ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤原道隆


ヨミ: フジワラノミチタカ
掲示板をミル!
2カキコ!

藤原道隆(ふじわらの みちたか、953~995)とは、平安時代中期の貴族である。


概要


藤原兼家長男藤原周、藤原定子藤原隆家はいずれも高階貴子)。藤原道雅の祖。中関白の祖。

が長らく不遇だったため、若い頃はあまり政治の表舞台に立たなかったが、兼が中心となった天皇退位事件に深く関わり、一条天皇が即位すると大納言、内大臣と順調に昇進。兼が病没すると、一条天皇関白摂政に就任した。の定子を一条天皇の中宮とし、彼の一族は大いに繁栄した。しかし、の飲み過ぎで糖尿病にかかり、関白就任からわずか5年後に43歳で病没。の死によって、中関白は急速に没落していくこととなる。

る上で欠かせないのはである。寿命を縮めるほどが大好きだった彼は、にまつわるエピソードが多い。当時の歴史書「大」によると、藤原済時(藤原実方の養当子内親王の外祖)・藤原のいとこ)とは飲み仲間で、死の間際にも「あの世で済時やを飲み交わすのを楽しみにしている」と言うほど親しかった。また、の中でベロンロンに酔っ払ってしまい、人前で冠を外す醜態(藤原実方藤原行成の伝承にもある通り、非常に恥ずかしい行為だった)をしたと思ったら、から降りた時には酔いが覚め、先ほどとは別人のように堂々と振る舞ったという話も残されている。快で性格も明るく、藤原一族に批判的な「大」でも、を称える話がの逸話と同じくらい多い。清少納言も「子」でを賞賛している(仕える定子の父親ということもあるが)。

また、は容姿端麗で女性にもモテたらしく、自身も女好きだった。が、同時に彼は、平安時代きってのでもあった。側室の数も多かっただが、彼は正妻高階貴子を生涯にわたって愛し続けた。2人の間には7人もの子宝に恵まれ、には既に他の女性との間に男子がいたにもかかわらず、貴子との間に生まれた三男の周を嫡男とした。貴子実家の高階が、あまり高くない身分だったことを考えると、いかに貴子を大切にしたかがえよう。

漫画うた恋い。」では、いとこの藤原義孝二の親友とされており、義孝と貴子エピソードに登場する。暗いところや怪談が苦手という設定は、天皇が催した肝試しで、怖くなって逃げ帰った逸話に由来すると思われる。


関連動画



■1345773163[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/09/04 00:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ