ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


菊池雄星


ヨミ: キクチユウセイ
掲示板をミル!
137カキコ!

菊池雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日-)とは、岩手県出身の日本人メジャーリーガー(投手)である。現在シアトル・マリナーズに所属。

概要

シアトル・マリナーズ #18
菊池雄星
基本情報
日本
出身地 岩手県盛岡市
生年 1991年6月17日
身長
体重
184cm
88kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 2009年ドラフト1位
経歴
メジャーリーガーテンプレート

150km/hをえるストレートを放れるサウスポーで、2009年の第81回選抜高等学校野球大会や同年の第91全国高等学校野球選手権大会で注を集めた。では途中から故障を抱えながらの投球と奮闘したが惜しくも全制覇はならなかった。

高いが評価され、本人もまたメジャーリーグでのプレイを視野にいれていたため、日本の球団のみならず、大リーグの球団までもが獲得意欲を示し、しばらくは進路のニュースだけでも大きく騒がれた。

2009年プロ野球ドラフト会議で、6球団による1位名の競合の末、埼玉西武ライオンズが獲得。背番号17

西武時代

2010年は登録名を「雄星」とし、大きな注を集めて迎えたが、左肩痛を発症して二軍での登板すらほとんどなく、ほぼリハビリで棒に振った。同年オフ、登録名を「菊池雄星」に戻した。


2011年は開幕一軍入りするも、登板の機会がないまま二軍落ち。その後6月12日に一軍に昇格し、その日の阪神タイガース戦でいきなり初登板先発を果たすも3回4失点KOを喫し、たった1日で二軍へ逆戻りする苦渋を味わった。しかし6月30日に再度一軍昇格、同日のオリックス・バファローズ戦に先発すると5回を2失点に抑えてプロ勝利。さらに8月18日東北楽天ゴールデンイーグルス戦ではプロ勝利も飾った。


2012年は開幕を二軍で迎え、7月1日北海道日本ハムファイターズ戦、「神様、仏様、稲尾様」のメモリアルゲーム登板。勝ち負けは付かなかったが、プロ入り後最速のMAX150km/hと、トリプルプレーを記録した。この年は14試合登板、4勝3敗、防御率3.10だった。


2013年は開幕ローテーション入りし、6月12日中日ドラゴンズ戦では惜しくもノーヒットノーランを逃したが好投。前半戦終了時点で9勝を挙げ、オールスターにも初選出された。しかしその後は左肩の炎症が見つかり、8月に一軍登録を抹消され、クライマックスシリーズにも復帰できないままシーズンを終えた。オフ背番号石井一久がつけていた16に変更した。


2014年は1年間先発ローテーションを守ったが、5勝11敗と負け越し。リーグワーストの78四球を喫するなど課題を残した。


2015年は左肘の炎症で開幕を二軍で迎える。9月13日千葉ロッテマリーンズ戦で自己最速、左腕最速を更新する157km/hをマークした。


2016年4月終了時点で1勝4敗と最悪なスタートを切ったが、5月18日ロッテ戦以降から9月28日日本ハム戦まで連勝。故障による一時離脱もあったが、8月27日日本ハム戦で念願の二桁勝利を達成した。この年は22試合に登板し、12勝7敗、防御率2.58で、西武では一の規定投球回到達者だった。


2017年岸孝之が抜けてエースとなり、2年連続で二桁勝利を達成したが、一方で6月の中旬から投球のモーションが変わり始め、審判からフォームについて注意されていた。8月17日楽天戦で2球続けて反則投球の判定を受けて以降はクイックモーションに切り替えて12勝を挙げた。しかし24日のソフトバンク戦では1球から反則投球と判定され、ワーストタイの7失点を喫した。8月31日楽天戦で右足の上げを修正し、13勝を挙げ2位浮上に貢献した。最終的に16勝を挙げて東浜巨と共に最多勝防御率1.97最優秀防御率タイトルを獲得した。
楽天とのクライマックスシリーズファーストステージでは第1戦で登板し、完封勝利を挙げた。


2018年は開幕から5連勝したが、5月に左肩のりで1ヶ離脱した。9月23日福岡ソフトバンクホークス戦では7回3失点で初めて勝利投手になり、10年ぶりのリーグ優勝に王手をかけた。23試合の登板で14勝4敗、防御率3.08で、リーグ優勝に貢献した。
ソフトバンクとのクライマックスシリーズファイナルステージでは第1戦で登板したが、5回6失点で敗戦した。
オフメジャー移籍をすため、ポスティングシステムによる移籍を表明。代理人はスコットボラスが務めた。

マリナーズ時代

2019年1月2日シアトル・マリナーズと4年契約を結び、1月4日に入団会見が行われた。背番号183月21日オークランド・アスレチックス戦(東京ドーム)でメジャーデビュー勝利投手の権利を手にする前にタイムリーを打たれて降。5回途中2失点だった。3月29日に本拠地で初登板した翌日にが他界。日本に帰せず登板を重ね、4月20日ロサンゼルス・エンゼルス戦では5回4失点でメジャー勝利を挙げた。については「トータルで活躍する姿を報告したい」とコメントした。メジャー1年32試合の登板で6勝11敗と負け越したが、1年間先発ローテーションを守った。


2020年は9試合の登板で2勝4敗と負け越したが、監督GMからリーグの球質と好評価された。

プレースタイル

スリークオーターから放たれる直球の最速は日本人左腕最速の158km/h。変化球スライダーカーブチェンジアップを投げる。

2011年は同じ東北出身の星孝典が専属捕手となっていた。

プロ入り後、18戦で13敗と福岡ソフトバンクホークスに勝てなかったが、上記の通り、2018年に初勝利を挙げた。ヒーローインタビューでは「エースと呼ばれても本当の意味で認めてもらえない」という心を抱いていたことをり、を潤ませた。

人物

応援歌

球団 レス No プレイヤー
西武 応援歌のピコカキコ一覧#40 8580

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2011年 西武 10 9 2 0 4 1 0 0 .800 54.1 8 24 26 25 4.14
2012年 14 12 0 0 4 3 1 0 .571 81.1 25 57 34 28 3.10
2013年 17 17 3 3 9 4 0 0 .692 108.0 44 92 28 23 1.92
2014年 23 23 1 0 5 11 0 0 .313 139.2 78 111 61 55 3.54
2015年 23 21 0 0 9 10 0 0 .474 133.0 55 122 48 42 2.84
2016年 22 22 2 0 12 7 0 0 .632 143.0 67 127 51 41 2.58
2017年 26 26 6 4 16 6 0 0 .727 187.2 49 217 49 41 1.97
2018年 23 23 1 0 14 4 0 0 .654 163.2 45 153 59 56 3.08
2019年 SEA 32 32 1 1 6 11 0 0 .353 161.2 60 116 109 98 5.46
2020年 9 9 0 0 2 4 0 0 .333 47.0 20 47 27 27 5.17
NPB:8年 163 153 15 7 73 46 1 0 .613 1010.2 371 903 356 311 2.77
MLB:2年 41 41 1 1 8 15 0 0 .348 208.2 80 163 136 125 5.39

タイトル・表彰・その他

タイトル
NPB 最多勝 1回 2017年
最優秀防御率 1回「 2017年
NPB 最優秀バッテリー 1回 2017年炭谷銀仁朗
ベストナイン 1回 2018年
その他
NPB オールスターゲーム出場 3回 2013年2017年2018年
開幕投手 3回 2016年-2018年

記録


次へ»
最終更新日: 20/10/01 18:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ