ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


華雄


ヨミ: カユウ
掲示板をミル!
46カキコ!

「華雄」(カユウ ? ~ 191)とは、三国志に記されている武将である。
董卓配下の猛将とされているが、正史では孫堅かませ犬として、演義では関羽の引き立て役としてられる"猛将"である。


正史では


実は本人の伝は立てられていない。正史にその名が現れるのが「孫堅伝」のみ(つまり以外では名の存在だった)。その上、反董卓連合軍のくだりでしか描写されず、それ以前以降の経歴は一切不明である。伝にく、華雄は董卓の部将胡軫の配下として登場する。

董卓連合軍・孫堅との戦い(陽人の戦い)に参加した胡軫と華雄。しかし胡軫呂布は性格が合わず不仲であった。そのため、呂布は「孫堅は寡兵で攻撃すれば倒せる」と胡軫にあえて間違った進言を行い、それをに受けて胡軫は寡兵で出撃、孫堅に撃破されて追撃を受けてしまう。からくも胡軫は追撃から逃れることができたが、華雄が代わりに追撃を受けて戦死する。華雄の死体は孫堅の手で首にされ、孫堅の精強さを物語エピソードの1つにされてしまった。華雄哀れ。

なお、清の時代に書かれた注釈では「葉雄」が正しいとされ、役職も「都督」ではなく「都尉」であったとされているが、三史上で葉姓の人物は他に確認されておらず、信憑性はないとされている。


演義では


イメージ先行で知られる三国志演義では、名前が々しく雄々しく見えたためか、正史べて破格の扱いを受けている。

初登場の時点で身の丈九尺(約2メートル)の体格を誇る董卓軍の猛将という触れ込みで登場、そして正史で上だった胡軫を配下に従えている。反董卓連合軍が来襲した際は驍騎校尉として関(虎関)を守り、配下の胡軫を討ち取られたものの、

ら多くの連合軍武将の首級を挙げ、特に破虜将軍忠を倒した戦功により都督に昇進した。
忠を討ち取られた袁紹は「顔良文醜を参させていればこのようなことにはならなかった」と悔悟している。

このような大戦果を打ち立てた上、関(虎関)は難関として知られる堅固の要であったため、連合軍は関を落とすことができず、攻めあぐねていた。しかし、そんな彼もこの頃曹操の客将として迎えられていた関羽に一撃のもとに倒された。
演義の荒唐稽さを返された好例である。

また華雄と関羽の交戦には逸話があり、関羽が華雄を一撃のもとに討って帰すると、出撃前に盃に注いだ熱燗のがまだ温かったと言われている。横山光輝三国志では、出撃前に曹操が注いだを飲み、華雄を倒して帰したところで酔いが回ったという描写になっている。華雄哀れ。


現代での華雄


あまりにもさっさとられる上、後述の三国志大戦恋姫†無双の華雄が有名なこともあって、関連動画は大体それらで占められている。


■sm10622291[ニコ動]

■sm13473030[ニコ動]


コーエーの三國志シリーズ


下記表の通り、「三國志」における華雄は演義の影により非常に武や統率が高く、猛将ひしめく董卓呂布軍にあっても第一線級となる武将である。ただし、死亡時期の影か、活躍させることがなかなか出来ず、ニコニコ動画でも華雄が大きく出た動画は少ない。
■sm7846242[ニコ動]

また、単純な脳筋だった最初期とべると知も徐々に上昇して行き、三國志12ではついに60越えになった(下の表どおり、第1作での知は僅か29である)。統率も董卓軍屈の数値となったため、十分前線で戦える武将となった。まあ、大概イベントが起きて関羽にバッサリいかれてしまうのだが。


三國無双シリーズ


長らくモブ武将としての登場であったが、無双3では彼を倒すと実機ムービーが流れる、無双7猛将伝の呂布シナリオでは彼の生存シナリオの分岐に関連するといった具合に優遇されていた。
そして無双8でNPCとして専用グラフィックが与えられた。
配信予定のDLCによってプレイアブル化となる。


天地を喰らう


アーケードゲーム版「天地を喰らう」では4面のボスとして登場する。けっこう強い。
しかし、登場シーンでは普通の顔なのに、倒された後のカットインではどうしたことか白髪じいさんに変貌してしまっている。負けたショックで老け込んだのか(実際は容量節約のカットイン流用と思われるが、それにしても何故じいさん? これもある意味華雄哀れ)?


三国志大戦シリーズ


■azB002SE6RUS
■azB005FK34F8

三国志大戦ではVer1から一貫して高コストの武担当武将として登場している。1&2の時代は、「武8・知4・勇猛持ちの騎兵」であったが、三国志大戦3においては群雄勢所属、コスト2.5の、武10知2勇猛持ち、計略「悪の暴」(自身の武が大幅に上がる。ただし効果中は自軍のダメージを受ける。)を持つ。
ちなみに2では何故か台詞の半分くらいが「破壊アルノミ!」になっていた。

絵師も一貫して(神速張遼で知られる)TOHRUが担当しているが、どのVerでも計略名が「悪の暴」であるためか、赤鬼様の仮面をかぶった人外として描写されている。あまりにも異様なその容貌をして「仮面の下は実は美少女が潜んでいる」と妄想した野郎もいたとかいないとか。

同勢にはダメージを受けると効が上がる火事場系計略があり、これと組み合わせる君もいるとかいないとか。またロマンコンボだが、R呂布と組み合わせても強いようだ。単純に武10の兵としても強く、関連動画にも三国志大戦のものが多い。

■mylist/15802355
■mylist/30647299

新・三国志大戦でも最初期から参戦。
仮面ではなくなってしまったが相変わらず人外を極めてしまっている。
スペックは変わらず兵だが、武10が呂布限定になった為武は9。代わりに知が3になった。

計略は「悪大車輪」に変更。
上昇が下がった代わりに輪化できるようになっている。が削れるのは変わらず。
何故か毎回一定の戦果を挙げているのに上方修正される事に定評がある


恋姫無双シリーズ


※商品画像の右上に華雄が映っている。おわかりいただけただろうか?
■azB001B6N76G
 

恋姫無双シリーズでは女性化して登場し、演義どおりに関を守っている。「猛将にして良将」という下評だったが、実際はプライドが高すぎる武者で、関羽に演義どおりバッサリやられたり(無印)、関を守っているにも拘らず敢えて突出しては返り討ちに遭ったり()、というかませ犬。というか本シリーズ董卓は色々な思惑で担ぎ出されただけの少女(お人形銀髪美少女)に過ぎず、後に一劉備に保護されてしまうので、言ってしまえば華雄られ損。

■sm2108884[ニコ動]
■1262869613[ニコ動]

ではシナリオ次第で生き残るが、それでも落ちぶれた袁術のじゃロリ)と一緒に野盗になってたり張角三姉妹アイドル)の下働きやってたり扱いは散々。シリーズ女性キャラに存在するはずの「名」…本名みたいなものも明かされない。最初の名不明仲間だった公孫サンにはで設定追加されたのに。

ファンディスク将伝」の公式ページには、一言「出るの?」とばかり書かれている。哀れなり。
結果としては・・・出た。CGもあり、個別のイベントが隠しで用意されているという破格ぶり。

・・・うん、は付いてない。
彼女に限らず董卓営の武将はへそ出しルックの者が多い。

■mylist/19417960
■sm10859400[ニコ動]


三極姫


三極においても関にて登場する。

戦闘で負けた上にイベントで自分より弱いはずの主人公に負けて董卓からも逃げ出した。後にルートに関係なく主人公の軍に入る。主人公のことを「お兄ちゃん」と呼ぶようになる。

的にも最後まで前線で使える仲間にしといて損はまったくないとなっている。またスキルも自分の用兵(攻撃)を上げて自軍の強進兵の用兵を上げる効果で自身の兵種も強進兵なのでさらに上がる。ヘソは出ていない


覇-LORD-


■az409181199X

今までの「創作」の中の華雄が、以上のように人外だったり、女性化されたり、可哀想な噛ませ犬であったに過ぎないのに対し、今作における華雄は、義理堅く清廉潔の武人で、作中でもトップクラスナイスガイである。

そしてなにより、主人公である燎と同じ日本人倭人であり、今までの華雄という人物設定をある意味根底から覆す設定である。どうしてこうなった

常元という、ある意味この作品の黒幕っぽい人に騙されて全てを奪われ、恥辱に塗れ行く当てなく彷徨うしかなかった己を拾った董卓に対して複雑な心を抱える一方、孫堅呂布量を高く評価する素敵武人として描かれる。でもすぐ死ぬ。仕方ないね


関連動画


■sm10622291[ニコ動]


関連データ


コーエー三國志シリーズにおける華雄の力一覧。

統率 政治 身体 運勢
三國志 90 29 69 78 20
三國志II 91 31 33
三國志III 90 29 23 40 89 72
三國志IV 86 89 27 29 44
三國志V 90 29 26 41
三國志VI 68 88 24 21 32
三國志VII 84 41 38 52
三國志VIII 93 45 41 60
三國志IX 78 93 54 40
三國志X 81 93 52 39 57
三國志11 81 92 56 40 57
三國志12 88 92 61 40

関連商品


■az4480080406
■az4198924465
■az4198924619
■az4198924732


関連コミュニティ


■co1786
■co405

■co22428
■co176


次へ»
最終更新日: 18/02/11 04:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ