ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤崎八幡宮秋季例大祭


ヨミ: フジサキハチマングウシュウキレイタイサイ

藤崎八幡宮秋季例大祭(ふじさきはちまんぐうしゅうきれいたいさい)とは、熊本市にある藤崎八幡宮の祭りである。

なお、正式には神社名および祭りの名前は「八幡宮」ではなく「八宮」という表記を用いる(「旗」という字の「其」にかえて「番」)が、正直地元でもこのことをちゃんと認識している人は少ない。


概要


放生会が由来といわれるこの祭りは、毎年9月の第3月曜日(つまり敬老の日)を最終日とする5日間に実施され、特に最終日に行われる行列が有名である。 行列6時に始まり、"先駆"とよばれる騎神職、御輿、随兵行列、獅子舞、子供御輿、そして最後に各「飾り」奉納団体が続く。

随兵行列には近所にある予備校学生が参加している。また各奉納団体はそれぞれそろいの衣装を着て、太鼓やラッパなどの鳴り物を鳴らしつつ、威勢のいい掛けをあげて地を練り歩いてゆく。団体には地域団体や企業などのほか、高校閥の強い熊本だけあって熊本高校や済々黌高校などの同会組織の参加が立つのが特徴。

なお、行列の日は内中心部で交通規制がかかり、バス電がめちゃくちゃ遅れたりそもそも運休したりするのでこの日用事がある人は注意が必要。


祭りが抱える諸問題


熊本市民には秋の風物詩として親しまれているこの祭りだが、一方でいろいろな問題を抱えているのも事実であり、毎年のように神社側、警察に苦情が相次ぐのがデフォルトになっている。


掛け声および呼称


現在では奉納団体の掛けは「ドーカイ、ドーカイ」が普通だが、かつては「ボシタ、ボシタ」という掛けが使われており、ここから市民はこの祭りのことを「ボシタ祭り」と呼んでいた。 この「ボシタ」が一体何なのかについては、秀吉の死を表す朝鮮語説、セックス隠語説などさまざまあるが、「(加藤清正朝鮮を)滅ぼした」から来ているという説が一般的に知られている。このため終戦直後にはGHQが気に食わないとして「ボシタ」の使用を一時禁止したほか、その後も朝鮮総連などから「ボシタ」の使用をやめてほしいという要望がされたこともあった。 このような事情もあって1990年から「ボシタ」は「ドーカイ、ドーカイ」という掛けにとってかわられたのであるが、今でもこの祭りを「ボシタ祭り」と呼ぶ人は少なくない。


動物虐待


奉納されるに対する待遇があまりよくないため、動物愛護団体などからクレームが入ることがある。5時間もを歩かせたり、45度の横歩きをさせたり、馬鹿でかい騒音を取り囲んだりと、彼らにとって癪に障るポイントは正直枚挙に暇がない。

一部にはキンタマを蹴って暴れさせたり、を取り囲んででたたいたりと、どうみても虐待としか思えない行為をする者もおり、2018年にはこの動画ネット拡散され炎上した。かつては事前を飲ませて泥酔させるなどの行為もやっていたとか…。

もっとも別にこの祭りをいたぶるのが的というわけではないため、きちんとルールを守っている奉納団体も少なくないということを摘しておきたい。


騒音


これは行列当日というより、その直前の問題である。奉納団体の多くは事前練習を行って祭りに参加しているが、そのときに本番同様の掛けや鳴り物を使うため、祭り当日でもないのに騒音が発生している。中には深夜練習する楽団もあり、ご近所トラブルのもとになっている。現在では午後8時以降の音出し練習自粛することが各奉納団体に対する申し合わせ事項となっているらしい。

以上のようになんだかんだ問題を抱えている祭りではあるが、熊本秋の風物詩として定着しているのも事実である。市民からされる祭りとなるべく参加側の意識革が望まれるところである。


関連コミュニティ


■co3436


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/03/18 09:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ