソに貶すことが多々あり(時折にべた褒めしたりもする)、リスナーにすら暴言を吐くことがある。「リスナー馬鹿ばかり」「春日ファンにはブスババアしかいない」などの暴言を意気揚々と吐くことから、リスナーから一時期「悪童」や「」と呼ばれたりするほど現在でも毒舌キャラが定着している。ただし本人はこのラジオヘビリスナーこそオードリーファンであると言い、中でを掛けられた際に「ラジオ聞いてます」と言われると気さくに接するらしい。

上記のようなキャラという名の本性は、ブレイクしてからも地上波ではあまり出さないようにしていた。そんな折、他事務所先輩芸人である有吉弘行が、若林マネージャーと話す際の話し方や身振り手振りを見て「矢沢永吉のように見えた」とり、またある日の『オードリーオールナイトニッポン』を聞いた有吉は、ラジオの時の若林地上波キャラが違うことを知り「テレビでもラジオの時みたいに永ちゃんの感じを出せばいいじゃん」と若林をイジるようになった。そのようなイジりが多くなった所為かお陰か、現在地上波においても本性が度々発露している。

春日に対し、「16歳童貞を喪失した」とをついていた。しかし、2010年8月5日放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』にオードリーゲスト出演した際、とある話題の流れから童貞喪失の時期を詐称していたことが発覚。その理由は「コンビ間のパワーバランスを保つため、また男として春日より優位に立ちたかった」とのことであり、 自身の実際の童貞喪失年齢は19歳の時であることを告白した。
その2日後、2010年8月7日放送の『オードリーオールナイトニッポン』においてこの話題が掘り返されたが、若林は自身の詐称の非を認めず、 「(日大二高時代の)アメフトチームを引っるための」「ネタを書いている方が相方よりも童貞を捨てている」などのよく分からない持論を展開し開き直りを見せた。

父との勘当、絶縁

下積み時代は論定職に就かず芸人を続けていた若林だが、それに業を煮やした若林父親が、芸人を辞めて定職に就くかを出て芸人を続けるかを若林に迫った。その際父親法書士に念書の作成まで依頼するほどであり、話し合いの末に芸人を続けることを選んだ若林を出て行き、その後長きに渡って親子は絶縁状態となった。
そして2008年末、オードリーが大ブレイクを果たした『M-1グランプリ』を若林父親が見ていたところ、この年のオードリーのエントリーナンバーが「4431」だったのだが、その数字に「のためにその番号を選んだのか」と感動したという。その理由は、若林父親は昔から熱狂的な阪神タイガースファンであり、ランディ・バース背番号44」と掛布雅之背番号31」を合わせた「4431」という4桁の数字を、自転車の鍵や行きつけのジムロッカーの鍵の番号として使うほど思い入れのある番号だった。M-1のエントリーナンバーは単純にエントリー順に振られた番号のためこれはたまたまなのだが、しかしながらこの勘違いとオードリーM-1からのブレイクがきっかけとなり、若林父親との長きに渡る絶縁関係を解消。年明けの2009年正月久々実家に帰り、和解した父親と長い会話を交わしたという。

ちなみにこのエピソード若林テレビスタッフに話したところ評判が良かったため様々な番組で話すようになったのだが、それがとなり父親自転車が盗難に遭ってしまい、父親から「二度と話さないでくれ」と言われたという。

日大第二中学・高校時代

元々ラグビーアメフト興味はなかったが、NFL好きの父親の影中学の頃より興味を持つようになった。中学ではラグビー部に所属しポジションスクラムハーフであったが、バックス(後方に位置する選手)にオール東京プレイヤーっており、「蹴るな走るな」と言われひたすらパスを回すくらいの選手だったという。

高校時代は春日と共にアメフト部に所属。ポジションはランニングバック背番号44オフェンスチームキャプテンであり、東京都ベスト4になった時のレギュラーメンバーであった。当時70ヤードを独走してタッチダウンしたことがあり、本人く「ディフェンスが全員ブリッツして入って来たため、ピッチいた所を突いて独走した」とのこと。

且つ勤勉であった春日とは対照的に「ズボンずらして履く(いわゆる腰パン)ようなグループ」に所属していたという。また、前述のように子供の頃から芸人を志しており、授業中の合間もネタを書いていたため成績はあまり良くなかった。ちなみに小柄な体から、日大二高の教員からは子供を意味するジャリと呼ばれていた。

童顔のせいなのか、中学生の時に荻窪駅前でおかまの集団に拉致されそうになったことがある。

高校卒業後は進学するつもりはなく、春日と共にお笑いの養成所に入ろうと考えていた。だが春日が、「大学に行きたい」と言ったため、本人も慌てて東洋大学第二部文学部に進学した。

恋愛・女性関連

中学3年生の時に付き合っていた女の子がいたが、若林とその子の母親同士が既に仲良しだったためにうまくいかなかったという。

2004年芸人として中々売れない自身を支えてくれていた彼女に振られ失恋。振られた直後、あまりのショックから過呼吸に陥ってしまい、苦しい状態の中で携帯電話春日に助けをめた。話を聞いた春日は「それは恐らく過呼吸だな」とすぐに判断し、続けて「ビニール袋に口を当てて呼吸するといい」と対処法を教えた。それを聞いた若林は近くのコンビニに駆け込み、缶コーヒー1本をレジに差し出した。店員に「袋はいりますか?」と聞かれたが「そっちの方が重要なんです!」と言い放ち店を出て、春日に言われた通りのことを実行したところ見事に症状が治まった。春日が過呼吸の対処法を知っていた理由は、医療漫画スーパードクターK』を読んで覚えていたからであった。

23~24歳の頃、当時勤めていたバイト先にが特徴的な女性が居り、その女性はそれをネタ自虐したり携帯アドレスに「hoobone」と入れたりしていた。それを見た若林は「じゃあ(は)ギャグにしていいんだ」と思い、ある日のバイト休憩中、話の流れでその女性に「その、鉋で削ろうか?」とイジったところ泣かれてしまったという。
また、別の女性シフトの確認のために電話をした際、話している途中に徐に電話を切る所謂「ガチャ切り」をしたくなりそのまま実行。そのノリが伝わるような間柄でもなかったため、相手女性はそのショックバイト先で泣いてしまい、次の日若林バイトに行ったところ女性店長ブチギレられたという。当時若林は友人間でもノリガチャ切りをしていたこともあってか、この時ガチャ切りをすることの何がいけないことなのか分からなかったという。
ちなみに現在でもラジオ中に話の流れやノリかに電話をかけた際、最後はガチャ切りで終話する。


次へ»
最終更新日: 18/09/19 17:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ