ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤原斉信


ヨミ: フジワラノタダノブ

藤原斉信(ふじわらの ただのぶ、967~1035)とは、平安時代貴族である。


概要


藤原の曾孫で、藤原道信藤原道隆藤原道長藤原義孝はいとこにあたる。

藤原の次男として生まれる。和歌や管弦などの教養に優れ、政務にも長けていたため、長の信頼を得た。最終的に大納言にまで昇進し、藤原公任藤原行成俊賢と共に四納言と呼ばれた。清少納言とも交流があり、「子」の中にもたびたび登場する。藤原公任の記事でも説明されているように、任は斉信をライバル視していたようで、彼に官位を追い越されたことが原因で、引きこもってしまったこともある。

ところで、斉信には信というがいた。この信は幼少期こそ任のようにその才を期待されていたが、二十歳過ぎるとただの人どころか、素行が悪い問題児になってしまった。このため、長はダメなより優秀なの官位を引き上げ、これに怒った信は絶食したあげく、握りしめたが手の甲を突き破って死んでしまったという。ただ信がボンクラだったせいか、斉信はの祟りを受けることもなく、事に一生を送ることができた。


関連商品


■az4840145563


関連項目



最終更新日: 12/08/22 22:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ