ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


菅原道真


ヨミ: スガワラノミチザネ
掲示板をミル!
43カキコ!

菅原道真とは、になった男である。

道真」「」「天神様」などの別称が存在する。


概要


生前は高級官僚まで登頂し、死後は文字通り上がるという、もう一人の「になった男」に次ぐ死後の地位を得た、ある意味で「死後充」である偉人。

道真は幼少より詩歌に秀で、また時の皇太子教育係を勤めたの後を継ぐべく、若い頃から非常なる勉強をし、そのお陰で宮中入りを果たすという、絵に描いたような勉強であった。そして宮中に入ってからはまさに昇進に次ぐ昇進を重ね、特に時の天皇宇多天皇と対立していた藤原氏への牽制を引き受けていたことから宇多天皇の信任も厚く、当時の藤原氏トップ藤原に次ぐ地位である右大臣の位を得る。

しかし、後に道真天皇を中心とする中央集権体制の作成を説いたため、藤原のみならず地方分権を望んでいた有貴族道真に反発するようになる。やがてある政争に敗れたため、子孫共々から離れた九州・大宰府に流刑され、官位も右大臣(従二位相当)から大宰権帥(従三位相当)に落とされた。この没落の原因となった「政争」がどういったものであるかは諸説あり、時の讒言を受けたという説から醍醐天皇多上皇の勢争いに巻き込まれたという説まである。

流刑という憂きにあっても、天皇への忠節と自身の謹慎の悲哀を隠すことなく詩歌に託して大宰府に遺した。また、流刑の際に「東吹かば にほひおこせよ なしとて を忘るな(な忘れそとも)」と詠んだ所、の旧宅から西の大宰府までそのの木が飛んできたという「飛」の逸話が同地で伝えられている。
果たして悲嘆に暮れた道真は、流刑からから2年後に薨去してしまう。遺体は太宰府付近の安楽寺に葬られた。


"天神様のお怒りじゃ"


しかし道真の没後、政敵・時頓死を皮きりに、時ゆかりの者が急死したり、宮中にが落ちて藤原氏のみならず醍醐天皇も(間接的に)崩御するなどの事が相次ぎ、これは藤原氏に追い落とされた道真霊の仕業であるという噂が立った。また、時死後その座に就いた藤原道真に好意的であったこともあり、没後いくつもの追贈位を受け、最終的には時を上回る正一位太政大臣の位を賜り、また天皇の下向により火天神を祭っていた京都府北野道真を祭る北野満宮が、没地である上述の安楽寺に安楽満宮が建設された。

これら満宮は設立当初"雷神"道真の祟りを鎮める的で建造され、人々は畏怖の念でもって参拝していたが、時代の遷移に伴って祟りを成していたという側面は忘れ去られ、逆に猛昇進のエピソードから学問のとして尊崇されることとなり、以来各地に道真を祭る「~満宮」や「菅原神社」などが建設されるようになる。
このような形で死後に列せられる例は日本では初めての事であった。日本版関君(関羽)といえる。

もう一人の「になった男」が色々大変なに合っていることを考えると、このような形で尊崇を受けるようになった"天神様"はある意味人生よりも幸せ未来を掴んだと言えよう。


関連動画



■sm9620925[ニコ動]

まさかのMAD

■sm983094[ニコ動]
■sm2406648[ニコ動]


関連商品


■az4642051813


関連項目



最終更新日: 16/08/17 22:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ