ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


茶道


ヨミ: サドウ
掲示板をミル!
22カキコ!

茶道(さどう、ちゃどう)とは、を点てて振る舞う行為、およびその芸である。


概要


茶の湯とはと客との抹茶を介した精交流である。そのためは様々な気配り、もてなしをして、ただただが美味しくなるようにと模索し、客はその心使いを隅々まで感じとりながらをいただく。このようにによる客一体をすことが茶道である。
茶道とは美しいお点前をすこと、と勘違いしている人が多いがそれは誤りで点前や振る舞いの美しさはあくまで一要素であり、抹茶の味、菓子・懐石料理の味、具・の選択、建物・庭、季節時間に合わせた工夫、などの要素も重要となる。このように様々な分野によって間・時間を演出することから総合芸術としての見方もある。

一般的に茶道というと抹茶を用いたもののことをすが、煎を用いた煎茶道もある。


歴史


鎌倉時代に栄西師が中国から宗の抹茶法を持ち帰ったことが始まりである。
初めは用として扱われていたが、後に嗜好品となり室町時代頃には宗での儀式民間での賭博、武での芸といった面も持つようになる。この武奢で格式高い抹茶法を習った珠はそこにわびの思想を取り入れ茶道の深い精性の基礎をつくった。そして武野紹を経て千利休によってわび茶の湯完成する。
その後、利休の子孫や子などにより茶の湯は様々に展開し、発展と衰退を繰り返しながら今に至る。
なお良くにする表千、裏千武者小路はどれも利休の子孫による流であり、合わせて三千と呼ぶ。


茶事・茶会


事とはを介してが客をもてなす正式な場であり、茶道の醍醐味である。ごく少数の客を招待し、懐石料理菓子、濃、薄ふるまい、4時間近くかけて行なわれる。
会とは事を簡略化したものであり、大勢の客が参加することができる。会によって異なるが菓子と薄によるもてなしが一般的で一席30分程で終わる。

事・会ではは席の趣向(テーマ)に沿ってもてなし方を決めることが多く、客はそれを敏感に感じ取り趣向の先にあるの気持ちを読み取ることが必要となる。


茶道具


茶道具とは茶の湯のための具である。伝統工芸技術の結晶であり、美術品、董品にも成り得る。
事・会を行なうためにはいろいろな用途の茶道具が必要になり、一つ一つに数々のバリエーションがある。それらの組み合わせにより、席の趣向を表現することができる。


茶人


茶の湯に長けた人のことを人とよぶ。


和敬清寂


和敬清寂(わけいせいじゃく)。茶道において大切な心構えを四文字に要約した言葉。


海外の茶道



中国


中国では「芸」と言われる。一般的に烏龍茶を淹れる方法として「功夫(工夫)」という方法がある。
日本の茶道が精的な交流を的とするのに対して、芸は美味しいお茶を淹れる方法という実用的な的がある。


韓国


韓国では「礼」(タレ) と言われる。もともとは先祖を供養をする儀礼でお茶を飲むことはなかった。
日本に併合されてからお茶を飲む習慣が取り入れられ、それとともに煎茶道をもとにした礼が広まるようになった。
しかし、器を温めるなどお茶をおいしく飲むことに対して見よう見まねで行った感が強く、単なる儀式的なものにとどまっており、日本中国と異なりお茶をおいしくいただく論理性に欠けている。


ニコニコでの茶道



茶道をしているキャラクター



関連動画



■sm21576388[ニコ動]

■sm21577498[ニコ動]
■sm21575715[ニコ動]
■sm21555732[ニコ動]


関連静画


■im1350446(静画)
■im2033892(静画)
■im2056426(静画)
■im2724770(静画)


関連立体



関連項目



最終更新日: 18/11/20 23:08
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ