ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


蛭子能収


ヨミ: エビスヨシカズ
掲示板をミル!
76カキコ!

蛭子能収(えびす・よしかず)とは、一応は日本漫画家である。


概要


1947年熊本県天草に生まれる。その後長崎県長崎市で育つ。

高校時代に美術クラブに入部。そこでグラフィックデザイン興味を持ち、卒業後に地元の看店に就職する。
この頃から看店の同僚と漫画同人誌制作するなど創作活動を始め、つげ義春の「ねじ式」に衝撃を受けた蛭子は1970年に「大阪万博を見に行く」とをついて断で上する。

後は別の看店に就職し、一時は映画監督にも憧れてシナリオ学校に通ったものの挫折。漫画の持ち込みを始め、1973年に「月刊漫画ガロ」で漫画家デビュー

しかし、デビュー当初は全く売れず、ダスキンの営業マン転職し糊口をしのいだ。1970年代末から活動の場をエロ劇画誌や自販機雑誌に移してから「ヘタウマ」な絵で一部の注を集め始め、ダスキンを退職し漫画家として独立
一方、その頃に柄本明に劇団のポスターを依頼されたことで知りあい、蛭子もその劇団で役者として活動し始める。それにをつけた「笑っていいとも!」に蛭子が出演するようになってからテレビでの活動が増え、バラエティ番組やテレビドラマの出演が増える。以降はテレビタレントとしての活動もメインとしていく。

ドラマの本番中だろうが葬式だろうがいつも笑っている。「笑っちゃいけないという空気に笑っちゃう」とのこと。

かなり独特の倫理観の持ち裁判員制度について「行くのがめんどくさいから反対」という本音を堂々とっていたり、自著では痛な世相批判を展開したりと結構い。

有吉弘行く「こんなクズ日本になかなかいない」らしい。
でもさんはかわいい。 

2014年11月、軽度認知障を患っていた事が明かされた。息子の一郎が一年前からの物忘れがひどい事を気にしており、検の結果判明した。好きなギャンブルのひとつである手と頭を活用する麻雀を実は止めていた事も発症の原因の一つとされる。


ギャンブル好き


競馬競艇パチンコなど熱狂的なギャンブル好きとしても知られる。
特に競艇ファンの間でも色んな意味で伝説になっているほどの競艇通である。

賭け麻雀をして逮捕された事もある。

また、自らをモチーフにしたパチンコ台も登場している。

最近は「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」でのフリーダムっぷり活躍が認められ、バラエティ番組やCMでの露出が再び増えている。


まさかの生放送コミュニティ


■community

2011年5月ユーザー生放送を行い、生主デビューした。
コミュサムネが死んでるみたいとか言わない
ニコニコ本社長崎の自宅などで生放送される。
放送中に飽きちゃったり眠くなったりとフリーダムだがどうか生温かく見守ってください。


関連動画



■sm16178160[ニコ動]


関連商品


■az4434038885
■az4434038893


関連項目



最終更新日: 15/12/16 10:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ