ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


行方尚史


ヨミ: ナメカタヒサシ
掲示板をミル!
8カキコ!

行方尚史とは、将棋棋士である。(故)大山康晴十五世名人門下。棋士番号は208


概要


行方と書いて「なめかた」と読む。「ゆくえ」ではない。称は「なめちゃん」。

1973年生まれ、青森県弘前市出身。1986年奨励会6級入会1993年に四段昇段(プロ入り)。
2018年現在竜王戦3組、順位戦B級1組に在籍。

小学校6年生のときに小学生名人戦で3位になり、トイレで悔し涙を流していたところ大山康晴十五世名人をかけられ、その縁で入門に至ったというエピソードがある。プロ棋士になるため小学校卒業と同時に単身上し、苦労の多い奨励会時代を送った。

プロ入り後すぐに竜王戦挑戦者決定戦まで進むなど快進撃を見せた一方で、長い低迷期間も経験している。

2006年度に順位戦B級1組2位で昇級を決め、2007年度にA級八段となるが、1期で降級。
2008年度に朝日将棋オープン戦優勝し、全棋士参加棋戦での初優勝を果たした。
2012年度、結婚を機に)再び好成績をあげ始め、2013年度から順位戦A級に復帰。
王位戦タイトル初挑戦を果たしたが、羽生善治王位との七番勝負は1-4で敗退した。

2014年度、第73A級順位戦において、6勝3敗で渡辺明広瀬章人久保利明らと並びプレーオフに進出。広瀬渡辺を破った久保をくだし羽生善治名人への挑戦権を獲得したが、羽生名人との七番勝負は1-4で敗退した。

2017年度、第3期叡王戦において本戦準決勝まで勝ち進むも、金井恒太六段相手に惜敗。タイトル挑戦とはならなかった。

居飛車党でり強く、切れ味鋭い棋。また、遅咲きの棋士でもあり、棋界有数の強棋士となっている。

独特の美学の持ちで、ロックへのファッションセンス定評がある。また、出身は美の多い青森ゆえに、棋界きってのでもあり、対局が終わったら大抵勝っても負けてもみに行くらしい。また、結婚してからは食生活も安定したのかスマートになっており、ダンディな姿が戻ってきている。


成績



タイトル戦登場履歴


タイトル戦登場回数:2回、タイトル獲得数:0回


一般棋戦優勝履歴


優勝回数:2回


将棋大賞受賞履歴



叡王戦成績



関連動画



■sm13188459[ニコ動]

■sm12297809[ニコ動]
■sm22216440[ニコ動]
■sm21745017[ニコ動]


関連商品


■azB00E1LEBTU


関連項目



関連リンク



最終更新日: 19/01/04 15:03
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ