ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


蒼星石


ヨミ: ソウセイセキ
掲示板をミル!
130カキコ!

蒼星石(そうせいせき)とは、「ローゼンメイデン」の第4ドールである。

蒼星石 [画像]

概要

ローゼンメイデン」の第4ドール。性別は女性第3ドール翠星石双子である。

特徴は帽子ボーイッシュな外見と一人称ボクの言葉遣い(典的な僕っ娘)、オッドアイ( ω )。サポートする人口精霊の名前はレンピカ。

人間の心をるとされる、「心の」の成長の邪魔になる雑草を切り取る「庭師の鋏」を操るを持っており、翠星石が持つ「庭師の如」と対をなしている。

アニメ版の声優森永理科

以下に記す通り、漫画(及びそれに準拠した新アニメ)と旧アニメシリーズでは、性格や契約者などの設定が異なる。

[画像] [画像]

旧アニメ版1期(無印)&2期(トロイメント)

契約者は時計屋柴崎元治アニメ内で発した元治台詞かじゅきいいい』はローゼンファンの間では名言とされている)。

性格は翠星石と違ってで思慮深い性格で、何かと癖の強い他の姉妹べて常識人タイプである。

その他、真紅の悩み事や隠し事をことごとく見破ったり、姉妹の中では較的知が高いと思われる真紅を出し抜くほどの推理を発揮したりと、かなりの知性でもある。

身内の度重なる不幸により精を患った契約者の柴崎を決して見捨てず(翠星石には柴崎を見捨てるよう言われる)柴崎の精神回復に尽したりと、契約者に対しての忠心や想いは高いとみられる。

そういうな性格であるが故にアリスゲームに否定的な他の姉妹とは違い、(悩みながらも)アリスゲームを自分に課せられたローゼンメイデンとしての運命として受け入れる。

柴崎回復後の蒼星石は、毎日のように柴崎から桜田ジュンまで遊びに通い、事を手伝ったりテレビを鑑賞したりしている。

2期では、(槐達の謀略により)アリスゲームを受け入れて水銀燈と戦うも武運つたなく敗れてしまい、ローザミスティカを奪われ初の脱落者となる。なお最終回にて、復活する事が出来るかのような示唆がされている。


旧アニメ特別編(オーベルテューレ)


アニメ版の過去の話で契約者の詳細は不明。性格がおおむね人当たりの良くなっている1期・2期とは違い、かなり冷めた性格付けになっている。

またアリスゲームに関しても積極的で、真紅とは度々交戦している。初対面の水銀燈に対しては、戦う意思を示していない(当時水銀燈アリスゲームの事すらよく分かっていない)にも関わらずいきなりりつけて倒してしまう。

しかし契約者のパワーを使い過ぎたため契約者を生命の危険の淵に追いやってしまい、それを感じ取った翠星石が蒼星石を説得して契約者との契約を自ら破棄する。


原作コミック、新アニメ版


コミックバーズ期

契約者は元族の結菱一葉。過去に駆け落ちして命を落とした双子二葉)の駆け落ち相手の女性んで、蒼星石に庭師の鋏を使って女性を殺すように仕向ける。

心の高い性格は旧アニメ版にも表れているが、こちらでは契約者の為なら他者や他の姉妹に手をかける事も厭わない冷さも持ち合わせてる。

二葉への想いに縛られてその影から解放されたい結菱に、双子ドール縛りからの独り立ちを望めば望む程その想いに縛られてしまう蒼星石自身を重ね合わせ、結菱の心の解放の為に身を挺して結菱を救うが、その代償としてローザミスティカを放出する。

翠星石に差し出されたローザミスティカはその直後、水銀燈に奪われる。

(※新アニメではここまでが第一話に詰め込まれているため、結菱についての話はほぼ省略されている。)

ヤングジャンプ期

雪華綺晶にボディを奪われていたものの、まかなかった世界桜田ジュンとの契約と、翠星石から渡されたローザミスティカにより復活する。そして蒼星石のローザミスティカを有していた水銀燈から、翠星石を復活させるために(双子わないと事態を攻略できないため)「一時的」にローザミスティカを返してもらった。

その後契約は、まいた世界桜田ジュンへ譲渡される。

自身をアリスゲームの敗者と認めている為、水銀燈が「探し物」を見つけたには、自らの意思で彼女ローザミスティカを託すつもりでいる。


関連動画



■sm216379[ニコ動]

■sm274942[ニコ動]
■sm733933[ニコ動]
■sm2527861[ニコ動]

関連商品

■azB000HSINI6
■azB000HXE1Q4
■azB000XT1BUQ

関連静画

■im766552(静画)
■im1162483(静画)
 ■im2489063(静画)
■im597073(静画)

関連項目

[画像] [画像]


最終更新日: 16/08/15 12:35
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ