ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


覚せい剤うたずにホームラン打とう


ヨミ: カクセイザイウタズニホームランウトウ
掲示板をミル!
151カキコ!

覚せい剤うたずにホームラン打とうとは、清原和博黒歴史である。


概要


西武ライオンズに入団したばかりのルーキー清原和博が、警察庁1987年7月の「覚醒剤物防止強化間」の啓発ポスターモデルとして起用され、その際に添えられたコピーである。

このポスターの効果もあって、日本中の覚醒剤常習者が注射器をバットに持ち替え草野球にいそしんだという。


このポスターの話が広まった経緯


上記のポスターコピーについての話が全的に広まった経緯だが、作家コピーライターであった中島らもが対談記事や複数の著書内でこの話について何度も言及しており、それによって徐々に知られるようになったようだ。いわゆる中島らもにとっての「持ちネタ」というか、お気に入りの話だったと思われる。

なお2001年に放映された木村拓哉演のドラマHERO」でも、「上が部下の麻薬乱用を疑い、部下を心させようと苦心する」シーンにてこのポスターについての台詞がある(第6話)。ただし台詞では「野球選手」としており、個人名などは出していない。


皮肉な展開


時は流れ2016年2月2日、なんと清原和博自身が覚せい剤取締法違反(所持)容疑により逮捕されてしまう。これによりこのポスターには「覚せい剤防止のキャラクターとして登場した本人が、覚せい剤所持により逮捕されてしまう」という皮オチがついた。

通算525本ものホームランを打って引退した清原。その後覚せい剤まで打った彼は、本当の意味での黒歴史を作ってしまった。


実際の画像


制作された年が1987年と古かったこと、またポスターが一般市民に販売される性質のものでなかったことも影して、有名なコピーの割にこのポスターの実物画像がインターネット上などに出回ることは長い間なかったようだ。そのためこの話が「本当にあったかどうか」については諸説あった。

しかし上記の逮捕報道を受けて一部ネット上(リンク先個人Twitter)に[外部]写真アップされた。この写真では、「けいさつのまど特集号」(警察庁発行)の表写真に「い粉の恐怖」というタイトルと共に、清原バットを振るシーンと例の「覚せい剤うたずにホームラン打とう」というキャッチコピーが確認できる。この「けいさつのまど」に関しては一部の警察署、および大学図書館等にバックナンバーがあるようだ。

さらに、2016年2月3日放送のテレビ朝日ニュース番組「報道ステーション」内、清原逮捕を報じる映像内でもこの表画像とほぼ同じものが放映された。さらに同日、複数のニュースサイト清原容疑者「覚醒剤追放」ポスターに起用されてた 「真面目で爽やかな好青年」だった30年前 : J-CASTニュース[外部]清原容疑者「覚醒剤打たずにホームラン打とう」 警察ポスターに! - withnews(ウィズニュース)[外部]清原容疑者、警視庁の覚醒剤追放ポスターに登場していた : スポーツ報知[外部]、でも1987年当時の新聞夕刊記事やこのポスターについて記憶するコピーライターらへの取材などをニュースソースとしてこのポスターについて報じられており、実在したポスターだったことがほぼ確定した。


関連商品


■az4798017361
■az4831401005


関連項目



最終更新日: 16/04/17 22:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ