ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


菩薩メンタル


ヨミ: ボサツメンタル
掲示板をミル!
362カキコ!

菩薩メンタルとは、どんなに裏切られようと、どんなに酷いに合おうと、よりも深く、よりも高い慈悲深き心で相手と向かい合う、かっとビングハートがキュンキュンなメンタルを持つ者たちのことをす。


概要


2014年1月26日

約束を破られたり、悪い噂を流されたり、親友になれたと思ったらジャネジーを注ぎこまれて悪に染まってを捨てられたり、町も住民も壊滅寸前に陥っても決して諦めず、怖くなるぐらいの笑顔親友の心を救い、自分がジャネジーを注ぎこまれても一で回復してシリーズ初のラスボスソロ撃破を果たした少女ニチアサにいた―少女の名前は相田マナ

物語開始前に両親が行方不明になったり、相棒仲間が幾度も闇堕ちしたり、2クールにわたる友情ごっこの末盛大に裏切られたり、仲間が次々と散っていったりしても決して諦めず、視聴者から不可能と称され自分の遇を棚に上げて「そいつに心はない!」とまで言われたゲス野郎をも最期には根負けさせたシリーズ最年少の少年深夜42時アニメにいた―少年の名は九十九遊馬

この単は、そんな彼らの驚異的なメンタルを称える称号である。


菩薩メンタルと呼ばれるためには


日常生活の中で、他人に対してしも不快な思いをしたり、そのせいで「二度とその人とは関わり合いたくない、自分じゃどうにもならない」と、どうしても拒絶する気持ちが大きくなる。それを相手が故意にやってきた行いなら尚更である。しかし、そういった不快な気持ちをものともせず、そんな悪意を持った相手と然と向き合い、どんなに拒絶され、裏切られようとも自分の信じたを突き進み、ついには相手の心を心させ、信頼を得る、そんな信念と心意気を併せ持つ事で初めて菩薩メンタルの持ちと言えるだろう。

菩薩メンタルに必要なスキルは、

特に下二つは重要な要素で如何に屈強な精を持つ者たちといえど、時には心が折れそうになり、部屋に引きこもったり、思い出の地を意識にするなどメンタルに多少影が及ぶことがある(この人達の場合、大概AパートかBパート中に回復するけど)。そういった彼らを支えてくれるのが 今までそのメンタルの影を受けてきた仲間たちである。菩薩メンタルの持ちは自分一人しかいない状況でも大概すぐさま復活しそうなものだが、傍に仲間がいるとあら不思議、たった1話で、時には心が折れたと思った数後に回復どころか逆に強化されて復活してしまうのである。

そして、同じぐらい相手を信じぬく心も非常に重要だと言える。人は「孤独」「にも理解されない」という遇に置かれると際限んでしまうものである。そんな他人…時には自分自身すら意識に拒絶して心を閉ざした相手に自分の心と気持ちを届かせるためには「どんな事があっても相手を絶対に信じる」という前提条件が必要である。この辺が単なる鋼メンタル形状記憶メンタルと決定的に異なる点である。

そんな菩薩メンタリストの行きつく先は、大概その作品においてラスボスをものともせず宇宙空間までぶっ飛ばす圧倒的なスペックを手に入れたり作中でも最強の存在に成り上がってることが多い傾向がある。


聖人と狂人は紙一重?


劇中での彼らの突き抜けた行動をして、「ほとんどキチガイ」「先生、本当に中学生…もとい人間!?」「クレイジーサイコレズ予備軍」などと若干引いてしまう人も少なからず存在すると思われる。

実際問題、人と呼ばれる領域に達するためにはっ当な感性では絶対に不可能であり、それを為せると言う事は常人ならぬ感性の持ち…すなわち狂人の類とも言える。

人間とはままならぬものだ。
執なくして高みをす事はなく、
執あっては悟りには至れぬ。


とは某金ぴか英霊の言葉である。

そもそも菩薩と言う単は「悟りを啓くために修行し、人々に教えを伝え、共に歩んでいく者」をす言葉であった。両者とも悟りだのなんだの深いことは全く考えていないだろうが、決して諦めず、よりよい高みにチャレンジし、人々に己の言葉と意思を伝え、仲間達と共に歩むその姿はまさに「菩薩」と呼ぶにふさわしいだろう。


純粋で…幼いからこそ


もう1つ、気付いた人も多いと思われるが例に挙げられた二人とも同年代の中学生である。一見、破れかぶれにも見える言動が出来てしまう・許されてしまうのは「子供向けの作品で子供主人公」という点も大きいと思われる。

中高年以上を対とした作品の主人公だと、読者層の共感をめた結果、主人公が「大の為に小を切り捨てる」といった現実的なリアリストになりがちである。わかりやすさと、共感を得るためにテーマ徴のようなキャラクター像になり、全くぶれないのは子供向けの作品ならではと言える。加えて、相手への説得のセリフ子供だからこそあくまでも純子供線とこれまでの体験の両方に基づいた素な言動になって現れることが多く、「諭されているのに不思議と説教臭くない」印視聴者に与える。 

願いと祈りによってJC神様になったり悪魔になったりするぐらいだし、思期の少年少女メンタルティ無限の可能性を秘めているのだ。っていうか後者は直ちに彼らのカウンセリングを受けたほうがいいと思う。


彼らにすら許してもらえなかった場合 


菩薩たる彼と彼女が許さない相手など基本的に存在しない。
まさに「正義の味方は助けられるなら悪をも救う」を地で行く彼らにそんな相手はない――のだが。
極極々稀にだが悪逆非を行い反もせず、しかも説得も聞く持たず上から目線で強大なでもって更なる悪事に手を染めんとし世界に、人々に災いをもたらそうとする様な、そんな大魔王みたいな輩は存在する。
さすがの菩薩メンタルといえどもその時は遂に怒りが有頂天、「絶対に許さねぇ、○ン・サウザンドォオオオオ!!!!」 と宣言されてしまっては最その人物が助かる見込みは0であろう。

でもでも悪事をなあなあにしてくれるわけではなく、「許す」のである。
したがって遊馬マナに本気で絶許認定されてしまった人物の救済は不可能であると言える。
普段優しい人を怒らせるとどうなるか、という良い例である。 


関連動画



■sm22653887[ニコ動]

■sm21842700[ニコ動]
■sm22126033[ニコ動]


関連コミュニティ


■co2013545
■co626791


関連項目



最終更新日: 14/11/23 03:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ