ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


表現寺ゆうシリーズ


ヨミ: ヒョウゲンジユウシリーズ
掲示板をミル!
26カキコ!

表現寺ゆうシリーズ(ひょうげんじ -)とは、表現寺ゆう及びその関連キャラクターを包括した呼称である。


概要


2010年11月提出分の東京都少年の健全な育成に関する条例の一部を正する条例には条文、採択の仕方、石原慎太郎東京都知事や猪瀬直樹副都知事とその他一部規制賛成の過な発言など、規制反対には不可解に思える点が山のようにあった。

 

詳細については非実在青少年非実在犯罪の項を参照していただくとい。

 

そして2010年12月15日、都議会において東京都少年の健全な育成に関する条例の一部を正する条例は可決された。


ここまではご存知の方も多いと思うが、実はその前からニコニコ大百科の「非実在青少年について語るスレではこのような懸念があった。

「キレたオタクデモなんか起こしたら規制賛成やこの条例に関しての関心層に悪印を与えかねない…!」(規制関心層に規制反対への悪印を与えてしまうとこの後の条例撤運動などが難航する可性がある)

そこで

この三つをコンセプトとしたキャラクターを生み出した。 それが表現寺ゆうであり、その後生したキャラクター表現寺ゆうを包括した呼称が表現寺ゆうシリーズである。

この概要を見て感じた方もいたかもしれないが、この企画日本鬼子の誕生過程を参考に作られている。しかし、政治ネタであり政治利用を推進しない日本鬼子とはある意味対極の使命を帯びて誕生している。しかし行き過ぎた政治利用は推進されていない。つまり

規制○○だから私はこれに賛同できない!」など多少は政治的な事を言わせる事も可だが、規制反対デモマスコットキャラクターに据えたりこのキャラクター特定の個人に対する罵詈雑言を言わせることは止めてほしい。表現寺ゆうはあくまでこの問題を多くの人に知ってもらい、上に記述した通り表現の自由とは何かを多的に捉え考えるためのきっかけに過ぎない。

ということである。このキャラクターは決して見た者を規制反対につかせる為の手段ではないことにご留意頂きたい。

 


キャラクター


2010年12月20日時点では以下のキャラクターが存在する。
また、個別のページにあがっている関連静画お絵カキコは個人がイマジネーションを膨らませた結果であり、デザインについては確定したものは存在しない。

自分がいいと思ったデザインで絵を描き、それを自分が好きなサイトにあげればいいんじゃないかな

 

表現寺ゆう(ひょうげんじ -) :「表現の自由を守る」という点から規制反対男女双子である。

表現寺在美(ひょうげんじ あるみ) :表現寺ゆう規制に関しては関心層と思われるが合法ロリの様相をしている為、しょっちゅう年齢確認を受けるなど自身が様々な制約を受けている。

岩丘守(いわおか まもり) :表現寺ゆうクラスクラス委員長男女関係に厳しく、「18禁コンテンツ規制は必要である」との立場から規制賛成である。

府道流(ふどう ながれ) :表現寺ゆう校の現・PTA会員。今回の条約に対しては関心層である。小~中学生息子がいる。

湖西ゆたか(こせい -) :表現寺ゆうの恩師で府道流息子の現・担任。今回の条例に対しては「子供の為であるのかが疑問」との立場から規制反対

諸尾拓也(もろお たくや) :残念なイケメン

平等院ひあ(びょうどういん -) :粘着質。ゆうのピンチに必ず現れる。博識で何でも教えてくれる。巨乳

弐薊(くろに あざみ) :R-18G創作コンテンツを扱うブログ管理人2人が共同で扱うHN。小説文や漫画ネームを担当するのが眼鏡青年イラストを担当するのが白髪白ひげをたくわえたジジイ血縁ではないがふたりとも表現寺ゆうのご近所さん。

 

由利虹香(ゆり にじか) :表現寺ゆうクラスメイト同性愛者である。今回の条例には特に言及がないが都知事の同性愛差別発言に心を痛めている。

 


関連動画



■sm13033337[ニコ動]


関連コミュニティ


■community


関連項目



最終更新日: 21/01/22 12:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ