ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


蒙武


ヨミ: モウブ
掲示板をミル!
8カキコ!

「蒙武」(もう・ぶ ? ~ ?)とは、中国戦国時代末期将軍である。

歴史上の記述が少ない為、原泰久の「キングダム(漫画)」では中華最強する剛の猛将として描かれている。


正史では


将軍驁(ゴウ)」で子に「恬」「毅」がおり、も子も将軍になった名出身だが、歴史的記述は少ない。

紀元前225年。王「嬴政」に問われて楚攻略には60万の兵が必要と進言した王翦がジジイ扱いされ、20万で大丈夫だ問題ないと進言した春秋戦国時代センゴクこと李信が、蒙武の息子恬と共に20万の兵を率いて楚攻略の軍を率いた。

二手に分かれた李信恬が、次々と楚の領土を攻略していったが、楚の名将「項燕」が軍の合流タイミングを狙って奇襲を仕掛けた為、李信恬は多くの副将を失って敗走した。

紀元前224年。蒙武は李信恬の敗北により信用を取り戻した王翦の副将となり、勢いに乗じてに攻め込んできた項燕の軍を迎え撃って打ち破り、そのまま楚に攻め込んで楚内を攻略し、楚は滅亡した。

紀元前223年。項燕に人質として送られていた楚の子「君」を新たな楚王に立てると、蒙武は王翦率いる討伐軍の副将として戦いに参加し、楚軍を打ち破って君は戦死し項燕自決して全に楚は滅んだ。


創作では


原泰久のキングダム(漫画)」に登場する。

中華最強の武をもっている事を誇り、の六将軍制度復活をめている。

戦いの基本は、自らが中華最強と誇る武を用いて味方兵と共に相手を押しつぶすというもので、「王騎」と「君」からはその突猛進ぶりを皮られた。

軍との戦いにて、実戦にて先頭に立って軍を率いる突猛進さと万夫不当な武を発揮するが、その裏では戦いながら練兵すると言う姿を見せ、単なる脳筋ではない事を明した。

しかし荘の策にかかって兵を失い、自分を救出する為に前線に出てきた王騎が「牧」の策と「龐煖ホウ煖)」の武神に致命傷を負わされると王騎が脱出する為の突破口を開いて奮戦した蒙武は、の六将と言う将軍として最高の地位にいた王騎から、軍の顔になるべき一人としてその最期の陶を得た。

なお、父親驁(ゴウ)も老人ながら膂に長けており、一族は範一族の様な常人離れした筋肉の持ちではないかと言われている。息子達に受け継がれているかどうかは不明。


関連動画



■sm12370611[ニコ動]


関連商品


■azB0047GMLCS
■azB004322A0E
■az4582767141
■az4582767184


関連コミュニティ


■community
■community

■community
■community


関連項目



最終更新日: 11/02/07 02:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ