ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤原道信


ヨミ: フジワラノミチノブ

藤原道信(ふじわらのみちのぶ、972~994)とは、平安時代中期の貴族歌人である。


概要


百人一首52番の作者で、中古三十六歌仙の一人。藤原斉信の異で、藤原伊尹方の祖にあたる。

藤原だが、その(つまり信の叔父)である藤原兼家の養子となる。和歌に優れ、エリート街道をすすむはずだったが、天然痘に感染して、23歳の若さで急死した。その死因に加え、自身が死ぬ2年前に実を失うなど、藤原義孝との共通点がかなり多い。藤原公任藤原実方とは親友であった。

百人一首には「明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほ恨めしき ぼらけかな」の歌が載せられている。歌の説明は百人一首の一覧に説明されている通りだが、詞書によるとが降っていたせいでにもかかわらずく感じられ、より一層名残惜しさが強まったとある。この歌は、女性の元を去った帰り道で詠み、すぐ女性の元へ送った後の歌であるが、歌を送るのがければいほど情が深いとされていた。現在メールと似たようなものである。


関連商品


■az4840151180


関連項目



最終更新日: 13/04/05 22:18
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ