ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


藤田元司


ヨミ: フジタモトシ
掲示板をミル!
8カキコ!

藤田元司1931年8月7日2006年2月9日)とは、読売ジャイアンツに所属していた元プロ野球選手であり、監督としては長嶋茂雄王貞治といった稀代のスターに挟まれながらも80年代巨人において監督として様々な選手たちを育て上げた名監督である。


概要


OB
藤田元司
基本情報
出身地 愛媛県新居浜市
生年 1931年8月7日
身長
体重
173cm
64kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1957年
引退 1964年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

高校新居浜東高から西条北高に転向、甲子園にはわずかに手が届かなかった。
大学では慶応義塾大学に進学し、1年からベンチ入りしたが優勝は1年の以外経験することは出来ず、4年には早慶戦で3連投と奮闘したにも関わらず敗れ、「悲運のエース」と言われた。
大学時代は巨人監督から熱心に誘われていたが、当時はプロに行く気はなかった藤田社会人野球に進み、野球部で都市対抗野球優勝に貢献、その後はノンプロ世界選手権の代表などを経験したあとに57年に巨人に入団する。この時監督には「3年間やってダメならやめます、辞める時はきれいに辞めさせてください。」と一の条件を伝えている。

プロ1年先発・抑えでフル回転し、いきなり17勝を挙げる活躍で巨人優勝に貢献し新人王を獲得、日本シリーズでも登板するが西鉄の前に1勝4敗で敗れた。

58年は29勝を挙げ、金田正一31勝・防御率1.30には届かなかったため投手タイトルは獲得できなかったが、この年入団し本塁打王打点王を獲得する大活躍を見せた長嶋茂雄を押しのけてMVPを獲得、しかし西鉄との日本シリーズでは6試合に登板して防御率1.09という素晴らしい成績を残すものの、稲尾和久人的な活躍により1勝2敗に終わり、西鉄の3連覇を許す。(※詳細は神様、仏様、稲尾様を参照。)

59年は27勝を挙げる活躍でチームも開幕から首位を独走し優勝藤田最多勝と2年連続となるMVPくが、日本シリーズでは南海ホークス杉浦忠の4連投4連勝という前年の稲尾に勝るとも劣らない活躍により3試合に先発として登板するも2敗を喫した。(※詳細は杉浦忠の記事を参照。)
そして度重なる登板練習中のアクシデントなどが重なり、60年から成績は急降下を始め、60年は7勝でプロ入りして初めて二桁に届かず、61年も8勝に終わったことでこの年監督に就任した川上哲治監督から移籍するよう要請されるがこれを拒否し、62年は13勝と久々の二桁勝利を挙げるも肩の故障は癒えず、63年からは投手コーチと兼任し、65年限りで現役を引退した。

現役引退後は引き続き巨人投手コーチを務めたが、70年には暴力団との交際を疑われ、73年途中には2軍コーチに降格し、74年はスカウトに転向されるなどかつての巨人エースとは思えぬ扱いが続き、75年には大洋ホエールズコーチに就任するが、これもわずか2年で退団した。

その後は解説者などで活動していたが81年、長嶋茂雄監督の解任により長嶋拭い後任として監督に就任、藤田心臓に病を抱えた状態ながらも80年に引退したばかりの王貞治を助監督に、川上時代から参謀として活躍していた牧野茂をヘッドコーチに置く「トロイカ体制」を作ってチーム揮することとなった。

しかし一部のファン長嶋の解任を川上哲治の陰謀と決めつけ、藤田川上の傀儡として見ていたため、読売新聞の不買運動だけでなく、監督に就任した藤田に猛バッシングを浴びせた。具体的には藤田の自宅にいたずら電話や「ミソレター」・「を殺す」といった内容の脅迫状を送りつけるなど、およそ野球ファンとは思えぬ所業を繰り広げ、さらにはマスコミ藤田に対し冷淡であり、藤田が結果を出しても「長嶋の遺産のおかげ」と藤田を認めようとはしなかった。ファンマスコミ徳光和夫だと思っていただければ想像しやすいだろうか?
挙句には正オーナーマスコミの誘導によって長嶋復帰のラブコールを送るようになってしまったため、さすがに藤田慢は限界に達し、オーナーの部屋に乗り込んで「オーナー現在巨人監督を務めているのは私です!私の事が不満ならユニフォームを脱いだっていいんですよ!」と外にいた記者にも聞こえるような大で怒鳴りこんだという。

上記のようなファンマスコミオーナーも敵という内憂外患というレベルじゃない苦に見舞われながら藤田シーズンを戦うことになる。

開幕戦では前年最多勝の江川卓ではなく西本聖を抜し、西本もその期待に応え132球の勝利打線はこの年入団した原辰徳を当初は二塁で起用していたが、5月にそれまで三塁を守っていた中畑清が怪で離脱したため原を三塁にコンバートし、いた二塁には篠塚利夫を抜、するとそれまで低調気味だった打線が活性化し、篠塚は阪神藤田平ハイレベル首位打者争いを繰り広げる。
この嬉しい誤算により原に三塁の定位置を奪われた中は一塁に回されたが、復帰後は打撃も好調で4番に座った。
投手は開幕投手西本とそのライバルである江川そして定正二の3本柱が活躍し、抑えにも男を固定した。
結局この年は投手江川20勝、防御率2.29という成績で投手タイトルを独占しMVPを、西本が18勝を挙げる活躍で沢村賞を、20セーブで最優秀救援投手を獲得。
打線は原が打率.268,22本塁打67打点の成績で新人王に選ばれ、篠塚は首位打者こそのがしたものの打率.357を記録し、4番に座った中打率.322、16本塁打66打点という成績を残した。

日本シリーズでは江夏豊を擁する日本ハムファイターズと対決するが、江川西本がそれぞれ2勝利西本完封含む)で日本ハムを下し、就任1年巨人日本一に導いた
しかし1年にて日本一という最高の結果を残してもなおマスコミの態度は相変わらず冷たいものであった。
 
82年は投手3本柱は江川が19勝、西本・定が15勝を挙げ、打線も原が33本塁打、中25本塁打を記録し、さらに1番に定着した松本史が61盗塁盗塁王を獲得したが、巨人は最後の最後で中日追い抜かれ2連覇は成らなかった。

83年は開幕から首位を独走、7月に一度だけ広島に首位を渡したが、それ以降は圧倒的な勢いで優勝まで突っ走った。
この年は「50トリオ」と呼ばれた若手3人の選手たちが躍動、一人は背番号54槙原寛己、この年は12勝9敗1セーブの活躍で新人王を獲得した。もう一人は背番号50駒田徳広4月10日練習中に怪で離脱した中に代わりスタメンに抜されると、満塁の場面で迎えた初打席で右田一から満塁ホームランを放つという衝撃的なデビューを飾り、この年は打率.286、12本塁打47打点という成績を残す。最後は背番号55吉村禎章代打での起用が多かったが、6月29日から7月1日にかけては3試合連続本塁打を放つなどの活躍を見せている。この年は打率.326、5本塁打11打点という成績を残した。

一方の選手たちも負けてはいない、江川西本はそれぞれ16勝・15勝を挙げ、抑えのは途中怪で離脱したものの9試合連続セーブなどの記録を残している。
打線も原が32本塁打103打点の活躍で打点王、松本も前年の盗塁数を上回る76盗塁現在セ・リーグ記録)を記録して2年連続盗塁王を獲得している。

しかし日本シリーズではかつて巨人で現役時代を共にした広達朗率いる西武ライオンズに先に王手をかけながらも3勝4敗で敗れ日本一を逃した。
そして藤田監督王貞治に譲り、この年でいったん巨人監督を退任する。

だが藤田の後を受けた王は87年こそ優勝したものの日本一は達成できず、それ以外の年も優勝は逃すという結果に終わり88年限りで退任(実質解任と言われている)したため藤田が再び拭い後任に名される。
健康上の問題から一度は辞退を考えたものの、当時の務台読売新聞名誉会長から「老い先短い年寄りの願いを聞いてくれ」と懇願されたため監督に復帰、さすがにこの時は前任時に結果を残していることもあり、大きな批判は起こらなかった。
 
藤田投手の整備に取り組み、第1期の監督時に活躍した西本聖をトレードで放出して捕手中尾孝義を獲得、さらに第1期時にドラフトで獲得しながらその後は殻を破りきれていなかった斎藤雅樹を自ら導した。
この斎藤中尾の強気のリードなどもあり覚醒、この年いきなり20勝を挙げる活躍で最多勝にいた他、11試合連続勝利という記録も作っている。
この斎藤槙原寛己桑田真澄が加わり先発3本柱を結成してこの3人だけで55投を記録、槙原は7月終盤に離脱してしまうが、他にも前年14勝を挙げたガリクソンや香田勲男、水野雄仁、木田優夫といった若手が台頭してを埋め、打線クロマティが一時は打率4割をえるほどの打撃で打線を引っると、故障離脱した中に代わり6番・三塁の座を手に入れた岡崎郁や、川相昌弘緒方耕一といった若手を抜、これらの起用がピタリとあたり6月半ばからは首位から一度も転落せず圧巻の優勝を決めた。

日本シリーズでは仰木彬監督率いる近鉄バファローズと対決、先に3連敗を喫し王手をかけられるが、近鉄加藤哲郎の発言(大幅にマスコミによって表現が曲されてはいるが)によって選手たちが奮起し、そこから一気に4連勝で逆転で日本一き、実に8年振りの日本一いた

90年は3本柱の一人、桑田真澄登板日漏洩問題などで1かの謹慎処分、原辰徳腹痛で1ヵ離脱、クロマティの打撃不振というアクシデントに見舞われたが、打線は右膝靱帯断裂という大けがから復帰した吉村禎章駒田徳広村田真一といった選手がを埋め、投手は右ひざ半月の手術から復帰した槙原やミスター投と呼ばれた斎藤、そして宮本和知木田優夫が活躍、投は70を数えた
このように故障者などが出てもそれを補うことが出来る選手を次々に抜する藤田眼により、巨人はこの年2位22ゲーム差を付けぶっちぎりの優勝を果たした

しかし日本シリーズでは森祇晶率いる西武ライオンズに3本柱が打ち砕かれ、まさかの4連敗を喫した。

そして91年は広島92年はヤクルト優勝を許し92年限りで退任し長嶋に後を託した。

監督退任後は解説者に復帰し、96年には野球殿堂入りを果たした。しかし2000年頃から体調を崩し始め、治療にあたっていたが2006年2月9日心不全で死去、亡くなる前には「巨人原辰徳なら大丈夫」という言葉を残し、その言葉の通り、原辰徳巨人で3連覇を達成するなど最後までその眼は健在であった。


人物



次へ»
最終更新日: 15/12/09 01:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ